【ヨコハマG.T. SPECIAL復活!!】国産タイヤが旧車を救う?? 若きビートルオーナーが実体験してみた

 クラシックカーというものの定義はいろいろとある。

 もちろん戦前のクルマもそのカテゴリーに入るのだが、近年は196o年代~1970年代までのクルマをクラシックと呼ぶことも多いようだ。

 そんなクラシックカーオーナーたちの悩みの種といえば部品だろう。輸入車、国産車限らず、必要な部品がなければ修理もできない。

 ましてやタイヤとなるとなかなかリプレイス品の生産も難しく、エンジンはかかるけど走れないなんて問題に直面する。

 なかには新車時オリジナルのスタイリングを維持するために、装着から10年以上たっているなんてオーナーも。

 そんなタイヤで悩んでいたオーナーにベストカーWebは出会った。なんと20代にして50年以上前のフォルクスワーゲン・ビートルを維持しているSさんだ。

 1966年式のお父さまの忘れ形見を愛でる彼の1日を追った。

文:ベストカーWeb編集部/写真:池之平昌信【PR】

※今回の取材車両はクラシックカーのためシートベルトが当初より装備されていません。道路交通法のシートベルト装着義務の適用外になります。


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ