[ポルシェ]超えの加速!? スマホメーカーがクルマを!? もはや走るスマホじゃんシャオミ[SU7]【北京ショー】

[ポルシェ]超えの加速!? スマホメーカーがクルマを!? もはや走るスマホじゃんシャオミ[SU7]【北京ショー】

 今回、北京モーターショーでも全世界から注目を集めていたのが中国の大手スマホメーカー、「Xiaomi」(シャオミ:小米科技)が初めて作ったクルマである「SU7」だ。今回、北京市内で試乗できる貴重な機会を得たので海外メディアとして初試乗記をお届けしよう。

文、写真/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生

■ポルシェタイカンターボSを上回る加速性能!

シャオミ初のクルマとして鳴り物入りで発表されたのがセダンのEV、SU7。発売開始から瞬く間に10万台以上を受注した
シャオミ初のクルマとして鳴り物入りで発表されたのがセダンのEV、SU7。発売開始から瞬く間に10万台以上を受注した

 シャオミは中国で国内シェア3、4番手となる大手メーカーで2010年に創業された。そのシャオミの手による初の市販車がSU7。ちなみに中国国内のスマホシェア1位はあのファーウェイだ。

 SU7はセダンタイプのBEVで、フロントからパッと見た印象は同じ中国メーカー、BYDのSEALを彷彿とさせる。そのボディサイズは全長4997×全幅1963×全高1455mm、ホイールベースは3000mm。Cd値は市販車最高レベルの0.195というから驚異的だ。

 ちなみにポルシェの4ドアEV、タイカンが全長4963×全幅1966×全高1381mm、ホイールベース2900mmだからほぼ同サイズとなる。

写真はトップグレードで4WDモデルのMax
写真はトップグレードで4WDモデルのMax

 凄まじいのがそのパフォーマンス。シングルモーター搭載で後輪駆動の標準モデルが最高出力299ps、最大トルク400Nmとなり、0-100km/h加速5.28秒、満充電の航続可能距離は668km。

 一方、トップグレードでデュアルモーターを搭載する4WDの「Max」は、最高出力673ps、最大トルク838Nmを誇るこちらの。Maxの0-100km/h加速は2.78秒で、最高速は265km/h、満充電の航続可能距離は800kmをマークするというのだ。

シャオミSU7のカードキー。顔認証以外でもこのキーを前後ドア中央部に設置されたセンサーにかざすことでドアがオープン
シャオミSU7のカードキー。顔認証以外でもこのキーを前後ドア中央部に設置されたセンサーにかざすことでドアがオープン

 このSU7 Maxのパフォーマンスがどれだけとんでもないものなのかは、ポルシェタイカンターボSの0-100km/h加速2.8秒を凌ぐということからも明らか。

 そして何よりも世界中の度肝を抜いたのはその車両本体価格。標準グレードとなる後輪駆動モデルで21万5900中国元(約453万円)、トップグレードで4WDの「Max」でも29万9900中国元(約630万円)という低価格路線だからだ。

 これをライバルモデルとみられるテスラモデルS(1296万9000円)やポルシェタイカン4S(1650万円)などと比べてみても半分から3分の1近い値段設定となっているのがわかる。

■返金不可でも7万5000台超の受注!!!

水平基調のデザインとなるSU7のインテリア。意外にシンプルな形状
水平基調のデザインとなるSU7のインテリア。意外にシンプルな形状

 そんなシャオミSU7が発売となったのは2024年3月28日から。発売開始からたった24時間で10万台もの受注があったと話題を呼んでいた。今回の北京モーターショーでは、シャオミ創業者の雷軍CEOが返金不可の受注台数がすでに7万5000台を超えたことを明らかにしている。

 ちなみにシャオミ関係者によれば、受注のメインとなっているのは20~30代の若いユーザーだといい、この7万5000台のうち約4割が女性ユーザーだったことも明かされている。

ダッシュボード下には中国車の最新トレンドとなる3連アロマが
ダッシュボード下には中国車の最新トレンドとなる3連アロマが

 そのあたりを現地メディア関係者に聞いてみると、「何も不思議はありません。ある程度裕福な男性ユーザーがそのパートナーである妻に買い与えるパターンが多いからです」とのこと。

7万5000人以上と発表されたSU7の受注台数のうち約4割が女性ユーザーとは……
7万5000人以上と発表されたSU7の受注台数のうち約4割が女性ユーザーとは……

 また、あまりに人気となっているため中国国内ではメディア関係者もSU7の試乗車を確保することが難しく、かなりの数の中国自動車メディアが購入していることも背景にあるのだという。

 発表直後にSU7の広報車を中国の自動車メディアが1日レンタルすると、当初は1万中国元(約21万円)が必要なほど人気が過熱しており、現在は3000~4000中国元まで下がってきているのだとか。

次ページは : ■シャオミ最新の車載OS搭載

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します