雪こそ三菱の真骨頂!! エクリプスクロスPHEVは作り込みも抜群!! 激寒の北海道で徹底チェック【PR】

雪こそ三菱の真骨頂!! エクリプスクロスPHEVは作り込みも抜群!! 激寒の北海道で徹底チェック

 三菱といえばアウトランダーPHEVに目が行きがちだが、じつはエクリプスクロスPHEVもかなりの実力の持ち主。それを証明すべくはるばる北海道でテストを敢行!!

 さすが三菱といえるデキだったのだが、ここまで考えているのか!! という面も。改めてエクリプスクロスPHEVの実力を一挙にご紹介。

文:ベストカーWeb編集部/写真:池之平昌信・ベストカーWeb編集部

雪&横風だってなんのその!! S-AWC効果がスゴい

雪が似合うこと!! 走りも超安定、さらに燃費も◎とくれば、文句ナシなのだ
雪が似合うこと!! 走りも超安定、さらに燃費も◎とくれば、文句ナシなのだ

 今の三菱自動車といえばフラッグシップのアウトランダーPHEVが注目されがちであるが、エクリプスクロスPHEVだって只者じゃない!! 先代アウトランダーPHEVから継承されたプラットフォームを使用しながら、よりスポーティな味付けというイメージ。もちろん悪路走破性だってお見事なのだ。

フェリーの中は立体駐車場のような構造。乗り込む直前にさんふらわあ号とエクリプスクロスPHEVをパシャリ(撮影:塩川雅人)
フェリーの中は立体駐車場のような構造。乗り込む直前にさんふらわあ号とエクリプスクロスPHEVをパシャリ(撮影:塩川雅人)

 編集部員は執筆している木村と、編集長代理のコンビ。今回は低気圧たちこめる2022年12月に北海道に向かった。大洗から商船三井フェリー「さんふらわあ ふらの」に乗り苫小牧港へ。この「さんふらわあ」がスゴイのなんの。

これが船の中なんて!! ツインベッドにシャワーに洗面所!! テレビに冷蔵庫まで、まさに動くホテル
これが船の中なんて!! ツインベッドにシャワーに洗面所!! テレビに冷蔵庫まで、まさに動くホテル

 大きなトラックやトレーラを積載し、19時間の長旅も広々としたお部屋とバイキング方式のレストランで楽しめる。担当は展望風呂で太平洋を見ながら人生を見つめなおすいい機会になりました……。

 そして北海道上陸!! 苫小牧から旭川を経由し、より雪深い遠軽への往復とかなり過酷なテストを実施。

 旭川はご存じの通り日本を代表する豪雪地帯であるが、アイスバーン路面であっても新雪であってもまるでドライ路面を走っているように安定そのもの。

 パジェロやランサーエボリューションなどで培った四輪制御技術のノウハウをしっかりと継承しており、それこそがS-AWC(スーパーオールホイールコントロール)である。ざっくりいえば路面状況や走行状態をリアルタイムで把握し、狙い通りのラインをトレースしてくれる技術である。

どんな路面状況でも曲がる曲がる!! これこそが三菱4駆「S-AWC」の真骨頂!!
どんな路面状況でも曲がる曲がる!! これこそが三菱4駆「S-AWC」の真骨頂!!

 取材日は悪天候で道央道が通行止めになるほどの冬の嵐が襲っていたが、横風が激しい高速道路においても、ピタッと狙ったラインを走れるほど。少し大げさだが、言われなければ風の存在する気づかないレベルであった。

 ちなみに今回は往復約1200km程度を走破したのだが、燃費は17.3km/Lをマークしてくれた。大雪であっても安心して走ってくれるうえに、SUVながらここまでの燃費をたたき出すとは感動レベルの仕上がりなのだ。

次ページは : アウトランダーPHEVより納車早い!? マジで買いだぜ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ