かつての伝説であり夏向の師匠のその後とは!? 『MFゴースト』を彩る人物列伝13 藤原拓海 編

■「悲運のラリースト」と呼ばれて

 冒頭で「まだ姿を現してはいない」と書いたが、正確にはトビラページに後ろ姿だけ描かれている。それは第25話「悲運のラリースト」という回で、ここではMFGラウンド1解説者の小柏(かつて拓海と2度闘ったミッドシップ乗りの小柏カイのこと。セリフのみで登場)が、拓海のその後について語ってくれている。

●拓海を二度苦しめたミドシップ使い!! 『頭文字D』人物列伝08【小柏カイ 編】

 曰く、藤原拓海は、まず20歳にして単身渡英し、英国内のラリー選手権に参戦した。グラベル(砂利など非舗装路)はともかく、ターマック(舗装路)で無類の強さを発揮し、参戦3年目にしてチャンピオンを獲得したという。日本で走ってきた峠道もほとんどが舗装路だったのでこれは納得できる話だ。

 さらに、ラリーの世界最高峰でもある「WRC(ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)」にもスポット参戦を果たし、それなりの成績を残したことで、徐々に世界の舞台で頭角を現していく。そしてある年、トヨタと契約をかわしてWRCのフル参戦ドライバーとなった。WRC内にあるいくつかのカテゴリー(車両クラス)のなかでもトップカテゴリーということであれば、現実世界では2021年に勝田貴元選手以外、成し遂げられていない偉業である。

 しかし、フル参戦が決まった年のシーズン開幕前のマシンテストにおいて、マシンもろとも谷底に落下するという悲劇に襲われる。原因となったのはドライブシャフトの破損というマシントラブルで、走行中、マシンコントロールができなくなったと考えられる。その結果、長期入院とリハビリのため引退に近い形となり、華々しい経歴はそこでストップした。

 以後、消息不明となり、10年以上の歳月が流れていたが、突如、英国の名門レーシングアカデミー「RDRS(ロイヤル・ドニントンパーク・レーシング・スクール)」の講師となっていることが伝えられた。そして、そこでの生徒がカナタ・リヴィントンこと片桐夏向である。

 その圧倒的な速さから「フライングジャン」と呼ばれ、悲劇的な経歴から「悲運のラリースト」とも呼ばれていた藤原拓海だが、ラウンド3「ザ・ペニンシュラ」では、やはり解説の秋山(拓海と同じハチロクを愛車とする埼玉のライバル秋山渉)が、前年の暮れに拓海と会っていると発言。

「あいかわらずひょうひょうとしています」、「去年、英国で結婚しました」と拓海の近況を語り、さらにその相手が、埼玉出身の女子ゴルファーということを明かしている。『頭文字D』ファンなら結婚相手の名前は言うまでもないだろう。

●レビンで貫くハチロク愛!! 『頭文字D』人物列伝12【秋山渉 編】

■弟子である夏向の評価と夏向の拓海への想い

 なお、ラウンド2「芦ノ湖GT」以降、メカニックの緒方をアシストする形で、チーム夏向に名エンジニアとして知られる奥山広也が加わっている。彼は『頭文字D』で藤原拓海のバトルした人物だが、夏向を評して曰く、「天才と言われた藤原拓海が育てたあの若者は…まちがいなく師である藤原を超えるスケールの天才ドライバーだ」と。さらに、拓海の頑固さとストイックさが夏向に受け継がれていることも語っている。

●夏向を新たに支える名エンジニアは藤原拓海のかつてのライバル!! 『MFゴースト』を彩る人物列伝07 奥山広也 編

 このラウンド2の予選では、MFGファンやMFG関係者らの度肝をぬく驚愕の走りを見せた夏向。先輩である相葉から「あんなドリフトどこで覚えた?」と聞かれると、「ボクの先生はドリフトのマスター(達人)で……まるで神業のようなドリフトを駆使します」と拓海について語りだす。

 休日に二人で過ごした思い出や特別に目をかけてもらっていたことなどを話し、「ボクには父親がいないので…先生のことを本当のファーザーみたいに感じてしまう時もありました」と拓海へ対する愛情のような想いまで吐露するのだった。

 『MFゴースト』は藤原拓海の意思と技術を受け継いだ片桐夏向の物語である。MFGの年間レーススケジュールはすでに決まっているし、ここに夏向のバトルとドライバーとしての成長、恋愛などを当てはめていくと、どうしてもページ数は限られてくる。このような制限があるなかで、はたして作中に藤原拓海が姿を現すことはあるのか。まさに神(作者)のみぞ知るところである。

 もし登場するなら、ストーリー展開にもよるが、夏向の先生として、すでに”終わってしまった”ドライバーとして登場するのだろうか。いや、そう決めつけるのは性急過ぎるかもしれない。もしかしたら、ステアリングを握ってクルマを走らせる姿を見せつけ、『頭文字D』ファンの心を揺らしてくれるかもしれない。かつて拓海の父親である文太が、拓海の前に立ちはだかったように。

■掲載巻と最新刊情報

【画像ギャラリー】藤原拓海のかつての愛車、トヨタ スプリンタートレノ(AE86型)を写真で見る!(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ