【高級車の音は威圧的!?】なぜ車によってホーンの音は違うのか


 どんな車にも必ず付いている「ホーン」。クラクションを鳴らすという表現があるように、街なかでさまざまなホーンの音色を耳にすることも多いだろう。

 その音色に耳を澄ませると、実はホーンの音が車種によってかなり違うことに気付かされる。

 大まかな傾向としては、軽自動車やコンパクトカーなど低価格車のホーンは、擬音で表現すると「ピー」という単音、輸入車を含めた高級車は「ビー」と存在感(ともすれば威圧感)のある和音に聞こえる印象が強い。

 なぜ車によってホーンの音色は違うのか? その秘密に迫る!

文:永田恵一
写真:Adobe stock、ミツバサンコーワ、編集部


ホーンの仕組みに秘密あり! 車によって“音色”が違う訳

写真はカー用品メーカー、ミツバサンコーワのホーン。左が渦巻き型で右が平型。この構造の違いが音の違いにもつながる

 なぜ音色が異なるのか? これは大きく「平型」と「渦巻き型」の2つに分かれるホーンの構造によるところが大きい。

 ホーンが鳴る原理はごく簡単にいうと、内部にあるボールとシャフトが触れあった音を共鳴させて増幅(大きく)するというもの。

 音の共鳴は、平型は薄い空洞となる共鳴板(レゾネーター)、渦巻き型は厚い空間となる共鳴管(カーリング)で行っており、共鳴の違いがホーンの音の違いの大きな要因になっている。

 そこにホーンの数が1つ(シングル)、2つ(ダブル)なのかという要素も大きく絡み、総合的な音の違いとなって現れる。

 また、平型と渦巻き型の長所と短所を挙げてみると……

■平型ホーンの長所と短所

【長所】
・コストが安い
・取り付けが省スペースで済む

【短所】
・音が機械的になりがち

■渦巻き型ホーンの長所と短所

【長所】
・響きがあるなど音に高級感や重厚感があり、音をチューニングできる幅も広い

【短所】
・コストが高い
・取り付けに必要なスペースが大きい

 このように長所と短所は対照的で、平型は小型車や低価格車、渦巻き型は高級車や高額車に向いていることがわかる。

 このあたりを総合すると「輸入車を含め高級車や高額車ほど、ホーンの音が良い」と感じられる傾向にも納得できるだろう。

ホーンの「音量」や「音質」に決まりはある?

 ホーンの音量・音質は、法規で定められており、大まかなには以下のように定められている。

【音量】
・車の前方7mで、87dB(デシベル)以上112dB以下

【音質】
・音量、音色は一定で連続するもの

 そのため、今時はさすがに見かけなくなったが、暴走族が付けていることのあったゴッドファーザーのメロディ、サイレンや鐘、音を切り替えられるホーンは公道では違法となる。

「愛車のホーンの音が気に入らない」などと交換する際には、現在販売されているものはパッケージに“保安基準適合”などと記載されていることが多く、違法なものはあまり売られていない。

 公道で使うのが違法であれば“公道使用不可”などと記載されているので、あまり心配することはないだろう。

次ページは : ドイツ車は高級な音?? 車によって異なるホーンの個性とこだわり

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ