日本の道にぴったり合うワゴン!! 「トヨタ カローラフィールダー」最新型仕様と画像一覧

日本の道にぴったり合うワゴン!! 「トヨタ カローラフィールダー」最新型仕様と画像一覧

 新車を買いに行く前にどんなクルマかちょっと調べたい、と思う人は多いはず。本稿では現行国産人気車について、基本的な情報と画像をお知らせします。関連記事のリンクも付けておきますので、「これ欲しい!」と思った皆さま、ぜひともご購入の参考にしてください。今回は日本の道にぴったり合うワゴン! 「トヨタ カローラフィールダー」!!(データ等は2024年4月3日現在のものです)

画像/トヨタ

■概要・主なポイント(2012年5月発売開始発表時リリースより)

カローラ フィールダー HYBRID EX(スーパーホワイトII)<オプション装着車>(2021年9月6日 公式画像より)
カローラ フィールダー HYBRID EX(スーパーホワイトII)<オプション装着車>(2021年9月6日 公式画像より)

※2024年4月3日現在、カローラシリーズはカローラアクシオ(セダン)、カローラフィールダー(ワゴン)、カローラ(セダン)、カローラスポーツ(ハッチバック)、カローラツーリング(ワゴン)、カローラクロス(SUV)の6車種が展開中。

 2012年5月11日、11代目としてフルモデルチェンジ・発売開始。カローラの原点に戻り、「大人4人が、安心・安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに全てを見直し、日本の市場環境にベストフィットするコンパクト車として開発。

 その後カローラシリーズは2019年にフルモデルチェンジしカローラ(セダン)、カローラスポーツ(ハッチバック)、カローラツーリング(ワゴン)がデビューしたものの、サイズが大きくなったこともあり、一部の需要を見込んでコンパクトな「フィールダー」が現在も継続生産・販売されています。

・新コンセプト“ビッグスペースコンパクト”の採用…全長をカローラアクシオは従来型に比べ50mm(カローラフィールダーは60mm)短縮し、小回りのきくコンパクトなボディとしつつ、リヤ膝前スペースを40mm拡大し、ゆったりと過ごせる快適な室内空間を実現。さらにカローラフィールダーは、荷室長で90mm、リヤシートバックを倒した最大荷室長で410mm拡大。
・使い勝手のよい、スタイリッシュ&ユニバーサルデザイン
・心地よい走りと高い環境性能
・快適装備の充実
・最高レベルの安全性能の追求

■モデル追加・マイナーチェンジなどの主な履歴

・2012年5月11日…フルモデルチェンジ。
・2013年8月6日…ハイブリッド車を追加。
・2015年3月30日…マイナーチェンジ。
・2016年5月10日…特別仕様車を発売。
・2017年10月11日…マイナーチェンジ。インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新設定、Toyota Safety Sense Cを全車標準装備し予防安全装備を充実。
・2021年9月06日…安全装備を強化。
・2022年8月22日…より安心・便利な装備を充実。

■主要諸元

・全長×全幅×全高:4400×1695×1475mm
・ホイールベース:2600mm
・地上最低高:155mm
・トレッド(フロント/リア):1480/1475mm
・最小回転半径:4.9m
・エンジン種類:直4
・総排気量:1496cc
・車両重量:1100kg
・WLTCモード燃費:17.2km/L

■グレード・価格

●ハイブリッド車
・EX(2WD・5名・WLTCモード27.8km/L)…235万9000円

●ガソリン車
・EX(4WD・CVT・5名・WLTCモード15.6km/L)…205万9800円
・EX(2WD・CVT・5名・WLTCモード19.8km/L)…191万5700円
・EX(2WD・MT・5名・WLTCモード17.2km/L)…178万6400円 ※エントリーモデル

※価格はすべて税込。

次ページは : ■現行型トヨタ カローラフィールダー 画像一覧

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!