新型CX-80が待ち遠しい! マツダが今年も良いSUVを揃えて来た 今季注目のSUVも交えて一挙公開

新型CX-80が待ち遠しい! マツダが今年も良いSUVを揃えて来た 今季注目のSUVも交えて一挙公開

 もはや「クルマ」のスタンダードとなったといってもいいSUV。SUVを挙げていくよりも、SUV以外を数えたほうが早いかもしれない。ここで紹介するマツダも多数のSUVをラインナップするメーカーだ。現行のマツダSUVをカタログ形式でドドンとご覧いただこう!!

※本稿は2024年4月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、MAZDA
初出:『ベストカー』2024年5月10日号
※ハイブリッドはHV、マイルドハイブリッドはMHV、ディーゼルターボはDT、電気自動車はBEVと表記しています

■マツダ CX-60(2022年6月登場)

マツダ CX-60(価格帯:322万3000〜646万2500円 2023年販売台数:2万3941台)
マツダ CX-60(価格帯:322万3000〜646万2500円 2023年販売台数:2万3941台)

 マツダの上級SUVで、エンジンを縦置きに搭載するFRと4WDを用意する。3.3LのDTを筆頭に動力性能が高く、後輪駆動の採用で走りも軽快だ。室内は上質で、外観にはスポーティ感覚も漂う。

【主要諸元】
・全長4740×全幅1890×全高1685mm
・1810kg
・最低地上高180mm
・3.3L、直6+ディーゼルターボ(231ps/51.0kgm)
・WLTCモード19.8km/L

■マツダ CX-30(2019年9月登場)

マツダ CX-30(価格帯:255万6400~367万8400円 2023年販売台数:1万8016台)
マツダ CX-30(価格帯:255万6400~367万8400円 2023年販売台数:1万8016台)

 ボディサイドは曲面で構成され、周囲の風景が美しく映り込む。全高は1540mmだから立体駐車場を使いやすく、SUVにしては重心も低く、走行安定性も良好だ。

【主要諸元】
・全長4395×全幅1795×全高1540mm
・1460kg
・最低地上高175mm
・1.8L、直4ディーゼルターボ(130ps/27.5kgm)
・WLTCモード19.5km/L

■マツダ CX-5(2016年12月登場)

マツダ CX-5(価格帯:290万9500~422万5100円 2023年販売台数:2万5714台)
マツダ CX-5(価格帯:290万9500~422万5100円 2023年販売台数:2万5714台)

 全長は4600mm以下だが、後席と荷室は広く車内の広さはCX-60と同等だ。2.2LのDTは動力性能が高く、売れ筋価格帯も350万円前後に抑えたから販売も好調。

【主要諸元】
・全長4575×全幅1845×全高1690mm
・1650kg
・最低地上高210mm
・2.2L、直4ディーゼルターボ(200ps/45.9kgm)
・WLTCモード17.4km/L

■マツダ CX-3(2015年2月登場)

マツダ CX-3(価格帯:227万9200~343万4200円 2023年販売台数:6700台)
マツダ CX-3(価格帯:227万9200~343万4200円 2023年販売台数:6700台)

 全長が4.3m以下のコンパクトSUVで、後席は狭いが内外装は上質。発売は2015年と古いわりに、運転感覚も満足できる。1.5LのNAは価格を割安に抑えた。

【主要諸元】
・全長4275×全幅1765×全高1550mm
・1210kg
・最低地上高160mm
・1.5L、直4(111ps/14.7kgm)
・WLTCモード17.0km/L

■マツダ MX-30(2020年10月登場)

マツダ MX-30(価格帯:264万~501万6000円 2023年販売台数:1047台)
マツダ MX-30(価格帯:264万~501万6000円 2023年販売台数:1047台)

 標準タイプはMHVとBEVを選べる。観音開きのドアとコルクを使った内装も特徴的だ。

■マツダ MX-30 ロータリーEV(2023年9月登場)

マツダ MX-30 ロータリーEV(価格帯:423万5000~491万7000円 2023年販売台数:832台)
マツダ MX-30 ロータリーEV(価格帯:423万5000~491万7000円 2023年販売台数:832台)

 コンパクトなロータリーエンジンが発電を行うPHEVモデル。独特のエンジン音が響く。

次ページは : ■2024年……これから登場するマツダのSUV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号