ノアGR対セレナNISMO対ステップワゴンモデューロX 走りのミニバン頂上決戦

 日本のトップメーカー3社が、それぞれの売れ筋ミニバンに「走行性能を高めたカスタマイズグレード」を用意している。ノアGR、セレナNISMO、ステップワゴンモデューロXがそれだ。

 価格も300万円台序盤〜中盤で、サイズもほぼ同じ。火花を散らして販売合戦を繰り広げているこの3モデル、乗り比べるとどこがどう違うのか。自動車ジャーナリストの国沢光宏氏に伺ってみました。

文:国沢光宏


■足回りはホンダ、全体の雰囲気は日産

 この3モデルの評価は、生い立ちから考えれば乗らずとも答えがわかる。まずノア兄弟のGR。このクルマ、社長直系となるGR部門とあり、手を加える範囲についてほとんど制約なし。

 そもそもGRはトヨタじゃできないコトを実現しようとしているため、極端な表現するならトヨタを否定したってOK。ノア兄弟のGRも標準との変更はドレスアップやサスペンションに留っていない。

トヨタノアGR/ボディ補強、専用サスペンションで走りを強化し、ノーマルとは明確に異なるスポーティ感あふれるクルマに仕立てた。ガソリンエンジン車のみに設定され、価格は326万7280円となる
トヨタノアGR/ボディ補強、専用サスペンションで走りを強化し、ノーマルとは明確に異なるスポーティ感あふれるクルマに仕立てた。ガソリンエンジン車のみに設定され、価格は326万7280円となる

 セレナNISMOも日産から独立した味つけを目的にしている。エンジン制御コンピュータに始まり、電動パワステの操舵力や排気系まで手を加えており、インテリアだってNISMOのアイデンティティとなる赤いステッチを加え賑やかさを出そうとしてます。

 残念なのは足回りのチューニングのノウハウ不足か。サーキットを走るなら納得できるものの、2列目シートに座る奥さんは辛抱タマらんほど硬い。

日産セレナニスモ/ニスモシリーズ共通の内外装チューンを施し、ボディ補強、専用サスを採用してスポーツ性を飛躍的に向上。オプションで本格的なレカロのバケットシートも用意する。Sハイブリッドのみに設定され、価格は341万9280円
日産セレナニスモ/ニスモシリーズ共通の内外装チューンを施し、ボディ補強、専用サスを採用してスポーツ性を飛躍的に向上。オプションで本格的なレカロのバケットシートも用意する。Sハイブリッドのみに設定され、価格は341万9280円

 トヨタ&日産と対照的なのがホンダ。モデューロでエンジンに手を加えようとしても「標準が一番いいのだから手を加えるな!」と研究所から怒られるそうな。

 一事が万事で「改良する」とか「性能アップ」という文言は研究所を否定することになるためタブーなんだとか。

 結果、エンジンについちゃ完全にノーマル。シートすら「標準が一番いいので変えるな!」という状況のようだ。

ホンダステップワゴンモデューロX/専用エアロ、専用サスを採用し、スポーティさとともに高級感も演出するモデル。GR、ニスモほどスポーツ性の高さを主張しないが、欧州車的な上質な走りが楽しめる。1.5Lターボ車のみの設定で、価格は366万5000円
ホンダステップワゴンモデューロX/専用エアロ、専用サスを採用し、スポーティさとともに高級感も演出するモデル。GR、ニスモほどスポーツ性の高さを主張しないが、欧州車的な上質な走りが楽しめる。1.5Lターボ車のみの設定で、価格は366万5000円

 ただ足回りは土屋圭市さんが担当しているため、なぜか変更可になっているという。ということでハンドル握ると、走りはステップワゴンモデューロXがナンバーワンである。

 そもそもミニバンって運転する人のためだけじゃない。必ず家族などが乗るからミニバンを選んでいるのだった。モデューロXのハンドリングは適度にスポーティでいながら、乗り心地いい。次点がGR。NISMO、硬すぎです。

 クルマ全体の雰囲気はセレナNISMOに軍配を挙げておく。特にオプションのレカロを選ぶと、気合いの入った4点式シートベルト装着用の穴付き。足回りさえ改良してやれば、一段といいクルマになる。次点がGR。

 もう一歩進んでブレーキを対向ピストンにしたり、エンジンやCVTに手を加えてくればセレナNISMOと逆転するだろう。モデューロについちゃホンダの束縛から抜け出さないと、これ以上の進展はない。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ