2代目マツダ プレマシーにあった[カラクリシート]ってアイデア優勝じゃない? 2000年代のちょい大きめミニバンが個性満載すぎ

2代目マツダ プレマシーにあった[カラクリシート]ってアイデア優勝じゃない? 2000年代のちょい大きめミニバンが個性満載すぎ

 最近5ナンバータイプのミドルクラスミニバンがどんどん減ってきている。ノアやヴォクシーにステップワゴンと指先で数える程しか残ってないし、個性と言える要素も少なく大分似たり寄ったりなクルマが多い。しかし、今から20年前は各社個性派ぞろいのミドルクラスミニバンが群雄割拠していたのだ。

文・写真:ベストカーWeb編集部

■カラクリ仕掛けの個性派シートだったプレマシー

マツダ プレマシーは2代目から、6人乗りにも7人乗りにも出来る「6+one」をコンセプトとした2列目シート「カラクリシート」が搭載されたのだ
マツダ プレマシーは2代目から、6人乗りにも7人乗りにも出来る「6+one」をコンセプトとした2列目シート「カラクリシート」が搭載されたのだ

 最近はCX-60などが出るなどSUV市場に特化しているマツダだが、ほんの15年前まではミニバンのラインナップもそこそこ揃えていた。それぞれ個性あるミニバンであったが、その中でもちょい大きめミニバンのプレマシーは超絶個性派シートを導入していたのだ。

 マツダ プレマシーは初代のみヒンジドアを採用していたが、2005年2月登場の2代目からは両側スライドドアを採用した。それと同時に、6人乗りにも7人乗りにも出来る「6+one」をコンセプトとした2列目シート「カラクリシート」が搭載されていたのだ。

 カラクリシートの機能は多種多様で、助手席側の座面を持ち上げると中にはセンターシートとシートベルトが収納されており、引き出すことで3つめの座席が出現する。後は、助手席横の大型センターアームレストを背もたれにセットすれば7人乗りキャビンの完成だ。

 さらに、シートが収納されていた部分は約6,3Lの物入れスペースとして活用出来るので、靴やちょっとした荷物の収納もラクラクだ。

 また反対側の運転席側シートにも同様の仕掛けがあり、先程と同じく座面を持ち上げると今度は中にセンターコンソールとシートベルトを差し込むバックルが収納されており、引き出すことでちょっとした荷物置きやドリンクを収納可能となる。

 そして、先程の大型センターアームレストを下げることで快適な6人乗りシートへと変貌するのだ。

■パノラミックルーフを標準装備した初代ラフェスタ

昼は晴天の空、夜は満点の星空を眺めることが出来るのは、他のミニバンにない圧倒的な個性であろう
昼は晴天の空、夜は満点の星空を眺めることが出来るのは、他のミニバンにない圧倒的な個性であろう

 最近だとエルグランドの次期型が出るとウワサの日産は、今やミニバンがセレナとエルグランドの二種類となってしまったが、今からちょうど20年前に開放感バツグンのパノラミックルーフを標準装備した初代ラフェスタが誕生したのだ。

 2004年12月登場の初代ラフェスタは、小さめのボディにゆとりある室内の「使い勝手のいいミニバン」にしたい開発陣のこだわりがあり、開放感がある室内を実現するために数少ない「パノラミックルーフ」を採用したのだ。

 これは、他のミニバンが一列目と二列目で分かれている「ツインサンルーフ」を多く採用する中で異例のことだった。

 パノラミックルーフは、ルーフが開けられない代わりに一列目と二列目を隔てないので、シェードを開ければ、昼は晴天の空、夜は満点の星空を眺めることが出来るのは、他のミニバンにない圧倒的な個性であろう。

 この他にもラフェスタのこだわりとして、運転席の着座位置を高くするとともにボンネットフードを低くスラントさせていているため、前方視界がよく、クルマの前にいる子供の発見など、安全面でもライバルを一歩リードしていたのだ。

 また、ライバルであったアイシスやウィッシュよりも車両価格が抑えられており、エアコンもオーディオも付いて178万5千円からのスタートであったのに加えて、標準装備であるパノラミックルーフをレス仕様することで、さらに約7万3千円程安くなったというから驚きだ。

次ページは : ■トヨタとホンダが荒れに荒れたウィッシュとストリーム

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!