9年ぶり登場の新型レンジローバーに試乗! その乗り味はSUVの王者にふさわしいものか!?

9年ぶり登場の新型レンジローバーに試乗! その乗り味はSUVの王者にふさわしいものか!?

 9年ぶりにフルモデルチェンジを受け、新型となったSUVの王者、ランドローバーのレンジローバー。今年1月には日本にも導入開始となったのが、その乗り味はどのようなものだったのか? メルセデスベンツゲレンデバーゲンなどのSUVにも乗ってきたフェルディナント・ヤマグチ氏がレポートする。

文/フェルディナント・ヤマグチ、写真/ジャガーランドローバージャパン、フェルディナント・ヤマグチ

【画像ギャラリー】ラグジュアリーSUVの王者、新型レンジローバーを写真でCHECK!!(30枚)画像ギャラリー

■空前のSUVブームのなか、王者レンジローバーの出した回答は?

当代取って5代目の新型レンジローバーと筆者
当代取って5代目の新型レンジローバーと筆者

 レンジローバーが9年ぶりにフルモデルチェンジを行った。

 ふだんはめったに試乗会なるものに顔を出さないのだが、何しろほかならぬレンジである。会社の仕事を終えると、大急ぎで新幹線に飛び乗り、試乗会場の軽井沢まで出かけてきた。新しいレンジのキャッチコピーは「妥協なき洗練性とラグジュアリー」である。

 そうそう。何事も妥協してはイカンのだ。

 往時は「砂漠のロールスロイス」と謳われたレンジローバーは、高級SUVの代名詞。悪路走破性は高くとも、ガタゴトと乗り心地の悪いトラックベースのSUVが多いなか、唯一無二とも呼べる孤高の存在だった。

 ところが、昨今のSUVブームで欧州高級ブランドが「バスに乗り遅れるな」とばかりに次々とSUVを商品化し、ついにはあのロールスまでもがSUVを発売するに至った。ラグジュアリーカー本家本元の登場である。もはや「砂漠のロールス」は通用しない。

 業界周辺を見渡せば、ベントレーもアストンもランボもマセラティも、我も我もとSUVを売り出している。そして街を見渡せば、それこそ一時期のワンボックスブームの如く、大小さまざまなSUVが走り回っている。

 前モデルの発売から9年間。SUVを取り巻く市場環境は大きく変化した。そんななか、元祖高級SUVのレンジはどのようなクルマを出してくるのか。否が応でも期待で胸が膨らむというもの。

■気品漂う「英国御用達」こそレンジの真骨頂

パッと見は先代と見分けの付かないレンジだが……
パッと見は先代と見分けの付かないレンジだが……

 試乗会場の美術館のようなオサレなイベントスペースに鎮座するレンジを一見した時は、あまりの美しさに思わず息を飲んだ。いっさいのムダを削ぎ落とした端正なフォルム。上質で上品で、気品さえ漂っている。さすがは英国王室御用達である。

 ABCピラーを黒く塗装して、屋根が浮いたように見えるフローティングルーフ。そのルーフが後方に向かって、なだらかに下降している。ルーフとは逆に、後方に向かって上昇するサイドシル。そしてリアバンパーの後端部分はボートのように跳ね上がっている。

 これらのデザイン要素は、すべて「クラシックレンジ」と呼ばれる初代から受け継がれる伝統で、当代取って5代目の最新型にもしっかりと継承されている。

 それにしても前モデルからの変化が少なすぎはしないか。キープコンセプトは結構だが、あまりにも保守的にすぎないか。パッと見はほとんど4代目と変わらない。クルマに興味のない人が見たら、ほとんど見分けが付かないような外観だ。

次ページは : ■驚かされたのは実車ならではの「塊感」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!