キャンターE-CELLから新型まで 三菱ふそう「eキャンター」12年の歴史を振り返る!!

キャンターE-CELLから新型まで 三菱ふそう「eキャンター」12年の歴史を振り返る!!

 電気自動車(EV)自体の歴史は長いが、高いエネルギー密度と出力密度を備えた二次電池とパワーエレクトロニクス、高効率モーターを用いた高性能EVが登場したのはここ10年の話。

 新型eキャンターは前身のキャンターE-CELLから数えて12年におよぶ研究開発と実証試験、営業運行の積み重ねから生まれたが、これは高性能EVとしても屈指の実績である。今回はそんなeキャンターの12年の歴史を振り返ってみたい。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/三菱ふそうトラック・バス、「フルロード」編集部

キャンターE-CELL発表(2010年)

キャンターE-CELL第1世代
キャンターE-CELL第1世代

 2010年9月のIAA国際商用車ショーで発表されたTEキャンター標準キャブ欧州仕様ベースのショーモデル。

 高電圧バッテリーは総電圧278Vのリチウムイオン電池で、出力70kW(約95PS)、トルク300Nm(約30.5kgm)のモーターを搭載。航続距離120km、充電時間6時間とした。

 架装性を確保するため電池モジュールをエンジンルーム内とシャシー下に配置。翌年の東京モーターショーではバン型車として参考出品された。

キャンターE-CELL第2世代(2013年)

キャンターE-CELL第2世代
キャンターE-CELL第2世代

 E-CELLの第2世代は、TFキャンターベースのEVへ進化。

 電動パワートレインは総電圧360V、容量12kWhのリチウムイオン電池(メルセデス・ベンツPHEV乗用車と同じ)×4基または6基をシャシー左右に配置し、モーターは最高出力96kW(約130PS)、最大トルク650Nm(約66.2kgm)へ変更。

 初の実証試験は13年6月から中日本高速道路での道路維持作業車としてスタートし、非接触給電システムの実験も行なわれた。

 14年7月からポルトガル(平ボディ、バン型車)、16年4月からドイツ(バン型車、三転ダンプ)でも試験を実施した。

eキャンター発表(2017年)

eキャンター第1世代
eキャンター第1世代

 国内初の量産型EVトラックとして16年9月のIAAでコンセプトカーを、17年9月にアメリカのニューヨーク市で生産車を発表した。

 TFキャンターベースで車型はGVW7.5トンワイドキャブ、ロングボディのみ。

 総電圧360V、容量13.8kWhのダイムラー製リチウムイオン電池×6基をシャシー左右に搭載し、最高出力129kW(約175PS)、最大トルク420Nm(約42.5kgm)の減速機付きモーターを搭載し、航続距離100kmを確保した。

次ページは : eキャンター第2世代(2020年)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号