アウディQ2が改良新型へ ちょっと贅沢なアクティブSUV登場!!


 近年、人気のSUVのなかでも存在感を強めているのが、街中でも扱いやすいコンパクトなSUVたちだ。輸入車でも続々と新型車が投入されているが、そのなかでもちょっと贅沢な存在なのが、アウディQ2だ。

 アウディSUVの末っ子でもあるQ2は、日本でも2017年のデビュー以来、4年連続Qシリーズトップの販売を誇る人気車だ。

今回、初のマイナーチェンジを実施し、デザインのリフレッシュや仕様の変更が行われた。そんな新型の特徴を解説しよう。

文/大音 安弘  写真/アウディ ジャパン

【画像ギャラリー】アップデートを受けたMCモデルのアウディQ2


都市型SUVのQ2が初のマイナーチェンジ

 アウディ ジャパンは、2021年2月24日、コンパクトSUV「アウディQ2」の大幅刷新を行い、5月より販売を開始することを発表した。新価格は、394万円~430万円となる。

 今回の改良のハイライトは、フェイスリフトを含むデザインのリフレッシュ、新エンジンの採用、搭載機能のアップデートなどが挙げられる。

初のマイナーチェンジで、その魅力が高められた新型アウディQ2

フェイスリフトで精悍な顔つきに

 販売が好調なQ2だけに、デザインは現行型のよさを受け継ぎつつ、よりSUVらしい精悍さを追求。

 特徴的な八角形のシングルフレームの配置を少し下げることでワイド感を強調し、往年の名車「アウディスポーツクワトロ」のイメージを受け継ぐ3分割スリットをボンネット先端部に取り入れるなどの改良を加えた。

 リアセクションでは、5角形のモチーフを取り入れたリアバンパーと新デザインのディフューザーを組み合わせることで、より力強いスタイルに進化。ヘッドライトとテールランプは、いずれもLED式が標準化されている。

 デザイン変更によるボディサイズは、ほとんどないので、機械式立体駐車場に対応可能な点も現行型同様だ。

リヤバンパー周りの造形の変化で、スポーティさと力強さを感じられるように

次ページは : ガソリン仕様の新エンジンを搭載

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ