形を変えて再ブーム!? なぜクーペに復活の兆し?? SUVやセダンに設定相次ぐ訳


  「デートカー」で流行も、衰退の一途をたどっていたクーペにふたたび脚光!?

 かつては、ホンダのプレリュード、日産のシルビアなど、デートカーとして一世を風靡したものの、近年は衰退していたクーペが形を変えていま、ふたたび注目を集めつつある。

 欧州のメルセデスベンツやBMWはセダンながらクーペルックをもつ“4ドアクーペ“を相次いで投入しているほか、近年大流行しているSUVでも、ホンダのヴェゼルやトヨタ ハリアーなどの国産勢を筆頭に、欧州車もクーペのように車体後端をなだらかに傾斜させた“クーペSUV”が多数投入されている。

 なぜいまクーペルックの車が増えているのか?

文/御堀直嗣 写真/TOYOTA、BMW、GM、HONDA、SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】ぱっと見クーペ!! クーペ風シルエットを持つSUV&セダンと今や希少な国産正統派クーペを見る


■人気SUVにもクーペルック多数

トヨタ ハリアーのサイドシルエット。最近、ルーフ後方から車体後端までがなだらかに傾斜したクーペ風のシルエットを持つ車種が増えてきている

 世界的にSUV(スポーツ多目的車)の人気は堅調で、さらに近年ではコンパクトSUVの販売が好調だ。そうしたなかで、目につくのは、SUVでありながらクーペのように車体後端がなだらかに傾斜し、流麗な姿を採り入れた車種があることだ。

 そもそもという話をすれば、SUVは、悪路走破を第一の性能と位置付ける本格4輪駆動車に比べ、より身近な車種であるとはいえ、最低地上高を確保することにより未舗装路も走れることを利用し、郊外での野外活動などを行う道具を運んだりするのに便利な実用性が人々に愛用される魅力だ。

 荷室の容量が大きいことが求められ、ステーションワゴンのように車体後半は屋根が高く、後端のハッチバックまで荷物を載せやすい形が重要だった。

 クーペのように屋根をなだらかに低く下げていったり、ハッチバックを寝かせた造形にしたりすれば、そのぶん、荷室容量は減ることになる。それでも、クーペのような造形を採り入れたSUVが目につく昨今である。

 たとえば日本車では、トヨタのハリアーは2003年の2代目からこうした傾向を強めている。

 レクサスもNXは当初からハッチバックが傾斜した造形で、開発の狙いは「プレミアム・アーバン・スポーツギア」とした。そのようにSUVでも都市での日常的な利用を重視した車種は、積載性という実用性より見栄えのよさに比重を置いた外観となっているようだ。

 ほかにも、トヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルなども、造形を重視する様子が見える。逆に同じトヨタでも、RAV4やランドクルーザーなどは実用性重視の外観で、うまく棲み分けもできているのではないか。

■伝統セダンにも「変化」 BMWやベンツも4ドアクーペ投入

セダンのクラウンまでがクーペ風シルエットを採用する

 クーペのような外観の傾向は、SUVに限らず、実は4ドアセダンやステーションワゴンでも採り入れられるようになってきている。

 トヨタ クラウンも、かつてに比べずいぶん後ろの窓ガラスが傾斜しているし、米国で高い人気を保持するカムリは、現行車の開発段階で格好よいことが何より重視され、クーペのように見える後ろ姿となっている。ホンダ アコードも同様の傾向といえるのではないか。

 輸入車では、ドイツのアウディが早くから4ドアセダンの後ろ姿をクーペのように造形し、メルセデスベンツやBMWも同様の傾向がある。そのうえで、メルセデスベンツは、4ドアクーペのCLSを2005年に発売し、現在は3代目まで継続されている。のちに、CLAという小型の4ドアクーペも発売されるようになった。

 BMWでは、奇数番号のシリーズは従来から伝統的に販売されている車種で、これに偶数番号のシリーズが加わり、これがクーペやカブリオレといった付加価値のつく車種に位置づけられている。

BMW 2シリーズ グランクーペ。4枚のドアと2列目座席を持ちながら、車名に堂々と「クーペ」の名を冠している

 そうしたなか、2シリーズのグランクーペが4ドアで国内でも人気があり、理由の一つは、駐車枠の幅に制約の多い国内では、クーペのような格好いい外観でありながら、一枚のドアが2ドアのように大きくなりすぎない4ドアクーペが便利でいいところにあるようだ。

 スウェーデンのボルボは、人気のステーションワゴンでV90は荷室容量を確保できるリアハッチゲートだが、V60ではV90に比べ傾斜させ、クーペのような雰囲気を与えている。デザイナーもその点を強調している。

 使ううえでの合理性では、外観の造形もその目的に合わせた形であるべきだろうが、同時にまた、人間の欲求として、姿がいいことも期待するところだ。それが従来型の合理的造形だけでなく、クーペの姿を採り入れる車種が生まれる背景だろう。

 また暮らしの様子も、世界的に大都市化が進行しており、SUVやステーションワゴンのような実用性を求められる車種でも、日常的な都市で移動に利用する機会が増え、積載性などより格好よさが求められる場面が増えていることもあるだろう。

 そしてクーペ的な姿となれば、日常の運転操作に対する俊敏性もより高まることになる。

次ページは : ■米国の根強いクーペ人気も背景に

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ