【新型Z感激試乗記】走りがよかったので購入を決意! しかし抽選で外れるという悲劇が待っていた……


 7月末で受注がストップした新型フェアレディZ。ジャーナリスト向けの試乗会が北海道陸別テストコースにて行われたのが7月中旬。なんと筆者は、その試乗会の帰りにディーラーに立ち寄り、オーダーしたという。

 試乗会の帰りに購入を決めるほど、新型Zの走りはよかったのか? しかし、その後には悲しい結末が待っていた……。

文/国沢光宏
写真/日産自動車

【画像ギャラリー】走りが絶賛された新型フェアレディZの最新写真をチェック!(24枚)画像ギャラリー

■新型Zに乗ってよかったら買う!

新型Zに試乗して素直によかったら買おうと決めていたという国沢氏
7月中旬、ジャーナリスト向けの試乗会が北海道陸別テストコースで行われた

 実はカルロス・ゴーンが復活させたZ33と、その改良版のZ34いずれも全ての点で私の好みじゃなかった。単にワイド感だけ強調したデザインや、高回転域で微振動を出して伸び悩むエンジン、すぐ横方向にだらしなく流れてしまうピーキーなハンドリングも「う~ん!」。アメリカSCCAでレース車両として乗ったZ32と、初代のS30が私にとってのフェアレディZでした。

 新型Zを見て最初の印象が「S30の雰囲気持ってますね!」。共通プラットフォームながら、ワイドさを演出せずS30のような長さを感じる。ただ走りが今までのフェアレディZと同じ方向性だったらアカンです。そんなことから、プロトタイプを見た際「乗っていいクルマなら買う!」と決めていたのだった。

 閑話休題。私が新型Zのハンドルを握ったのは高性能車にとって最悪のコンディションといえる雨だった。

 考えて頂きたい。20年ほど前までタイヤ1輪でカバーできるのはFFで100馬力。後輪駆動は+10%と言われてきた。1989年のスカイラインGTS-tタイプMや(215馬力)や初代インテRの200馬力が限界というイメージ。直近になってタイヤ性能上がったため、150馬力くらいになっている。

 300馬力を超えるクルマは基本的に4WDを選ぶ。そんななか、新型Zのパワーユニットときたら405馬力! しかもターボ付きだから最大トルク475Nm! 完全にオーバーキャパシティ。

 ドライ路面でも、だ。ウエット路面だと絶対的なグリップ半分以下といったイメージ。ドライ路面なら800馬力くらいか? 405馬力で走るとどうなるか簡単に想像できることだろう。

プラットフォームを共用する先代Z34と比べてどうなのか、どう進化しているのか?

■7000回転までキッチリ回る405馬力の3リッターツインターボに感動!

バージョンST、バージョンTに用意される本革&スウェード調/ファブリックコンビシート(レッド/ブラック)。写真は9速AT仕様
プロトタイプ発表時から存在することを明らかにしていたこだわりの6速MT

 試乗会が行われた北海道の陸別テストコースのスタートは滑走路のような全長2km×幅50mのような直線路だったため全開!

 なんと3速でもブースト圧掛かったらホイールスピンした! 高速道路の料金所ダッシュをイメージして頂きたい。1速は全くグリップせず! 2速もアクセル開けたら空転しっぱなし! 3速100km/hからアクセル開けたってホイールスピンしちゃう、ということ。

 デキの悪いクルマなら怖くてアクセル踏めないです。おそらく従来型のZだと真っ直ぐ走れないし、少しアクセル踏んだだけで左右に流れまくると思う。

 もちろんVDCやトラコン付いているためトッ散らかることこそないだろうけれど、攻めることなど最初から考えない。参考までに書いておくと、3速でホイールスピンするようなコンディションだと、妙にLSD効いて左右に飛び出す。

 新しいZでウエットを走るとどうか? 当然のごとく最初は遠慮してアクセル踏む。加えて悪いコンディションのため、低い制限速度も設定されていた。

 ところが、だ。指示通りの車速で走ると、何も起こらない。全く普通のドライブであり、クルマの性能の10分の1すら使っていない感じ。これだと500万円以上するクルマの購入を決めようとする判断などできない。

 そしたら目にゴミが入ったのか、ちょうどスピードメーターの部分が見えなくなってしまった。車両にはGPSが搭載されており、速度超過すると無線で指摘されるシステムになっているというから、連絡ない限り問題なしということ。

 とりあえず速度メーターとのにらめっこを止め、伸び伸び走ることにした。するとどうよ! コーナーでアクセル踏むと簡単に滑ります(笑)。

 問題は滑った時のコントロール性。従来型のZだとウエット路じゃ試す気にもならなかった。ドライだってスパッと流れますから。なのに新しいZときたら、405馬力をしっかりコントロールできる! もちろんアクセル開度からすれば半分以下ながら、パワーコントロールも滑る量のコントロールも、車体のコントロールも64歳のジイサンの反射神経で可能。

新型Zに搭載されるVR30DDTT型3L、V6は405ps/475Nm(48.4kgm)を発生
初代S30のマルーンを連想させるバーガンディのボディカラー

 3リッターツインターボ405馬力のエンジンは高速域での伸び感こそないけれど、ターボラグ少なくトルクフル! その気になれば7000回転までキッチリ回る! 私は6速MTしか考えていないが、新開発となる9速ATのギア比や変速フィールも予想以上にスポーティ。ATを選んでGTカー的な乗り方したっていいと思う。いずれにしろ王道の高性能車です!

 ということで購入を決め、北海道の試乗会の帰りに羽田空港から近所のディーラーに立ち寄り購入! 55万円の内金も支払った。

 納期長いというから気長に待ちましょう、と思っていたら突如8月になってディーラーから連絡あり「抽選になりました。ハガキが届くと思います」。届いたハガキで抽選してみたら「お爺ちゃんスカやで~」。残念ながら落選になりました。泣泣泣……。

※    ※    ※    ※    ※

 国沢氏が新型Zを注文した際、日産ディーラーからは、購入する時に抽選になるという話は聞かされなかったらしい。後日、国沢氏と電話で話をしたが、本人は相当ガッカリされていた。

 実はこの試乗記は抽選で外れた後に書かれた原稿。落選したからといって新型Zの評価、愛情は変わることはなかった……。日産自動車さん、なんとかならないのでしょうか? 悲しすぎます……。 

エッ! こんなのアリ!? 新型フェアレディZ購入して55万円の内金払ったのに……突如抽選になり落選!!

【画像ギャラリー】走りが絶賛された新型フェアレディZの最新写真をチェック!(24枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ