得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情


 TVCMやチラシで高らかに宣言される「特別仕様車」。車種によっては数年間ずっと設定され続けることも珍しくなく、しかも「販売台数のほとんどがこの特別仕様車」なんてこともあるくらい。

 この「特別仕様車」、よく目にするけど、いったいなにが「特別」なんでしょうか。ユーザーのため? メーカーのため? 販売店の都合?? 販売や流通に詳しい渡辺陽一郎氏が解説してくれました。

文/渡辺陽一郎 写真/トヨタ

【画像ギャラリー】1年中売り続けてる! どこが特別!? 販売の中心になっている特別仕様車たち


■特別な仕様というよりも上級装備を標準装着した買い得車

 大半の乗用車には、複数のバリエーションが用意される。最も分かりやすいのは、エンジンや装備の区部に応じた「グレード」だ。

 例えばシエンタであれば、エンジンはノーマルタイプとハイブリッド、駆動方式は前輪駆動の2WDと4WD(ノーマルエンジンのみ)を選択できる。車内のレイアウトには、2列シートのファンベースと3列シートの標準仕様があり、それぞれにベーシックなX、中級のG、上級のGクエロという3グレードを設定した。

 さらにLEDランプパッケージ、スマートエントリーパッケージなどのセットオプション、アルミホイールなどの単独オプションがあり、幅広いニーズに対応している。

 その一方で車種によっては「特別仕様車」も設定される。「特別」という言葉からは、高性能なエンジンを搭載したり、豪華な本革シートを備える文字通り特別な仕様を連想するが、実際は違うことが多い。

 既存のベーシック、あるいは中級グレードを使って、上級グレードやメーカーオプションの装備を加えたタイプになる。

得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情
シエンタの特別仕様車「FUNBASE G“Safety Edition”」。現在、販売の多くがこの仕様だそう

 前述のシエンタには、Gセーフティエディションが用意される。2列シートのファンベースを含めて、Gをベースに人気の高い安全装備などを追加した。

 ノーマルエンジンを搭載する3列シートのGセーフティエディションでは、Gにオプション設定されるスーパーUVカット&シートヒーターパッケージ(4万2900円)、インテリジェントクリアランスソナー(2万8600円)、パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ(5万8300円)を加えている。

 これらのオプション価格を合計すると12万9800円だ。一方、Gセーフティエディションの価格は219万6000円、Gの価格は209万8000円だから、価格の上乗せは9万8000円になる。12万9800円の装備を9万8000円で得られるため、Gセーフティエディションは3万1800円割安だ。

 このようにGセーフティエディションは、特別な仕様というより、上級装備を割安に標準装着した買い得車になる。特別仕様車には、買い得感を強めたタイプが圧倒的に多い。

■決算期には販売車の大半が特別仕様車になることも

 そして決算期などクルマが大量に売れる時は、特別仕様車を集中的に扱う。トヨタの販売店では次のように述べた。

 「決算期にはシエンタならセーフティエディション、ヴォクシーならZS煌IIIという具合に、買い得な特別仕様車を中心に売る。大量に販売できる時期だから、在庫車を持つ場合もある。そして在庫車は、3月末までに登録して弊社の決算に反映させることが前提なので、割安な特別仕様車からさらに値引きも行う」。

 このように特別仕様車は、価格を割安に抑え、なおかつ値引きや各種のサービスも相応に行って競争力を高めた。そこを生かして一気に売り込む戦略だ。

 そして特別仕様車は、メーカーや販売店にとって、既存のグレードよりも効率の優れたクルマに仕上げられている。

 ヴォクシーZS煌IIIの場合、メーカーオプションの選択肢は、普通のグレードに比べて圧倒的に少ない。ボディカラーも4色のみで、実質的にブラックかホワイトの二者択一だ。

得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情
ヴォクシーの特別仕様車「ZS“煌(きらめき)III”」
得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情
ヴォクシー「 ZS“煌III”」インパネ

 特別仕様車は売れ筋タイプに絞り、量産効果も高めることで、割安な価格を実現して売れ行きを伸ばす。そして特別仕様車は人気の仕様のみだから、好調に売れて、なおかつ中古車として流通させる時も有利だ。

 メーカーや販売店にとってメリットの多い仕様だから、価格も割安に抑えた。その結果、決算期などは、販売されるクルマの大半が特別仕様車になる車種もある。

 また特別仕様車でありながら、長期間にわたって売られるタイプもある。シエンタGセーフティエディションは、2020年1月に設定されたので、すでに1年以上にわたり販売を続けている。ヴォクシーZS煌も定番の特別仕様車で、常に販売している印象を受ける。

 それならグレードに変更する方法もあるだろう。

 例えばセレナの売れ筋グレードとされるXVとハイウェイスターVは、もともとX・VセレクションとハイウェイスターVセレクションという特別仕様車で、これをグレードに変更したものだ。

【画像ギャラリー】1年中売り続けてる! どこが特別!? 販売の中心になっている特別仕様車たち

次ページは : ■特別仕様車が「グレード」にならない3つの理由

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ