2代目がついにデビュー!! トップを奪える実力あり! 明かされた新型ヴェゼルの全貌


 2021年4月23日、ホンダは新型『VEZEL(ヴェゼル)』の発売開始することを発表した。ついに、ホンダのコンパクトSUVの大本命が、激戦状態の国内コンパクトSUV市場へと舞い降りることとなる。販売計画台数は5000台/月だ。

 新型ヴェゼルのコンセプトは「AMP UP YOUR LIFE(生活の楽しさを倍増しよう)」。アクティブで、新しいものにオープンな人々に向け、実用性だけでなくプラスアルファの体験価値を提供したい、という意味が込められており、先代ヴェゼルが備えてきた使い勝手のよさを元に美しいデザインを加え、さらに爽快なドライビングフィールを与えたという。

 ご存じのとおり、先代の初代ヴェゼルは、デビュー直後から大人気で、2014年から2019年まで、販売台数ランキングで常に15位以内にランクインしつづけた人気車だ。そのため、新型への期待も非常に高い。本稿では、注目の新型ヴェゼルの詳細スペックを確認しつつ、ヴェゼルは今回の新型でも、先代と同じように成功することができるのか、考察していく。

文/吉川賢一
写真/奥隅圭之、HONDA、吉川賢一

【画像ギャラリー】よりクールに進化!新型「ヴェゼル」魅力満載な写真集


■25mmも全高を下げ、スタイリングを一新させた

 新型ヴェゼルのボディサイズは4330(±0)×1790(+20)×1580(-25)(全長×全幅×全高)mm、ホイールベースは2610(±0)mmだ(カッコ内は同車前型との差分)。全幅がやや広がり、背が低くなっている。ただし、前型ヴェゼルのRSやツーリングとは全幅は同じだ。大きくなったように見えるのは、デザインが大きく様変わりしたことが影響していると思われる。

 車両重量は、e:HEV 2WDが1350kg(4WDは1430kg)、ガソリン2WDが1250kg(4WDは1330kg)と、先代よりも80kg近く増えている(先代はハイブリッド1270kg、ガソリン1180kg)。先進安全技術や、質感向上のための車体対策などを織り込んでいった結果というが、スリムな外観に反し、ややメタボにも思えてくる。となると、先代ヴェゼルが持っていた「軽快なハンドリング感」が、どれほど維持されているかは、おおいに気になるところだ。(参考:キックス2WD(1350kg)、ヤリスクロスHV 2WD(1190kg)、CX-30 2WD(1380kg)

新型ヴェゼルがいよいよ発売となる。先代と比べて、サイズは若干ロー&ワイドになった感じだがより大きく見えるのは流れるようなデザインとなったおかげだろうか?

 なお、前型にあった17インチホイール(215/55R17)の仕様は廃止となり、16インチ(215/60R16)と18インチ(225/50R18)の2パターンとなった。最小回転半径は変わらず、16インチ仕様が5.3m、18インチ仕様が5.5mとなる。国産コンパクトSUVとしてはやや大きめであり、狭いところでの小回りがいいとは言えない。(参考:キックス5.1m(17インチ)、ヤリスクロス5.3m(18インチ)、CX-30 5.3m(18インチ)

 ちなみにタイヤは、18インチがミシュラン「プライマシー」(前型のツーリングと同タイヤ)。16インチがハンコック「KINERGYエコ2」だ。ホンダの開発担当者によると、ハンコックの16インチタイヤは、燃費や乗り心地、操安性能、コスパと、バランスの取れたタイヤだそうだ。

16インチ仕様は、ハンコック製KINERGYエコ2を標準装着する サイズは215/60R16。今までコスパで注目されてきたアジアンタイヤだが、ハンコックは、性能でも日系タイヤと肩を並べるようになってきた

■1.5Lガソリンとe:HEVの2本立て、ターボは廃止に

 パワートレーンは、新開発の1.5Lガソリンエンジンと、1.5Lエンジン+2モーターハイブリッドシステムの「e-HEV」、2つの仕様となり、先代にあったVTECターボは廃止となった。

 新開発となる1.5L i-VTECガソリンエンジンは、先代よりも出力は下げながらも(129ps/15.6kgfmから118ps/14.5kgfmへとダウン)、先代の素早く元気のあった特性から、リニアで扱いやすい特性へとセッティングを変更、『フィット』で採用された新開発のCVTのギアレシオも、フィットに対してローレシオ化(4.992から5.436)している。

 また、ベアリングのフリクション低下や電動油圧ポンプの出力拡大などで燃費を改善、さらには、コーナーで横Gを検知するとエンジン回転を高く保ち、立ち上がりでのスムーズな加速を狙った「ブレーキ操作ステップダウンシフト」など、新型ヴェゼルのキャラクターに合わせて、最適化を図っている。なお、WLTCモード燃費は17.0km/Lを達成する。

●新型ヴェゼル1.5Lガソリンエンジンスペック

・最高出力87kW(118ps)/6600rpm

・最大トルク142(14.5)/4300rpm

・2WDのWLTCモード燃費17.0km/L(市街地12.8、郊外17.7、高速19.2)

 e:HEVも、新型ヴェゼルに合わせたチューニングが施されている。モーターのトルクアップのため、バッテリーセル数を増やし(48→60セル化)、IPU(バッテリーと制御装置が一体になったパーツ)を刷新、効率的なレイアウトへと修正している。これによって、フィットのe:HEVに対してモーター出力が向上(109ps/253Nm→131ps/253Nm)、発進時から高速まで、伸びのある加速感が楽しめる。

「ヴェゼル」の売れ筋となるであろう、e:HEV仕様。現行「フィット」と同形式ながら、ヴェゼル専用チューニングによりモーターの出力が向上。キレのある走りが期待できる!

 なお、WLTCモード燃費は25.0km/Lを達成、このカテゴリではTOPクラスだ。(参考:キックス(21.6km/L)、ヤリスクロスHV 2WD(27.8km/L)、CX-30 ディーゼル(19.2km/L))

●新型ヴェゼルe:HEVスペック

・エンジン最高出力78kW(106ps)/6000~6500rpm

・最大トルク127(13.0)/4500~5000rpm

・モーター最高出力96kW(131ps)/4000~8000rpm

・最大トルク253Nm(25.8kgfm)/0~3500rpm

・e:HEV X(2WD)のWLTCモード燃費25.0km/L(市街地24.7、郊外27.1、高速23.9)

 また、e:HEVに設定された4WDには、4輪へ最適な駆動力配分を行う「リアルタイムAWD」システムを採用した。後輪用のモーターを積むのではなく、オーソドックスなプロペラシャフトを通して後輪へと動力を伝えており、後輪デフ位置に内蔵したクラッチで、2WDと4WDを切り変えるという。後輪へダイレクトに駆動を伝えることで、優れた走破性を狙ったそうだ。

e:HEV仕様には、「リアルタイムAWD」仕様も設定される。電動四駆ではなく、リアデフが存在し、確実に駆動力が伝わる。悪路走破性も向上した模様だ

 実際に、簡易モーグル路を試乗させてもらったが、1輪が完全に浮いてしまっても、空転したタイヤのブレーキを制御することで、駆動がすっぽ抜けることはなく、安心感のある乗り味だった。

次ページは : ■エクステリアの細部には空力機能がたくさん 

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ