ジムニーにピッタリ! ホワイトレターもイイ!! マックストレックR/Tのコスパが凄い【PR】


 ジムニーオーナーなら、やっぱりカスタムしたい。本格的なオフロード走行を楽しむ人もいれば、街中できらりと光るドレスアップを楽しむ人もいる。MAXTREKならリーズナブルな価格で、そのどちらも楽しめる。

 今回はベストカー編集部イチのオフローダー塩川がオートウェイおススメのタイヤ「MAXTREK EXTREME R/T(マックストレック エクストリームR/T)」を愛車ジムニー(JB23)に装着し、オンロード、オフロードの両面からインプレッションします!

文:ベストカーWeb編集部/写真:池之平昌信

【画像ギャラリー】ホワイトレターがイイ感じ!オートウェイおすすめのMAXTREK EXTREME R/T  コスパ高でドレスアップもオフロードも満喫!(8枚)画像ギャラリー

■マックストレックと編集部員の愛車JB23ジムニーの相性は?

まさに使い倒しているという編集部SのJB23。オフロードコースもなんのその

 15万円で買った21万㎞走行の我がジムニー。エアコンは効くし、オフロードコースだって走れるし、そのコスパはめちゃくちゃ高い。

 そんなジムニーにオートウェイが販売する「マックストレック エクストリームR/T」を装着してレビューしてほしいと編集長指令が出た。

 ベストカー編集部随一のオフローダーの塩川だが、オフロードタイヤ選びは超慎重にならざるを得ない。なんたって「無事に帰る」がオフロードの鉄則。

 だからコスパだけでタイヤを選ぶのはオフローダーとしてはあり得ないし、このマックストレックが1本8320円(税込み、取材当時の価格)と言われてもその安さだけじゃ読者の皆さんに薦められないのであります。やや過酷な実走行チェックを敢行して性能をチェックしていこう。

■R/Tなら舗装路もいいはず……まずは高速道路でチェック!

オンロードでは直進安定性があって、何より静粛性が高いことを実感。トレッドパターンを見ると、もっとうるさいかと思っていたが、いい意味で裏切られる

 今回の「マックストレックエクストリームR/T」はトレンドのラギッドテレーン(R/T)タイヤ。「オールテレーン(A/T)よりも逞しく、マッドテレーン(M/T)以上に快適」といったコンセプトで、オールテレーンとマッドテレーンのいいとこどりだ。

 まずは高速道路から実走テスト。100㎞/hで走行して感じるのが静粛性の高さ。向かったのは関東屈指のオフロード。走破性向上こそジムニーのカスタムタイヤの至上命題。いくらゴツいルックスをしていても、ひとたびオフロードに来ればその素性はすぐ丸裸になってしまう。

 これだけブロックの大きなタイヤなのに「ゴーゴー」というロードノイズが少ない。さらに柔らかな乗り味で突き上げ感もない。ジムニーでこのソフトな乗り味は新鮮。オフロード系のハードなタイヤに乗ってきたことが多かったためか、印象的な柔らかさだった。

 一般道になると静粛性と乗り心地のよさはさらに際立つ。けれどラギッドテレーンならオフロードで走れないと‼

■オフロードも想像以上に走るからキャンプも安心やん!!

オフロードでもコストパフォーマンス以上の走破性を感じた

 ということで鼻息荒く向かったのは関東屈指のオフロード。走破性向上こそジムニーのカスタムタイヤの至上命題。いくらゴツいルックスをしていても、ひとたびオフロードに来ればその素性はすぐ丸裸になってしまう。

 まずはフラットダートを2WDで走る。摩擦係数が少ない砂地ではリアに若干の滑りは感じるものの、横方向のヨレ感は少ない。マックストレックはブロックがググっと踏ん張ってくれる。

 キャンプ程度の用途ならフラットダートで検証を終えても充分だが、それだけではジムニーのタイヤとしては認められないというオフローダーの血が騒ぎ、こぶし大の岩が転がる「ガレ場」に挑んだ。 

 ガレ場ではタイヤはどんどん埋まっていき、滑りやすい岩場はタイヤの性能がもろに試される。今回は「ガレ場」+「上り坂」を全開で登りきるという試練を与えてみた。トランスファーを4Lに入れて、ギアを1速に。ギュァァァーとリアタイヤが唸る。ほらほら、これは絶対登れないだろう……(心の声)。

現行のジムニー(JB64)にももちろん装着可能。MAXTREK EXTREMER/Tはス
クエアなボディとよく似合い、逞しさとをアピール。全サイズRWL(レイズドホワイトレター)を採用しているので軽快でスポーティな印象になる

 柔らかいタイヤだからステアリングは左右にとられるものの、後輪はしっかりと石を掴んでいる。ストーンエジェクターの効果で石噛みもない。気が付けばこのステージもクリア。仕上げに軽めの泥濘地も走破。この価格でこの性能は凄すぎるかも……。

 R/Tタイヤは過酷なオフロードをターゲットにしたタイヤではないが、ここまで試しても性能的に破綻するようなことはなかった。

 一般的な林道ドライブやキャンプ場ならまず心配無用。ホワイトレターだし、舗装路も乗り心地いいし、マックストレックエクストリームR/Tはアウトドア好きのドンピシャタイヤになる気がするぞ。

次ページは : ジムニーから軽トラまで! R/Tが気になるならマックストレックは最有力候補だ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ