隠れた軽商用の雄アトレー 17年ぶり登場新型ターボの実力は? 車中泊もいける??

商用車に生まれ変わったダイハツアトレーはN-VANを上回ったのか

 2021年12月20日、ダイハツは軽商用車の「ハイゼットトラック」をマイナーチェンジ。そして「ハイゼットカーゴ」、「アトレー」を約17年振りにフルモデルチェンジを行った。

 注目はアトレーで、先代はアトレーワゴンという軽乗用モデルだったが、新型はアトレーと名称変更しただけでなく、商用モデルへと路線変更している。

 そこで、今回は新型アトレーの試乗をするとともに、同じ商用モデルのホンダN-VANユーザーにアトレーをチェックしてもらった。商用モデルに生まれ変わったアトレーの実力はどれほどのものなのだろうか。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】商用車に生まれ変わったダイハツアトレーの詳細を画像で紹介(20枚)画像ギャラリー

荷室空間の拡大を目的に従来の乗用車から商用車へシフト

商用車に生まれ変わったダイハツアトレーはN-VANを上回ったのか
ダイハツアトレーの走行シーン

 約17年振りにフルモデルチェンジを行ったダイハツアトレーは、商用車初の「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ−)を採用し、クルマの骨格にあたるプラットフォームを一新した。

 リアアンダーボディ骨格などの構造を最適化し、ボディ剛性を向上させたことで、車体を拡大しながら、軽量化と操縦安定性さらに、静粛性もアップさせている。

 また、サスペンションジオメトリーを最適な構造に見直すことにより、高剛性化したボディとの組み合わせにより、重い荷物を積載した状態でもすぐ得た操縦安定性と快適な乗り心地を実現している。

 運転席下に搭載するエンジンは、最高出力64ps、最大トルク91Nmを発生する660cc直列3気筒DOHCターボの1種類。組み合わされるトランスミッションは、新開発のFR用CVTを採用している。

 CVTを小型化することで、床下スペースへの搭載を実現。また、CVTの採用などによって燃費性能はWLTCモードで14.7km/Lへと向上。加えて、発進性、静粛性などを大幅に向上させている。

 アトレーの駆動方式は2WDと4WDの2種類で、CVT車にはクラス初となる電子式4WDを採用。センターパネルに設置されたスイッチ操作により、ユーザーが用途に応じて、2WD/4WD・AUTO/4WD・LOCKの3つのモードから選択可能。

 4WD AUTOモードでは、路面に合わせて、最適な前後駆動力配分を行うことで、悪路や雪道など滑りやすい路面を走行する際の安全性を確保すると同時に、乾燥した路面でのタイトコーナーブレーキング現象を抑制してくれる。

 ADASと呼ばれる運転支援システムは、毎日使う軽商用車にこそ、安全・安心のサポートが必要。という考えから軽乗用車にも採用している最新のステレオカメラを搭載した「スマートアシスト」を装着。

 衝突回避支援機能ブレーキ機能は、車両・歩行者に加えて二輪車・自転車も追加し、夜間の歩行者検知も可能となった。さらに、車線逸脱抑制機能や標識認識機能なども追加し、充実したサポート内容となっている。

 さらに、リアに設置したカメラ映像を映し出すデジタルミラーの“スマートインナーミラー”を採用。荷物満載時や夜間の視界不良時などでも後方視界を確保してくれる。

 そして、「つながる安心」によりユーザーをサポートするダイハツコネクト。そして9インチと6.8インチの2種類のディスプレイオーディオを初採用し、一気にデジタル化が進んでいる。

 今回試乗したのは、アトレーRS 4WD。車両本体価格182万6000円。オプションの視界補助パック5万5000円、9インチのスマホ連携ディスプレイオーディオ8万2500円。2万7500円のレーザーブルークリスタルシャインのボディカラーを装着している。

次ページは : DNGAの採用と新開発のFR用CVTが注目ポイント