新型スイフトターボは元気な走りが楽しい!! 【公道試乗レポート】


 直3、1Lターボ&直4、1.2Lハイブリッドのどちらも魅力的に見える新型スイフト。

 新開発のプラットフォームを採用し、大幅な軽量化と高い剛性を両立するという。その走りの実力を公道で確かめてみた。

 文:ベストカー編集部/写真:池之平昌信
ベストカー2017年3月10日号


120㎏の軽量化による走りの「功と罪」

 ハイブリッドRSが910kg、ターボのRStで930kg。この車重はライバル各車と比べて明らかに“軽い”! 

 例えばヴィッツハイブリッドは1110kg、非ハイブリッドのヴィッツ1.3Lでも1010kgである。

 新型スイフトはプラットフォームを一新し、これによりサスペンションアームやステアリングロッドなど、構成パーツの形状を最適化することができた。

 例えば従来であればクロスメンバーを避けるために複雑な形状とせざるを得なかったアーム類を直線的な形状とすることができ、結果軽量化が可能となったのだ。

 サスペンション系だけで9kg、アンダーフロアで30kg、その他各部の軽量化トータルで120kgもの軽量化を実現したという。

 この効果は絶大で、新型スイフトは走り出した瞬間に「うおっ、軽やか!」。アクセル開度の小さいところでもスルスルスルと軽やかに動き出していく感覚は軽量ボディのなせるわざだ。

 これはハンドルを切った時の動きにもあり、スッと軽やかにクルマが反応してくれるので気持ちいい。もちろんブレーキングでも軽さが生きてくる。少々キツめのコーナリングを試みたのだが、リアサスがよく粘ってスタビリティも高い。

 心配だった乗り心地も、軽さを生かした軽快な印象で、軽量化による質感の低下を感じるようなことはなく、とても上手に仕上げている。ちょっとだけ気になったのが路面からのロードノイズが少々耳に付いたこと。

ウィークポイントだった後部荷室スペースも改良された新型スイフト  

ライバルと比べて、どう評価される?

 先代型スイフトでも圧倒的な操縦安定性能を見せつけてくれたのが印象的だったのだが、結論からいえば、新型も操安性能ではパッソ/ブーン、マーチは言うに及ばず、ヴィッツやフィットなどのライバルよりも一歩以上先行している。

 ステア操作に対するクルマの反応、フロントタイヤの接地感、後輪の追従性など、なにも箱根の山道をグリグリ攻め込むような走りをする……のではなく、

 普通の道を普通に走りながら車線変更をしたり、高速道路のインターチェンジのコーナーを駆け抜けたりするだけで「違い」を実感することができる。よく動き、でも落ち着いているのだ。

 基本的にはRSグレードであればターボでもマイルドハイブリッドでも操安性能は同じである。足の動きも充分スムーズで、軽量ボディにありがちな路面からの突き上げ感や、ヒョコヒョコした軽薄な乗り味を感じることもない。

 3気筒だからフロントが特に軽いということはなく、これはターボなどの補機類が『重さ』となっているためだろう。

手前が直4、1.2Lマイルドハイブリッドで奥が直3、1Lターボ。パワートレイン自体の重量に両者大きな差はない。1Lターボは1500rpmあたりからググッと盛り上がるトルクが魅力的で走りはスポーティだ  

次ページは : 直3、1Lターボか、それとも直4、1.2Lハイブリッドか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ