もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!

もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!

 クラウンクロスオーバーに設定された特別仕様車のランドスケープとポルシェ911ダカールは、ともにベース車からリフトアップされたモデルだ。この2台を実際にドライブし、その真髄を国沢光宏氏が見極める!

文:国沢光宏/写真:奥隅圭之

■リフトアップ仕様は本場の北米でも人気!

クラウンクロスオーバーランドスケープ(左)とポルシェ911ダカール(右)の2台にご満悦な筆者
クラウンクロスオーバーランドスケープ(左)とポルシェ911ダカール(右)の2台にご満悦な筆者

 結論から先に書くと、ご予算あったら今回紹介する2台を手元に置いて暮らしたいとホンキで思った!

 まずクラウンクロスオーバーのランドスケープから。数年前からアメリカではSUVやクロスオーバー(乗用車ベースで車高を上げたモデル)をさらにリフトアップし、オフロード用タイヤ履かせたモデルが人気になっている。

 例えば、スバルの北米専売「ウィルダネス」シリーズ。車高を20mmくらいアップし、オールテレーンタイヤ(すべての路面に対応するオフロードタイヤ)を履かせているのだけれど、存在感が上がってすんごくカッコいい!

 RAV4のオフロードパッケージもオールテレーンタイヤを履いて最低地上高を10mm高い210mmにしたら一段とオトコマエになった。ひと昔前はローダウンが主流だったものの、売れ筋のSUVだとリフトアップです!

クラウンクロスオーバーに設定された特別仕様車「ランドスケープ」。車高はノーマルから27mmアップの172mmに
クラウンクロスオーバーに設定された特別仕様車「ランドスケープ」。車高はノーマルから27mmアップの172mmに

 クラウンクロスオーバーがデビューした時、私はトヨタの開発チームに「車高上げたらもっとカッコよくなる!」と進言した。どうやらすでに構想を温めていたようで、スタンバイしていたのだろう。

 追加されたランドスケープを見た瞬間「これですよ!」。というかクラウンクロスオーバーを買うならランドスケープしかないな、と思うほど。文句なしにスタイリッシュ!

■ランドスケープはロングドライブ時の安定感は増すことを実感!

ベースとなったクラウンクロスオーバーよりもSUVらしさを増したランドスケープ
ベースとなったクラウンクロスオーバーよりもSUVらしさを増したランドスケープ

 大ざっぱに紹介すると、クラウンクロスオーバーをベースにサスペンションとオールテレーンタイヤでリフトアップ。145mmしかなかった最低地上高を172mmに上げ、オーバーフェンダーとマッドガードでドレスアップ。

 トレーラーを引っ張るヒッチメンバーまで標準装備した! 車高も30mm近く高くなったため、ひと回り大きくて存在感のあるクルマというイメージ。

クラウンクロスオーバーランドスケープをドライブする筆者
クラウンクロスオーバーランドスケープをドライブする筆者

 乗るとどうか? オールテレーンタイヤを履くと騒音レベルが上がり、ステアリングフィールが悪くなるが、「ジオランダーG015」というタイヤ、なかなか静かでシャッキリしている。

 東富士テストコースの主(匠と呼ばれる)のセットアップ能力の高さもあり、街中での乗り味に不満なし! むしろ挙動がドッシリし、ロングドライブ時の安定感などマシマシになった感じ。

 ドラポジも27mm高くなっているため、乗降性がよくなり、視点はSUVっぽくなった。ゴキゲンでございます。

パワートレーンはノーマルのクラウンクロスオーバーの直4、2.4Lターボハイブリッドから変わらない
パワートレーンはノーマルのクラウンクロスオーバーの直4、2.4Lターボハイブリッドから変わらない

 パワーユニットは2.4Lターボ+ハイブリッドだから、システム出力にすると349psある! 0~100km/h加速が6秒程度とのこと。もはやスポーツカーと言っていい。それでいて広いリアシートを持つ。普段使いのファーストカーには最高でございます。

次ページは : ■911ダカールはコントロール性重視でラリー車のごとき乗り味に

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!