欧州No.1SUVはダテじゃない!! ルノー新型キャプチャーの革命的進化


 2021年2月に日本でも第2世代へアップデートを果たしたルノーのSUVモデル キャプチャー。そのキーワードは「質感のこだわり」。

 しなやかな筋肉美を彷彿させるスタイル、進化を遂げたインテリア、新設計の高剛性シャシー、爽快感と余裕をもたらす1.3L直噴ターボ……。これらすべてにこだわりの質感が漂う。

 このクルマのことをもっと知りたい。そう思った本企画担当、“謎のフランス人”サトーシ・ポルナレフにその魅力を聞いてみた!

●ルノーキャプチャー グレード・価格(税込)
・インテンス…299万円
・インテンス テックパック…319万円

※本稿は2021年2月のものです
文/塩見 智 写真/Renault、ベストカー編集部 撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】本文だけでは伝えきれない! カラバリ含め新型キャプチャーのさらなる魅力をギャラリーでチェック!!!


■「革命的な進化」。どこが変わった?

──先代とは雰囲気が変わったデザイン。どんな印象を持ちますか、サトーシさん

 ボンジュール、サトーシ・ポルナレフです。

こちらがサトーシ・ポルナレフ。都内在住のフランス人だ。どことなーく自動車評論家の塩見智氏に似ている気もするが……?

 ムッシュはこのデザインにフランスのエスプリを感じませんか? 不感症? 初代キャプチャーは2013年に登場し、コンパクトSUV不毛の地だった欧州を中心に大ヒット。170万台以上が売れました。

 新型はジャポンを含む世界中でヒットさせようと、前後ランプまわりに特徴的なCシェイプをあしらい、あちこちにキャラクターラインを入れるなど、わかりやすいカッコよさを追求していますね。

ルノー 新型キャプチャー。エクステリアは躍動的でありダイナミックでもある

──インテリアは「革命的な進化を遂げた」とルノーは自信満々ですが?

 フランス人はすぐに「革命的」と表現します。この場合は日本風に言えば、パチンコ店の新装開店程度のノリと思っていただければOK。ただ力が入っているのはホント。

 例えば手に触れる部分はソフトパッドで覆われ、手触りトレビア~ン。フランス車といえば、この間までバリでケガしそうなプラスチック素材丸出しの内装だったのに。

欧州コンパクトSUVではベンチマーク的存在のモデル。上質さもあり、華やかさもある。ボディカラーは6タイプを揃える(画像ギャラリーでご紹介)

──「スマートコクピット」と呼ばれる構造はいかがですか?

 凝っていますね。ただセンターパネルからもっこり飛び出した部分にATセレクターがあり、その下が物入れなのはよいのですが、物入れに何があるか見えないので使い勝手は△です。

その部分にはスマホの充電機能もあるのですが、スマホが丸っきり隠れてしまうので、慣れるまでスマホを忘れて降りることになるでしょう。

ドライバー中心に設計された「スマートコクピット」。ナビ兼用のパネルがわずかに運転席側へ向き心地いい。「インテリア質感には力を入れました」(ルノー広報)2トーンのインテリアは上のオレンジボディのみで、その他は黒基調となる

■日産との共同開発で生まれた新プラットフォーム

──新開発の「CMF-Bプラットフォーム」の印象や乗り心地はどうですか?

 このプラットフォームは日産との共同開発です。日産といえばジャポンの皆さん、フランスから送り出した元トップが箱に入って逃げちゃってごめんなさい。

 それはともかくこのプラットフォームはボディ剛性が高く、速度域を問わず快適な乗り心地をもたらします。共有するルーテシアや日産ノートも好印象なので、これがカベソー並みのプラットフォームであることは間違いありません。

──カベソー?

 ワイン用ぶどう品種のカベルネ・ソーヴィニヨンですよ。褒め言葉です。ムッシュはワンカップ大関しか飲まないから知らないのですね。あとでググって。

新設計の軽量・高剛性「CMF-Bプラットフォーム」採用。初代のプラットフォームより50kg軽くなったが高剛性。バランスのよさが自慢

──新開発の1.3L直噴ターボ。電子制御7速ATと組み合わされた走りの印象やパワー感はどうでしょう?

 スペック以上の力強さを感じさせます。地球全体のため……はともかく、キャプチャーオーナーには電動化は不要不急です。

Cセグに近づいた高い性能。1.3L直噴ターボエンジンを搭載。新開発のエンジンは余裕の走りを見せ、WLTCモードも17.0km/Lと低燃費

──そのほかの魅力も多いようなモデルですけど……。

 車線中央維持支援付きACCをはじめとする先進運転支援システムを搭載することができたのは、ルノーが遅れていた部分を克服したという意味で大きいです。実際、動作精度は高く、安心感がありました。

ACCはストップ&ゴー機能付き。先行車が3秒以内に発進すると自動的に再発進し、とても便利。そのほか車線中央維持支援、後側方車両検知警報、オートハイ/ロービーム、360°カメラなど機能充実!

 また後席足下が拡大したほか、後席用のエアコン吹出口やUSBソケットが設置されました。フランス人もやればできるんですよ「O・MO・TE・NA・SHI おもてなし」的なことが。東京五輪は大丈夫ですか?

前席(上)と→
→後席(下)。後席の写真は黒基調のモデル。足元は初代より+17mm広い

次ページは : ■目指すのは「脱・Bセグ」?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ