得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情

得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情

 TVCMやチラシで高らかに宣言される「特別仕様車」。車種によっては数年間ずっと設定され続けることも珍しくなく、しかも「販売台数のほとんどがこの特別仕様車」なんてこともあるくらい。

 この「特別仕様車」、よく目にするけど、いったいなにが「特別」なんでしょうか。ユーザーのため? メーカーのため? 販売店の都合?? 販売や流通に詳しい渡辺陽一郎氏が解説してくれました。

文/渡辺陽一郎 写真/トヨタ

【画像ギャラリー】1年中売り続けてる! どこが特別!? 販売の中心になっている特別仕様車たち


■特別な仕様というよりも上級装備を標準装着した買い得車

 大半の乗用車には、複数のバリエーションが用意される。最も分かりやすいのは、エンジンや装備の区部に応じた「グレード」だ。

 例えばシエンタであれば、エンジンはノーマルタイプとハイブリッド、駆動方式は前輪駆動の2WDと4WD(ノーマルエンジンのみ)を選択できる。車内のレイアウトには、2列シートのファンベースと3列シートの標準仕様があり、それぞれにベーシックなX、中級のG、上級のGクエロという3グレードを設定した。

 さらにLEDランプパッケージ、スマートエントリーパッケージなどのセットオプション、アルミホイールなどの単独オプションがあり、幅広いニーズに対応している。

 その一方で車種によっては「特別仕様車」も設定される。「特別」という言葉からは、高性能なエンジンを搭載したり、豪華な本革シートを備える文字通り特別な仕様を連想するが、実際は違うことが多い。

 既存のベーシック、あるいは中級グレードを使って、上級グレードやメーカーオプションの装備を加えたタイプになる。

得なのか? 損か?? 誰のため??? 全然特別でない「特別仕様車」が設定される裏事情
シエンタの特別仕様車「FUNBASE G“Safety Edition”」。現在、販売の多くがこの仕様だそう

 前述のシエンタには、Gセーフティエディションが用意される。2列シートのファンベースを含めて、Gをベースに人気の高い安全装備などを追加した。

 ノーマルエンジンを搭載する3列シートのGセーフティエディションでは、Gにオプション設定されるスーパーUVカット&シートヒーターパッケージ(4万2900円)、インテリジェントクリアランスソナー(2万8600円)、パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ(5万8300円)を加えている。

 これらのオプション価格を合計すると12万9800円だ。一方、Gセーフティエディションの価格は219万6000円、Gの価格は209万8000円だから、価格の上乗せは9万8000円になる。12万9800円の装備を9万8000円で得られるため、Gセーフティエディションは3万1800円割安だ。

 このようにGセーフティエディションは、特別な仕様というより、上級装備を割安に標準装着した買い得車になる。特別仕様車には、買い得感を強めたタイプが圧倒的に多い。

次ページは : ■決算期には販売車の大半が特別仕様車になることも

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ