仕事にも趣味にも魅力満載!! マイナーチェンジした日産 キャラバン ディーゼルに試乗!!

2021年10月、日産 キャラバンのガソリンエンジン搭載モデルがマイナーチェンジ。そして本年2月、本命ともいえる新ディーゼルエンジン搭載モデルが登場。クルマ好きの個人ユーザーに訴えかける新生キャラバン ディーゼルに試乗した! #日産 #キャラバン #アウトドア

 2021年10月、日産 キャラバンのガソリンエンジン搭載モデルがマイナーチェンジを受け、内外装のブラッシュアップや新開発の7速AT投入などで個人ユーザー向けのテコ入れを行った。

 そして2022年2月、本命ともいえる新型ディーゼルエンジン搭載モデルが登場。クルマ好きの個人ユーザーに訴えかける新生キャラバン ディーゼルに試乗した!

※本稿は2022年3月のものです
文/鈴木直也、写真/ベストカー編集部、撮影/西尾タクト
初出:『ベストカー』2022年4月26日号

【画像ギャラリー】パワフルなディーゼルで仕事にもアウトドアにも使い勝手抜群!! 現場にキャンプにキャラバンでGO!!(25枚)画像ギャラリー

■より個人ユーザーへの訴求力を高めるマイナーチェンジ

業務ユーザー市場では健闘しているものの、キャラバンはライバル車に比べて個人ユーザーへのアピールが弱い

 純粋に業務用に作られたのに、クルマ好きに人気のモデルというのがたまにある。

 現在の日本なら、その代表はハイエースだろうし、輸入車ならルノー・カングーあたりがそうだろう。

 あちこちのショップからカスタマイズパーツが販売されたり、愛好家のミーティングが開催されたり、その界隈はスポーツカーやヒストリックカーなみに盛り上がっている。

 不思議なのは、日産キャラバンがこの波にいまひとつ乗り切れていないこと。

 開発者に聞くと、純粋な業務ユーザー市場では健闘しているものの、ひとり親方の職人さんなど、個人ユーザーへの食い込みが弱い、という分析。

 そういうニーズに向けた商品力を強化するため、昨年10月のガソリン車のマイチェンで、内外装のブラッシュアップ、ADAS系のアップデート、新開発の7速AT投入などが行われた。

 そして今回登場したのが本命ともいえる新型ディーゼルエンジン搭載モデルだ。

 これまでのキャラバンディーゼルのエンジンは、2.5LのYD25型。ライバルのハイエースは3Lの1KD-FTV型で、静粛性やドライバビリティともに差をつけられている感があった。

 巻き返しを期して投入された新エンジンは、三菱が開発した4N16型。排気量は2.4Lとダウンサイズしたが、アルミブロックや2段SCR触媒など、設計世代が格段に新しい。

■日産の本気度を感じるキャラバンの進化

実際に走ってみると加速の力強さと静寂性の向上を感じた。増強されたトルクが新しい7速ATとよくマッチしている

 実際に走ってみると、約4%増強されたトルクが新しい7速ATとよくマッチして、加速感が力強いことを実感。

 リミットまで回しても騒音レベルはよくコントロールされているし、100km/hで約2300rpmの7速クルージングも旧モデルより確実に静かで心地よい。

 また、バリエーション展開でも個人ユーザーを強く意識して、GRANDプレミアムGXという新グレードを設定。インパネまわりや内装の質感は旧モデルより格段に向上している。

 さらに、今回の試乗会には日産の肝いりでカスタムショップ8社が手がけたカスタマイズドモデルが展示されていたが、これもいい試み。

 先行するハイエースを追いかけるには、とにかく多くのユーザーの目に触れて「お、今度のキャラバンかっこいいじゃん!」と思ってもらうことが重要。

 キャンプ、マウンテンバイク、釣りなど、趣味性を追求したマニアックなカスタマイズカーの存在は、キャラバンの魅力をアピールするうえで、大いに力になると思う。

 こういう草の根ユーザー活動にまで踏み込んで、個人ユーザー開拓にトライしようというその意気やヨシ。

 日産の本気ぶりを感じた、新型キャラバンディーゼルの試乗でございました。

次ページは : ■キャラバンディーゼル マイナーチェンジのPOINT

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ