ベンツSクラス 8年ぶりにフルモデルチェンジ!! “超革新”を見た!!

8年ぶりのFMCでさらに一歩先へ! 世界のフラッグシップサルーン ベンツSクラスに“超革新”を見た!

 8年ぶりのフルモデルチェンジを受けたベンツSクラス。その中身はまさに近未来のクルマの進むべき道を示しているかのような内容だった!

 世界のフラッグシップサルーンたるベンツSクラス、その“超革新”の中身に迫る!

●新型ベンツSクラス・グレード・価格
・S400d 4MATIC:1293万円
・S500 4MATIC:1375万円

※本稿は2021年2月のものです
文/ベストカー編集部 写真/Mercedes-Benz
初出:『ベストカー』 2021年3月10日号

【画像ギャラリー】要注目! 国内上陸を果たしたベンツ 新型Sクラスをギャラリーで見る


■近未来のクルマはベンツSクラスから始まる…のか!?

 結局、ベンツSクラスなんだよな~!

 8年ぶりのフルモデルチェンジで新型に切り替わったベンツのフラッグシップ、Sクラスは「近未来のクルマ」を体現しているってことを痛感させられる。

標準ボディで5180mm、ロング仕様だと5290mmにもなる全長の新型Sクラス
全幅は1920mmあり、かなりの大型ボディだが、余計なキャラクターラインのない、シンプルな面で構成されたプロポ—ションが印象的

 パワートレーンこそ3Lガソリンターボマイルドハイブリッドと3Lディーゼルターボ(ともに直6!!)で、ある意味コンベンショナル。

 だけど最先端の運転支援システムや、3DコックピットディスプレイやARナビゲーションヘッドアップディスプレイなどに代表される先進的コックピットなど、これでもか! というほど近未来感漂う技術を詰め込んでいる。

大きなセンター液晶パネルに操作スイッチを集約したことで物理的スイッチを削減。メーターパネルは液晶表示で、ドライバーの視線を追跡するカメラによって、メーター表示が立体的に表現される「3Dコックピットディスプレイ」を採用する
世界初の「後席エアバッグ」を用意。チャイルドシートを使っていたり、小さな子供から大柄な大人まで、さまざまな体形の乗員が座る後席のエアバッグは、形状や展開の仕方、衝撃吸収の方法など独自の技術が詰め込まれているという

■まずはS400d・S500の2タイプ設定。それぞれに標準ボディと“ロング”を設定

 とりあえず現状のラインナップはS400d(3Lディーゼルターボ:330ps/71.4kgm)とS500(3Lガソリンターボ:435ps ・53.0kgm)の2タイプで、それぞれに全長5180mmの標準ボディと5290mmの“ロング”が設定されている。

 全モデル「4MATIC」と呼ばれる4WDで、2WDの設定はない。

 大型ボディの取り回しを高めるため、リアアクスルステア、つまり4WSを採用。後輪は60km/h以下では最大4.5度の逆位相を、それ以上の車速域では最大3度までの同位相をするシステムだ。

駐車時を含む60km/h以下では前輪の転舵に連動して逆向きに最大4.5度転舵して小回り性を高める。60km/hの高速時は同方向に最大3度転舵してスタビリティを高める
最小回転半径は5.4mと、小回りがきく

 エクステリアは写真を見てのとおり。最近のベンツ車に共通するシンプルな面で構成される存在感あるプロポーション。Cd値は0.22と優れた空力性能を実現する。

 インテリアはますますグラスコックピット化が進化していて、センターディスプレイは12.8インチの縦型有機EL。

12.8インチの縦型有機ELを採用したセンターディスプレイ

 エアコンやオーディオをはじめ、車両状態の各種設定は音声コマンドでもできるし、このセンターディスプレイで行うため、物理的スイッチは最小限に減らされた。

 運転支援システムはこれまでの機能をブラッシュアップしてさらに強化。アクティブブレーキアシストは右左折時の歩行者、自転車にも対応するなど進化した。

 価格は1293万円から。これ、とってもお買い得価格だと思います!

ヘッドアップディスプレイにはARナビゲーションを表示することも可能で、先進的な装備を満載する
「ロング」仕様にオプション装備される「コンフォートパッケージ」仕様の後席。最大43.5度のリクライニングが可能でフットレストも装備される。

次ページは : ■ベンツ新型Sクラス 主要諸元