【日本人の8割以上が守らない!?】信号のない横断歩道で止まらないと違反に!

 2019年10月にJAFが発表した、今年8月15日~8月29日にかけて行った「信号機のない横断歩道において、横断しようとしている歩行者がいる際のクルマの一時停止率の調査」によると、都道府県によるバラつきも大きいが、一時停止する率は全国平均でわずか17.1%と低かった。

 2018年にも同様の調査が行われた際の全国平均が8.6%だったので、改善はしているが、その数値はいまだに低い。

 つまり「日本人は信号機のない横断歩道に歩行者がいてもほとんど止まらない」という結果なのだが、当記事ではこの調査結果をきっかけに信号機のない横断歩道がある際の交通法規や取締り、現実を踏まえた運転の仕方などを考えていく。

文/永田恵一
写真/Adobe Stock、編集部

【グラフで見る】一時停止、日本で一番止まらない県とめちゃくちゃ止まる県


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ