編集部員が乗った 2017年の"ヨカッタ"クルマたち

編集部員が乗った 2017年の"ヨカッタ"クルマたち

 2018年が始まって早10日が過ぎました。今年もあと350日くらいしかないんですね……。そんなことは置いといて、昨年ベストカーWeb編集部の3名が乗った「ヨカッタ」クルマたちをレビューしたいと思います。仕事柄いろいろな新型車に乗るのですが、そのなかでも印象に残った試乗車たちをふり返ります。2018年もきっと楽しいクルマたちが登場するはず!! そんな期待をこめていってみましょー!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学、池之平昌信


■編集長Tが気に入ったのは元気なスイスポ!!

 スイフトスポーツ、正直いって試乗する前はあまり期待していませんでした。先代モデルのデキがよかったことに加えて、ターボ化、3ナンバー化、70kgの軽量化と、前情報だけで「すっかり欧州向けのクルマになっちゃって、日本の道を走るのには今イチなんじゃないの」と思っていたわけです。先代でいいじゃん、と。

 特に個人的にはこのクラスのスポーツモデルの軽量化には懐疑的で(省燃費目的だと思っていたんです)、乗り心地や剛性感の劣化につながるんじゃないかと、疑心暗鬼で乗りました。ところがどっこい、走ってみたらすっげえ楽しいんです。びっくりした。

 がっちりと剛性感を増したボディと低速からしっかり回る力強いエンジン、しっかりとキレのあるシフトフィールと「ふんばり感」のある足回り。先代から見事に正統進化していて、しかも乗り心地も向上(シートは先代のほうがよかったかな……)。それに、このクルマを語る上で欠かせない価格について。

 6MTなら183万6000円、セーフティパッケージを付けても(お薦めです)192万2400円です。軽自動車であるホンダS660やダイハツコペンが200万円以上するご時世に、このクルマが200万円以下で買えるってすばらしい。スズキ、GJです。

安い、軽い、楽しいの三拍子が揃っているスイスポ。スズキに感謝だ
安い、軽い、楽しいの三拍子が揃っているスイスポ。スズキに感謝だ

■タカセが驚いたエコでも楽しいノートe-POWER

 2016年末に登場し、2017年に乗って一番印象的だったのがコレ。これまでハイブリッドやEVが『エコ』だとか『スムーズで静か』といったベクトルが強かったのに対して、ノート e-POWER NISMOは、シンプルに乗って楽しい新しさがある、そう思える1台でした。

 正直、最初は「NISMOって言うのに、普通のノート e-POWERよりパワーやトルクが上がっているわけでもないし……」と思っていたものの、乗ってみると望外にスポーティ。何より出だしの加速感が、引き締められた足回りと相まって、わかりやすくスポーティさに繋がっているし、“ひと踏み目”の新鮮な楽しさは、ほかの車では味わえない新感覚。

 エンジンを脇役に添え、航続距離の不安をなくし、求めやすい価格を実現した。そんな能書きを並べる前に、“新しさを走りの楽しさに繋げた”という部分がすばらしい。欲を言えば、スポーツモデルとして、モーターの出力を標準モデルより高めるといったさらなる刺激が加わると、スポーツモデルとしての可能性が拡がるかもしれませんね。

回生ブレーキで減速する感覚はまさに新次元。楽しいスポーツ走行ができる
回生ブレーキで減速する感覚はまさに新次元。楽しいスポーツ走行ができる

■シオカワは賛否両論のシビックハッチ

 私が選んだのは新型シビックのハッチバック。いやー、このクルマふり返ると「否」が多めの賛否両論でした。「でかすぎる」、「シビックはNAであるべき」、「リアバンパーのダクトデザインがダサイ(同意)」などの文字がネットや自動車誌で踊っていたのです。

 実際プロトタイプに乗って思ったのは「日本のシビック」という概念を捨てるべきだなってこと。たしかにEKやEGに比べればバカみたいにデカイんだけど、それならフィットもあるじゃんと思う自分もいて。運転すれば1.5Lターボは軽快だし、ボディもガッシリしていて足がよく動く。サーキットでハイペースで走ると腰砕けするんだけどそんなシチュエーションは公道にはないし、気になるなら少しサイド剛性の高いタイヤにすればいい。

 批判的な論調が多いクルマだったけど個人的にはとっても好きな1台。タイプRではない普通のスポーツハッチバックで3ペダルを用意してきたホンダには拍手だし、車格からしたら280万440円という価格も納得しちゃいます。ただせっかくのいいクルマなんだから、もう少しちゃんと売ってほしいな。「最初は日本で売るつもりはありませんでした」なんてホンダの人に言われちゃうと、日本のファンは冷めちゃうもの。

乗り味は楽しい、そう思える1台です。若者に勧めたい!!
乗り味は楽しい、そう思える1台です。若者に勧めたい!!

あれこれ書きつつ、2018年ももっと楽しいクルマが出てこないかな……、なんて思いつつ日々業務に励む編集部員なのでした。

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン&カローラ 大特集 ベストカー5月10日号

 ベストカー5月10日号が、4月10日に発売。今号の巻頭は、トヨタの2大巨頭、クラウンとカローラのニューモデルを総力特集! 新型クラウンに関しては判明した全スペックを掲載するとともに、スバル フ...

カタログ