【市販熱望】「ワル」バージョンのスイフトスポーツがクールでカッコいい!

■流行りの「マットブラック」仕様で会場でも大人気

 東京オートサロン2018(2018年1月12〜14日、幕張メッセで開催)では例年どおり多くのコンセプトカーが出品され、「これはいい!」、「これは今イチ」と多くのクルマ好きが期待を抱いたり失望したり、おおいに楽しんだかと思う。

 そんな中でも「これは市販してほしい!」と会場の人気を集めつつ、かつ「頑張れば(?)市販できそう」という現実味を併せ持つモデルはそう多くない。

 本稿で紹介する、「スイフトスポーツ オートサロンバージョン」はそんな希少な1台だ。

 マットブラック(ツヤ消し黒)のボディカラー&フロントグリルにブラックメッキを採用。ブラック塗装のホイールを装着すると、おお、サイドスカートとリップスポイラーの赤い配色がとってもクールに決まっているじゃないですか!

 今回は参考出品車ということで、会場で「これ市販の予定はないんですか」と聞いたところ、「残念ながら現時点ではその予定はありません(スズキブース説明員)」とのこと。

 スイフトスポーツというとどうしても「黄色」というイメージが強いが、黒基調だとこんなに引き締まるデザインなんですな! ぜひ特別仕様車として用意していただきたい! 「ワル仕様」として売れそうです!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ