細部までよく見える4K画質 ドライブレコーダーも高画質録画の時代

 万が一事故にあった際に、正確に状況を記録してくれるドライブレコーダーは、自動車保険と同様にもはや必須のアイテムといえる。

 そしてドラレコにとって重要なのはできるだけ広い範囲を撮影できることだが、広角レンズを使用するとどうしても細かいところがきれいに映らない。これを解消してくれるのが、高精細な画像が記録できる4K対応のカメラだ。

 今回はデータシステムより発売されたばかりで大注目の4K対応ドライブレコーダーDVR3400をご紹介しよう!

文:ベストカー編集部/写真:平野 学【PR】


■より高画質なドライブレコーダーが必要だ!

データシステム DVR3400 ドライブレコーダー 価格:2万9800円(税別)

 改正道路交通法が6月30日より施行され、あおり運転や路上での急停止などが危険運転として厳密に定義されることとなった。また自転車の逆走や一時停止違反も処罰の対象となっている。

 急停止の厳罰化は、2017年に東名高速で後続車を停止させたことによって生じた事故がその背景にある。

 これらの危険な行為を行うと、事故を起こしていなくても行政処分により免許取り消しになるなど、罰則も厳しくなっている。

 事故や違反行為から身を守るために、ドライブレコーダーの重要性はますます高まっている。

 しかも対象が自転車など、クルマより小さいものとなると、より細かいところまで撮影可能なドライブレコーダーが必要になる。

 これにぴったりなのが、データシステムから発売されたDVR3400。その最大の特徴は、ハイビジョンの4倍という4K画質に対応したことだ。

データシステム DVR3400

本体に加えGPSユニット内蔵の取り付けステー、シガー電源ケーブルや接続ケーブルなどを同梱。後述するステッカーも付属する
背面の3インチ液晶モニターで撮影画像の確認ができる

 対角132度(水平120度、垂直55度)の広角7層ガラスレンズによって、広範囲の映像を歪みなくクリアに撮影することができる。

 強い衝撃を感知すると「イベント録画機能」が働き、万が一の時の映像を自動的に保護してくれる。

2K(フルHD/左)と4K(ULTRA HD/右)の画質比較。4Kではナンバーなど細部の画質が大きく向上している
PC用の専用ビューアソフトにより、走行した映像とその場所を確認することが可能。行楽の記録としても活用できる

 GPSによって取得した自車位置も自動的に映像に記録される。専用のビューアソフトで後から映像を見ながら走行した場所の確認が可能。

 安全運転をサポートしてくれる、車線逸脱アラート機能も搭載。車線をまたいでしまった際には警告音が鳴って、隣の車線のクルマなどへの接触を未然に防いでくれる。

DVR3400が車線逸脱を検知して警告音でドライバーに知らせてくれる

 機能充実で4K画質のDVR3400はおすすめのドライブレコーダーだ。

データシステムのDVR3400はこのパッケージが目印
同梱される「ドラレコ録画中ステッカー(DVR-ST1)」は別途600円(税別)で購入できる

データシステムホームページ https://www.datasystem.co.jp/

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ