なぜ、プリウスは2つのバッテリーを設定しているのか?


なぜ、新型プリウスはリチウムイオンとニッケル水素を両方設定しているの?

 ワレワレハ、ウチュウジンダ。アタラシイプリウスノ、フシギヲカイメイシテクレ。

 ……読みづらい前文は、この辺にしておいて、宇宙人からの特命を受け、さっそく謎の解明にかかることとしよう。

 さて、宇宙人のいう「新しいプリウスの不思議」とは何なのか? そう、それはバッテリーにまつわる不思議だ。

 3代目のプリウスシリーズは、プリウスα7人乗りを除き動力用電池として、ニッケル水素バッテリーを採用していた。ところが、新型のプリウスでは、従来までのニッケル水素に加え、新たにリチウムイオンバッテリーも採用グレードも設定してきたのだ(右下表参照)。

 そこで今回のテーマは「なぜ、プリウスは2つのバッテリーを設定しているのか?」である。現在HVやEVのバッテリーとして、主流がリチウムイオンバッテリーであることはご存じのとおり。

 トヨタ以外のメーカーで、ニッケル水素バッテリーを採用している現行車は、ホンダフリードHVのみ。i─DCDのフィットHVなどはもとより、IMAのCR─Zもマイナーチェンジでリチウムイオンバッテリー搭載に変更されている。

 さらには、スズキのエネチャージもリチウムイオンバッテリーを採用。下で各バッテリーの特長を紹介しているが、これはスズキの回答によるもの。昨今の流れを見るに、多くのメーカーが、ニッケル水素バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーのメリットを評価していることは明らかだ。

リチウムイオン新設定の理由は?

 では、なぜトヨタはこれまで、ニッケル水素にこだわり、そして、今回の新型プリウスで、初めて本格的にリチウムイオンバッテリー搭載に踏み切ったのか? さっそくトヨタ広報部にいくつかの質問を投げかけたところ、次のような回答が返ってきた。

 Q、なぜ3代目(現行)プリウスまで、ニッケル水素バッテリーを採用していたのか?

 A、プリウスに必要な電池容量がニッケル水素電池で充分対応できたことと、価格優位性が高いためです。

 Q、 まず、1つ大きな問題としては、コスト。それが理由なら納得がいく。でも、じゃあなぜ新型ではリチウムイオンとニッケル水素が並立しているのだろうか?

 A、リチウムイオンは、今後さらに進化が期待できる電池であり、いっぽうニッケル水素は、従来培ってきた実績の上にまだまだ進化の余地があると考えております。

 なぬ!! ニッケル水素も進化の余地ありだと!?

 「新型プリウスではニッケル、リチウムともに性能、小型化を大幅に向上させ、同等の性能を実現しております」

 というのがトヨタの見解なのだ。う〜む。わからないでもないが、だったらどちらかにすればいいんじゃない? という疑問は晴れない。

 と、そこに何やら市販車ではなく、レースマシンに、この疑問を解くヒントがあるという情報を入手。そこで本誌でもおなじみのモータースポーツライター、段純恵氏に分析してもらった内容が、次のコラムだ。

次ページは : ル・マンカーにみるトヨタとリチウムの話

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ