アウディ ベンツC ボルボV40 BMW1… 価格急落でいま激オススメの輸入中古車 20選

 新車では価格が高い輸入車も、中古車なら手が届くモデルが多くなる。ここでは、3カ月前から価格が大きく下がっているお買い得でオススメの20車をご紹介! コロナ禍における価格変動についての考察も掲載。

【画像ギャラリー】BMW ベンツ プジョー ボルボ…今が一番安い!!? 価格の落ち込みの大きい輸入車をギャラリーでじっくり吟味!!!

※本稿は2020年10月のものです。掲載している価格は本誌発売時のものであり、現在の価格は変動している可能性があります
文/萩原文博、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■値下がり中でお買い得 輸入中古車 20

 2020年の中古車市場は、新型コロナウイルス感染症拡大によって大きな影響を受けている。

 緊急事態宣言が発令されたことで、ユーザーが販売店に行くことができず、5月の中古車登録台数は昨年比マイナスとなった。

 しかし、海外への輸出の再開や外出時に公共交通機関の利用を控えて、クルマで出かけるようになったことにより中古車の需要が高まった。

 この結果、6月以降中古車の流通台数が減少する一方、現在でも値上がり傾向を示す車種が多い状況となっている。

 今回現行、旧型合わせて約300モデルを調べたが、3カ月前から値落ちしていたのはなんとその1割程度。今回紹介する値落ちしている車種は、貴重な存在なのだ。

20位〜15位まではこちら

 それでは、値落ちしている車種を紹介していく。まず19位タイは値落ち率3.9%で先代VWポロと先代ポルシェパナメーラ。

 なんと現行型、旧型のポルシェで唯一値落ちしていたのは、この旧型パナメーラのみ。現行型がマイナーチェンジを行ったことが影響している。

 一方の旧型VWポロ、すでに平均価格が100万円以下で流通台数も豊富なので、ビギナーにもお薦め。

 第17位と16位にはメルセデスベンツのSUVがランクイン。17位のGLEクーペは新型が登場したことによる値落ち。

 一方、GLCは中古車の平均走行距離が延びていること、そして中古車の年式が進んだことによる値落ちとなった。

 続く第15位のアウディSQ2は登場したばかりのモデルで、最も値落ち幅が大きくなる1年目ということでランクインした。

 駆け足で、20位から15位まで紹介したが、第14位の先代Eクラスワゴンからはより詳しく紹介しよう。

14位 メルセデスベンツEクラスワゴン(先代・中古車該当年式:2010年~2016年)
中古車平均価格:3カ月前 195万円→185万円(値落ち率 5.1%)
流通量:★★★★★

 流通台数は減少傾向の中、中古車の平均走行距離が延びており、走行距離の少ない高年式車が減少したことが値落ちの要因だ。

 価格帯は約72万~約398万円となっており、初期型は100万円以下でも手に入る。グレードはE250アバンギャルドが中心だ。

 第13位は先代のアウディQ5。この旧型Q5も平均走行距離の延長に比例して、値落ち傾向となった。

13位 アウディQ5(先代・中古車該当年式:2009年~2017年)
中古車平均価格:3カ月前 185万円→175万円(値落ち率 5.4%)
流通量:★★★★★

 価格帯は約66万~約349万円で、最多グレードは2.0TFSIクワトロSラインパッケージだ。

 続いて第12位は現行型のBMW2シリーズアクティブツアラー

12位 BMW2シリーズアクティブツアラー(中古車該当年式:2014年~)
中古車平均価格:3カ月前 218万円→205万円(値落ち率 6.0%)
流通量:★★★★★

 流通台数は減少しているものの、走行距離が延びたことで値落ちとなった。すでに100万円以下の中古車も出回り始めていて価格帯は約52万~約383万円。

 最多グレードは218iラグジュアリー。

 そして第11位はフルモデルチェンジしたばかりのメルセデスベンツGLAの旧型だ。

11位 メルセデスベンツGLA(先代・中古車該当年式:2014年~2020年)
中古車平均価格:3カ月前 307万円→287万円(値落ち率 6.5%)
流通量:★★★★★

 値落ちが進んだことで、これまでの割高感が薄まっている。価格帯は約138万~約464万円と100万円台の中古車もかなり増えている。最多グレードはGLA220 4マチックとなる。

■狙い目輸入中古車 ベスト10は?

 10位は英国の高級車ブランド、ベントレーの旧型コンチネンタルGTだ。流通台数は約37台と少なめだが、70万円、6.7%という値落ち率を記録。

10位 ベントレーコンチネンタルGT(中古車該当年式:2011年~2017年)
中古車平均価格:3カ月前 1045万円→975万円(値落ち率 6.7%)
流通量:★★★☆☆

 価格帯は約658万~約1490万円となっている。特にV8モデルは割安感が高く狙い目だ。

 そして値落ち率8%で現行型メルセデスベンツCクラスワゴン、プジョー308SW、そして旧型になりたてほやほやのプジョー208が7位タイとなった。

7位 プジョー308SW(中古車該当年式:2014年~)
中古車平均価格:3カ月前 248万円→228万円(値落ち率 8%)
流通量:★★★★☆
7位 プジョー208(旧型・中古車該当年式:2012年~2020年)
中古車平均価格:3カ月前 120万円→110万円(値落ち率 8%)
流通量:★★★★★
7位 メルセデスベンツCクラスワゴン(中古車該当年式:2014年~)
中古車平均価格:3カ月前 380万円→352万円(値落ち率 8%)
流通量:★★★★★

 Eクラスワゴンに続いてCクラスワゴン、プジョー308SWとステーションワゴンの値落ちが目立っている。

 また、プジョー208は世代交代による影響による値落ちだ。価格帯はCクラスワゴンが約162万~約598万円と現行型でも100万円台で手に入る。

 プジョー308SWは約80万~約300万円で、ディーゼル車の流通台数が増加中だ。そして208の価格帯は約38万~約200万円で、50万円以下でも手に入るようになり、ビギナーにもオススメだ。

 第6位は惜しまれつつ生産終了となったボルボV40クロスカントリー。値落ち率は8.1%となっている。

6位 ボルボV40クロスカントリー(中古車該当年式:2013年~2019年)
中古車平均価格:3カ月前 247万円→227万円(値落ち率 8.1%)
流通量:★★★★★

 流通台数は166台と豊富で立体駐車場に停められるサイズなのも魅力。価格帯は約75万~約399万円で、半数はディーゼル車となっている。

 そして第5位となったのは2019年に登場したばかりの現行型BMW1シリーズ。値落ち率は8.5%とかなり大きめだ。すでに100台以上の中古車が流通しており、新車より割安ですぐに乗れる。

5位 BMW1シリーズ(中古車該当年式:2019年~)
中古車平均価格:3カ月前 388万円→355万円(値落ち率 8.5%)
流通量:★★★★★

 第4位はスーパーカー、マクラーレン570Sが値落ち率10.3%を記録。値落ち額は実に200万円オーバーを記録。

4位 マクラーレン570S(中古車該当年式:2015年~)
中古車平均価格:3カ月前 2254万円→2020万円(値落ち率 10.3%)
流通量:★★☆☆☆

 流通台数は18台と少ないが、1000万円台の中古車が増えたことで、大幅値落ちに繋がった。

 そして、第3位は現行型マセラティギブリ。流通台数は約143台と多く、値落ち率も11.3%、65万円と強力だ。

3位 マセラティギブリ(中古車該当年式:2013年~)
中古車平均価格:3カ月前 573万円→508万円(値落ち率11.3%)
流通量:★★★★★

 最安値は約280万円で、300万円台の中古車も豊富と大注目のイタリアンサルーンだ。中古車のグレードは、標準の3.0、そしてSが多く流通している。

 続いて第2位となったのは、コンパクトカーの人気モデル、フィアット500C。流通台数は80台だが、値落ち率は12.4%となった。

2位 フィアット500C(中古車該当年式:2009年~)
中古車平均価格:3カ月前 161万円→141万円(値落ち率 12.4%)
流通量:★★★★☆

 ミニと並ぶ人気モデルだが、100万円以下で購入できる中古車が多い。手軽にオープンエアを楽しめるモデルとしても注目だ。

 値落ち第1位となったのはイギリスの高級スポーツカーのアストンマーティンDB9。値落ち幅は唯一20%を超えて21.4%を記録。

1位 アストンマーティンDB9(先代・中古車該当年式:2004年~2016年)
中古車平均価格:3カ月前 815万円→640万円(値落ち率21.4%)
流通量★★☆☆☆

 流通台数はわずか19台と少ないが、最安値の中古車は418万円と500万円を切っている。

 さらに1000万円以下の中古車が増えたことで大幅な値落ちに繋がったのだ。走行距離が少ない中古車が多く、人気映画『007』の愛車も身近な存在となった。


【番外コラム】コロナ禍続く今、中古車市場は?

 中古車の最大の需要期は3月だが、今年はコロナウイルス感染症拡大と重なった。ところが、販売台数は対前年比96.6%と踏みとどまった。

 しかし、緊急事態宣言が発出された5月の販売台数は販売店を訪れるユーザーが減ったことで、販売台数は対前年比79.2%まで落ち込んでしまった。

 ただ、早くも6月からは対前年比105.8%と前年比超えとなり、その後好調が続いている。

 その結果、多くの車種の流通台数は5~6月をピークに減少傾向にあり、平均価格はそれまでの値落ち傾向から値上がりへと動きを一転させている。

 これはコロナウイルス感染症の拡大によって不特定多数の人と同じ空間に滞在する公共交通機関を避ける人が増え、家族などかぎられた人と一緒に移動できるクルマの利便性が見直されていることも大きな理由だろう。

 新しい生活習慣が広がり続ける間、値上がりは続く可能性は高い。

【画像ギャラリー】BMW ベンツ プジョー ボルボ…今が一番安い!!? 価格の落ち込みの大きい輸入車をギャラリーでじっくり吟味!!!