クルマ界のあらゆる不思議に迫る! 〜トライク編〜

 ここ数年でメディアなどに取り上げられるようになり、徐々に拡がりを見せているトライク人気。ただ、通常バイクに乗っている時は、道路交通法によりヘルメットの装着が義務づけられているのだが、トライクのドライバーはほとんどがノーヘルだ。

 多くの人が疑問に思うだろう。「いや、それはいいのか?」、「ヘルメットがなくて危なくないのか?」と。

 調べたところ、現行法ではトライクはヘルメットを被らなくても、今のところ違反にはならないようなのだ。では、なぜトライクはヘルメットを被らなくていいのか、その理由から見ていこう。


トライクとはどんなクルマなのか?

 ■トライクを運転するのに必要な免許は?

 一般的なトライク(前1輪+後2輪、後輪1輪駆動で前ステアリングハンドルなど)は自動車として扱われるため、公道で運転する場合には「普通自動車」以上の運転免許が必要になる。二輪免許では運転ができない。

 ■ヘルメットの着用義務は?

 免許区分が「自動車」なので、ヘルメットを着用しなくても違反にはならない。  

 ■法定最高速度は?  

 一般道では60㎞/h、高速道路は80㎞/h(3輪自動車扱い)と定められている。以上からわかるとおり、基本的な扱いは「自動車」なのだ。そのため、ヘルメットは必要ないという解釈になるそうだ。

P165_不思議_サシカエph⑥

 ただ、トライクの定義が曖昧だった時期があり、それを是正しようと2009年に道路運送車両法が改正され、①前後輪関係なく3個のタイヤがある。②左右の車輪幅が46㎝未満。③車輪および車体の一部、または全体を傾けて旋回する。以上3点のすべてに当てはまった場合は、扱いが自動車ではなく、自動二輪車と同一になり、ヘルメットの着用や、ヘッドライトの常時点灯などが必要となった。

 この改正には、イタリアのメーカーでジレラ・フォコ500ie、ピアジオ・MP3シリーズなどが引っかかった。とはいえ、ここまでの条件を満たしたトライクであれば、ヘルメットを被らなくても大丈夫なものなのだろうか? まずは販売を行っているトライクショップに聞いてみた。

ヘルメット装着の実情とは?

②

 「免許区分が自動車ですので、ヘルメットの着用する必要はありません。ただし、走行風などを受けますし、虫なども飛んできて目に当たると危険ですので、お店としては購入時にヘルメットの着用をお薦めしています。ただ、被るかの判断は、お客様に任せるしかありません」

 実際に購入したオーナーは、どのくらいの割合でヘルメットを被っているのだろうか?「1割くらいですね」

 いっ、1割!? そんなに低いとは驚いた。

 「はい、装着を薦めてはいますが、開放感を優先したいという方が多く、ゴーグルやフェイスマスクの装着にとどまる方が多いですね」

 このショップでは、飛び石などが飛んでくることを考慮して、オーナーには走行する際に車間距離を空けるように促しているそうだ。ショップでも注意は促しているようだが、実際に走行している時にはどれくらい飛び石などがあるのだろうか?

 長年バイクやトライクの試乗を行っている西村直人氏にその実態を聞いてみた。 

トライクにヘルメットは必要なのか?

「小石や虫は結構飛んできますね。ツーリングや交通量が多い道路などを走っている時は、特に気になります。高速道路でヘルメットもゴーグルもしないで乗っていたら、走行風で目も開けられないし、虫(ハエのサイズ)がぶつかっただけでも失明します」

 それはなかなかキツイ……。ヘルメットの装着が任意になっているが、その点はどう考えるだろうか?

 「道路交通法が安全性という面で、マッチしていないんです。昔のオート3輪の時代の法令のままで、現代の高速化した乗り物事情から考えると古くなってしまっている。それに、あくまで3輪の場合は被らなくていいと解釈できるだけで、被らなくていいとは言われてないですから」  

 西村氏は、近年の白バイ隊員が胸部と脊椎のプロテクターを装着するようになった点にも触れ、白バイ隊員は絶対にこけないと言われているにも関わらず装着している。こけないから着けなくても大丈夫ではなく、もしもの時にあったほうがいいから着けるに変わってきていると語った。

④

 「ヘルメットを被ることは、窮屈な印象を受けると思いますが、実際にはヘルメットを被った状態の方が、走行風が耳に当たるのも防げるので、周囲の音も聞き取りやすいんです。日差しの強い渋滞の時や、雨の時などもあったほうが快適なんですよ」  

 トライクはかなり安定していると聞くが、その運動性能から見た場合、ヘルメットは必要なのだろうか?  

「絶対に必要ですね。トライクは確かに直進状態では驚くほど安定しています。居眠りしてしまうくらいです(笑)。ただ、トライク(前1輪+後2輪)は曲がることが苦手で、曲がる時はきちんとブレーキをかけて減速し、立ち上がる時はアクセルを開けていかないと曲がらないんです。ハンドルを切りすぎると、小さい時に、三輪車でハンドルを切りすぎて前輪が引っかかり、外側前方にこけたのと同じように、前のめりにこけるんです」

   では、最近多くなってきた、スノーモービルのような出で立ちの逆トライク(前2輪+後1輪)はどうなのだろうか?  

「逆トライクは下り坂で旋回する時に不安定になりやすく、外側にこけそうになるんです。だから、カンナムスパイダーには対角にブレーキをかけるスタビリティコントロールシステムが搭載されているんです。メーカーが危険性をわかっているから安全装置が付いているんです」  

 トライクが前述のようなこけ方をした場合、乗員はバイクのように地面を転がるのではなく、ハイサイドのように空中に投げ出され、地面に叩きつけられる格好になるので、頭部を保護するヘルメットや、保護具が必須であると、西村氏は締めくくった。


 現状は装着しなくても法令上問題がなく、開放感を満喫できると謳っているトライクだが、乗員保護という観点から見れば、ヘルメットはあるに越したことはない。ぜひユーザーには、安全ということに目を向けてほしいものだ。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ