【N-VAN登場で業界順位が激変!?】 遊べて使える軽&軽バン 頂上決戦


 ホンダの新型軽バン「N-VAN」の販売台数が、ここまでの合計(2918年7月から9月)でついに1万台に迫らんとしている(9649台)。

 注目すべきはこのN-VAN、その本来の使用目的である商用車としてだけではなく、ホビー用途を目的とした層にもよく売れている、ということだ。軽バンは税金など維持費も安くて済むから、そういった点も購入を後押ししているのかもしれない(浮いたお金もさらに趣味に回せますしね!)。

 そこで今回は、N-VANと、そのベース車であるN-BOX、そしてN-VANと同じく商用ユースメインの軽バン ハイゼットを持ち出してテスト。“アソビグルマ”として最適な人生の相棒を探してみた。

 比較ポイントは「乗り心地」「安全性能」「小回り性能」「積載能力」「車中泊性能」の5つだ。

※本稿は2018年8月のものです
文:渡辺 陽一郎、ベストカー編集部/写真:平野 学、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年9月26日号


■エントリーリストおよび価格・主要諸元

●N-VAN +STYLE FUN
NAは156万600〜169万1280円。ターボは166万8600〜179万9280円

ハイゼットカーゴ デラックスSA3
93万4200円から用意されるハイゼット。今回の撮影車の価格は115万5600円

N-BOXカスタム G・Lターボ
ターボは189万5400〜202万6080円。約20万円ほど価格が下がるNAもある

3台の主要諸元の比較表

■TEST1 乗り心地:軽バンは後部座席の人や荷物にも優しいのか?

(TEXT/渡辺陽一郎)

 軽商用車を選ぶ時に注意したいのが乗り心地だ。小さなボディで重い荷物を運ぶため(最大積載量はN-VAN、ハイゼットカーゴともに350kg)、足回りは積載に対応して硬めだ。指定空気圧も、両車ともN-BOXに比べると大幅に高い。

 シートも異なる。N-BOXは前後席ともに頭上と足元の空間が広く、背もたれと座面には充分な厚みがあるから座り心地が快適だ。

「後席乗員に優しければ積荷の趣味道具にも優しいはず」の理論で、後席の乗り心地も検証

 これに比べてN-VANは、満足に座れるのが運転席のみという状況。助手席は小さく畳める代わりに座り心地が硬い。後席はN-VAN、ハイゼットカーゴともに簡易型だ。

 乗り心地は前述のように軽商用車は全般に硬いが、N-VANの運転席は、そのなかでは快適だった。ハイゼットカーゴは荷室長を長く確保するため、前席を前側に押し出して、その下にエンジンを搭載する。したがって前輪と前席の間隔が狭く、路上の段差を乗り越えると、突き上げを直接的に伝えやすい。体が上下に跳ねる感覚が生じる。

 これに比べてN-VANの運転席は、前輪との距離が離れることもあって快適だ。

 しかし、これが後席となると逆転する。ハイゼットカーゴの後席は、床と座面の間隔が乏しく、座ると腰が落ち込んで膝が持ち上がる。その代わり膝先空間はN-VANよりも若干広く、座面も少し柔軟でシートの振動吸収性がいい。足回りも柔軟に伸縮するから、快適に感じる。

エンジン位置の関係から、ハイゼットの前席は乗り心地的にキツい

 N-VANは床と座面の間隔に余裕があり、前席の下に足が収まって着座姿勢は良好だが、シートは薄手で振動の吸収性が悪い。足回りも路面のデコボコを伝えやすく、後席で判断するなら、快適なのはハイゼットカーゴだ。

次ページは : ■TEST2 安全性能:安心して乗れるのは?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ