DS3クロスバックにEVモデル登場!! 至高のコンパクトSUVは超激戦区でも輝けるか?


 2009年初にシトロエンの高級サブブランドとして発足したのがDSオートモビルだ。2015年にシトロエンから独立したブランドとなるが、それまでの間にCS3をベースとしたDS3、ついでDS4、DS5を相次いで発表しラインナップを拡充させてきた。

 現在のラインナップはDS3クロスバック、DS4クロスバック、そして2020年に発表となったセダンモデルDS9の3車種(ただしDS9クロスバックは現在のところ日本未導入)。

「DS」で検索をかけてみると、DSオートモビルの紹介文には「フレンチ・ラグジュアリーを具現化した、パリ生まれのクルマ」との文言が掲げられている。

 実際、その「フレンチ・ラグジュアリー」がどこまで日本ユーザーを満足させられるかが、国産人気モデルの倍近くある価格差を乗り越えるカギとなるはずだ。

 今回はそんな背景をもったDS3クロスバックのEVモデル「E-TENSE(イーテンス)」に、自動車評論家 鈴木直也氏が試乗してくれた。

【画像ギャラリー】フランス流超個性派コンパクトSUV!! DS3 クロスバックE-TENSEをギャラリーで見る

※本稿は2020年12月のものです
文/鈴木直也、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■シリーズ初のEVモデル「DS3クロスバックE-TENSE」

 PSAはプジョーとシトロエンをルーツとする自動車メーカーだが、そのなかでプレミアムブランドとして独立したのがDS。

 そこには高級車ブランドの復興を目指すフランスの悲願が込められている。

 あえて「復興」と表現したのは、第2次大戦前のフランスはドイツやイギリスと並ぶ高級車大国だったからだ。

 カロシェ(カロッツェリア)がドライエやドラージュをベースに上流階級向けカスタムコーチワークを手がけ、ブガッティがGPレースでメルセデスやアルファと覇を競っていたのが戦前のフランス。

 アートやファッションに関してはフランスは現在も世界をリードしているのに、こと高級車に関しては後れを取っている……。

 それに対する反撃として、DSはフランス独自の世界観を体現したプレミアムカーを目指している。

 そのDSの立ち位置を、今最もよく現わしているのが、シリーズ初のEVとなるDS3クロスバックE-TENSEだ。

DS3クロスバック E-TENSE。2019~2020年王者のフォーミュラEで鍛えた電動化テクノロジー「E-TENSE」を採用するEV。100kWのモーターと50kWhのリチウムイオン電池を搭載する

 標準DS3クロスバックでもオシャレだった内外装のデザインは、ホワイトのナッパレザーシートやダイヤモンドキルトの革張りインパネなどでさらにグレードアップ。

 全長4120mm、全幅1790mmのコンパクトSUVなのに、やたらキラキラした高級感にあふれている。

試乗車はファブリック/ナッパレザーコンビネーションシートやダッシュボードなどをホワイトで揃えた内装で鮮烈
ダイヤモンド型を随所に使ったインテリアはDS共通のテイストとなる

 こういう、デザインとファッション性で攻めるプレミアムカー戦略は、電動化時代にこそまさにうってつけだ。

 例えば、DS3クロスバックE-TENSEの価格はエントリー約500万円。リーフe+とほぼ同価格だ。

 しかし、パワーや航続距離など、カタログスペックではリーフ圧勝。

価格は約500万円。航続可能距離はJC08モードで398km、欧州WLTPモードで320km

 シトロエン伝統のしなやかな乗り心地は大きな魅力だが、それを別にすれば走りで特筆すべきポイントはほとんどない。

 従来の価値観だと、DS3クロスバックE-TENSEは割高なだけでいいとこなしに見える。

 ところが、実車に接してみると印象はその真逆。

 デザインや内装の凝った作り込みについては、このスペースではとても説明しきれないほど見どころ多数で、オシャレ度や持つ喜びに関しては大差でDS3クロスバックE-TENSEに軍配が上がる。

前席
後席

 EVは走りでは内燃機関ほどの差別化は難しい。それよりも、デザインにおける芸術性や工芸品のような価値観、あるいはもっと幅広い「文化」といっていいようなものが、プレミアムカーにとって重要なブランド価値になる。

 DS3クロスバックE-TENSEは、その戦略が見事に開花したプレミアムEVだと思う。

●DS3クロスバック E-TENSE Grand Chic 主要諸元
・全長×全幅×全高:4120×1790×1550mm
・ホイールベース:2560mm
・車両重量:1580kg
・最小回転半径:5.3m
・最低地上高:185mm
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池/50kWh
・最高出力/最大トルク:136ps/26.5kgm
・一充電走行距離:398km(JC08モード)
・サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
・タイヤサイズ:215/55R18 
・価格:534万円
・CEV補助金:39万6000円
※地方自治体による助成金、5年度分の自動車税免税あり

■既存2車種についてもレビュー!

●DS3クロスバックGrand Chic(1.2Lターボ)

 大ヒットしたライズ/ロッキーは、200万円前後のお手頃価格が魅力。それが普通のマーケティング感覚だろう。

 ところが、DS3クロスバックGrand Chicの価格はほぼ倍の426万円。「小さな高級車」というコンセプトを徹底している。

DS3クロスバック(Grand Chic/1.2Lターボ)

 3気筒1.2Lターボは想像以上にトルキーだし、アイシン製の優れた8ATとのマッチングも上々だが、それだけでこの価格を正当化するのはムリ。

 やはり、個性的なスタイリングと凝った内装こそが、このクルマの魅力のコアだと思います。

●DS3クロスバック Grand Chic 主要諸元
・全長×全幅×全高:4120×1790×1550mm
・ホイールベース:2560mm
・車両重量:1280kg
・最小回転半径:5.3m
・最低地上高:185mm
・エンジン:直3、1.2L DOHCターボ
・最高出力/最大トルク:130ps/23.5kgm
・トランスミッション:8AT
・WLTCモード燃費:18.2km/L
・サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
・タイヤサイズ:215/55R18
・価格:426万円

●DS7クロスバックGrand Chic(1.6Lターボ)

 価格は豪華なOPERA内装で約590万円。国産だとマツダCX-5クラスのミドルSUVとして強気の値付けと言っていい。

 こちらもその売りは内外装で、とりわけ細部の作り込みに凝った内装は、ほかでは得難い魅力。

DS7クロスバックGrand Chic(1.6Lターボ)

 また、ハイドロ時代の再現とまではいかないが、前方の路面をセンシングしてダンパー減衰力を制御する“アクティブスキャンサスペンション”など、乗り心地へのこだわりも並々ならぬもの。

 エキセントリックなところがいかにもフランスの高級車らしくて面白い。

●DS7クロスバック Grand Chic 主要諸元
・全長×全幅×全高:4590×1895×1635mm
・ホイールベース:2730mm
・車両重量:1570kg
・最小回転半径:5.4m
・最低地上高:200mm
・エンジン:直4、1.6LDOHCターボ
・最高出力/最大トルク:225ps/30.6kgm
・トランスミッション:8AT
・JC08モード燃費:14.7km/L
・サスペンション(F/R):ストラット/マルチリンク
・タイヤサイズ:235/45R20
・価格:542万円

【画像ギャラリー】フランス流超個性派コンパクトSUV!! DS3 クロスバックE-TENSEをギャラリーで見る

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ