より効率的な「ミドルマイル」配送を実現! Amazonが日本初の仕分け拠点 「ソートセンター」を東京に新設

より効率的な「ミドルマイル」配送を実現! Amazonが日本初の仕分け拠点 「ソートセンター」を東京に新設

 宅配などで営業所からエンドユーザーに荷物を配達する行程を「ラストマイル」(または「ラストワンマイル」)と呼びます。それに対して物流ターミナルや営業所、物流倉庫などをつなぐ中間物流のことを「ミドルマイル」と言います。

 このミドルマイル配送の効率化に向け、Amazonはこのほど仕分け拠点「ソートセンター」を東京・品川に開設しました。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部
画像/アマゾンジャパン合同会社

日本初のAmazonの仕分け拠点「ソートセンター」とは

より効率的な「ミドルマイル」配送を実現! Amazonが日本初の仕分け拠点 「ソートセンター」を東京に新設
お馴染みのAmazonの荷姿

 インターネット通販大手のAmazonは2023年9月13日、日本初のAmazonの仕分け拠点「ソートセンター」を東京都品川区に開設したことを発表した。

 ソートセンターは、商品の保管、ピッキング、梱包を行う「フルフィルメントセンター」と、顧客への配送を行なう「デリバリーステーション」を繋ぐ、Amazonの配送網の中間に位置する拠点となる。新たに約1000人の働く機会を創出する予定で、仕分け作業や拠点の安全、品質・生産管理者など多様な職種が含まれる。

 今回、品川区に開設したAmazonのソートセンターは、先端物流設備を導入しており、大規模な仕分け能力を有している。さまざまな形状の梱包された商品の仕分けに対応したオートソーターを導入し、自動化への投資により、仕分けプロセスの効率化を実現している。

 2フロアで延べ床面積は計約2万8000平方メートル(テニスコート100面以上に相当する広さ)、主に関東・北信越地方、及び北海道・沖縄に向けた幹線輸送の拠点として、1日に最大約75万個の商品を仕分けることができる。

 フルフィルメントセンターから配送方面が混載状態で出荷された商品を、ソートセンターで配送方面ごとに仕分けを行ないデリバリーステーションへ発送することで、トラックなどの積載効率が向上し、より多くの商品を効率的に配送することができる。

 また、積載率を高めることで配送拠点へ商品を運ぶトラックの台数も削減され、総輸送距離の短縮にも寄与する。

ミドルマイルにおける負担軽減に期待

 アマゾンジャパン合同会社ジャパンオペレーションの島谷恒平代表は次のように述べている。

 「より効率的な物流を実現し、全国のお客様に迅速かつ安全に商品をお届けする取り組みの一環として、日本で初めてのAmazonのソートセンター開設を発表できることを大変嬉しく思います。

 ソートセンターは、配送方面ごとに仕分けを行なうことでトラックなどの積載効率を高め、ミドルマイルにおける配送の負担軽減に貢献します。そして、配送パートナーの皆様により安全で便利なサービスを提供することで、より迅速かつ安全な配送とお客様の利便性向上を目指します。

 また、Amazonでは経験、性別、年齢、国籍、文化的背景問わず、さまざまな方に多様な働く機会を提供しています。今回のソートセンターでも、多岐に渡る職種で約1000人の働く機会を創出します。私たちは引き続き、日本の経済成長に貢献し、Amazonで働く方々、ドライバー、パートナー、そしてお客様のために、イノベーションを起こし続けていきたいと考えています」。

 本センターの立地は、東京国際空港(羽田空港)から約3.5km、東京港「東京国際コンテナターミナル」から約1.5kmに位置し、東京貨物ターミナル駅、および首都高速のインターチェンジにも隣接するなど、陸上、海上、航空のアクセスに優れている。

【画像ギャラリー】アマゾンFCでの荷扱いの様子を画像でチェック!(6枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

秋から2024年の注目車がこぞって登場!! ベストカー10月26日号

 10月26日号のベストカーは、みんなの好きなコンパクトSUVに関してBCスクープ班が現在掴んでいる…

カタログ