NO.1はランクル!? 購入前に知っておきたいリセールバリューが高いSUV 安いSUV


 売却する時のリセールバリューを考えてクルマを購入するなんてナンセンス、自分のほしいクルマに乗るべきだ。という意見の方もいるはず。

 しかし結婚や出産といった自分のライフステージの変化に合わせて、クルマを買い換えていくということであれば、次の買い換えで少しでも負担を減らしたい、 ということでリセールバリューを考えたクルマ選びを行うことを否定できない。

 人気の高いモデルであれば、最初の車検前まで乗って手放すと購入時とほぼ同じ価格で買い取ってくれるということもあるからだ。

 そこで、今回は、現行型SUVのなかから、人気の高い12モデルをピックアップし、リセールバリューを調べてみた。はたして、どのSUVのリセールバリューがいいのか?

文/萩原文博、写真/ベストカー編集部 トヨタ スバル マツダ ホンダ

【画像ギャラリー】現行モデルの国産SUVをまとめてチェック!


■リセールバリューのいいSUV/ランドクルーザー


●2019年式残価率78.4%、2018年式残価率78.4%

現行型のランドクルーザーは既に受注を終了。間もなくフルモデルチェンジされる可能性が高い

現行ランドクルーザー200の中古車情報はこちら!

 圧倒的な残価率をキープしているのが、ランドクルーザーだ。200系と呼ばれる現行モデルは2007年に登場し、すでに約14年も販売されているロングセラーモデル。

 2011年、2015年にマイナーチェンジを行い、内外装をリフレッシュするとともに最新の運転支援システムである、トヨタセーフティセンスを採用するなどトヨタの最上級SUVとして商品力を高めてきた。

 現在搭載されているパワートレインは4.6L、V8ガソリンエンジン+6速ATの1種類。駆動方式も4WDのみで、乗車定員はエントリーグレードのGXのみ5人乗りで、そのほかは8人乗り3列シートをレイアウトしている。

 中古車の流通台数が最も多い4.6ZX 4WDの下取り価格を調べてみると、2019年式では約547万円、残価率78.4%と今回調べたクルマの中で最も高い残価率を示した。

 そして3年落ちとなる2018年式の下取り価格と残価率は2019年式と全く同じだ。そしてランドクルーザーの凄さを思い知らされたのは、2016年式の約544万円という下取り価格と、残価率78%。まさに驚愕の水準をキープしているといっていい。

 まもなく2021年8月にもフルモデルチェンジを行うといわれているランドクルーザーだが、この世代交代によってどのように動くのか興味津々だ。新型ではV8エンジンが廃止されるという話もあるので、モデルチェンジ後も高値をキープする可能性は高い。

■リセールバリューのいいSUV/スバル フォレスター 


●2019年式残価率76.9%、2018年式残価率76.0%

2L水平対向4気筒DOHC(直噴)+モーターを搭載するフォレスター「アドバンス」。新車時の価格は315万7000円

現行スバルフォレスターの中古車情報はこちら!

 スバルのSUVのなかで最も悪路走破性に長けたフォレスター。5代目となる現行型フォレスターは2018年6月に登場。SGPと呼ばれる新世代プラットフォームを採用し、オンオフ問わず高い走行性能を実現している。

 搭載されているパワートレインはデビュー当初、2.5L水平対向4気筒ガソリンエンジン+CVTとe-BOXERと呼ばれる2L水平対向4気筒エンジン+モーターのマイルドハイブリッドシステムの2種類だった。

 2020年10月に行った一部改良で、2.5Lエンジンが廃止され、新開発の1.8Lターボエンジンを搭載し、e-BOXERを搭載するグレードが拡大している。スバル独自の運転支援システム、アイサイトを核とする安全装備が充実。車両の全方位を監視して危険を回避してくれる。

 下取り価格を調査したのは、中古車で最も多く流通しているe-BOXERを搭載したアドバンス。2019年式の下取り価格は約243万円で、残価率は76.9%と非常に高水準を示した。

 そして2018年式でも約240万円、残価率は76.0%とランドクルーザーに次ぐ高水準をキープしている。やはりスバルSUVの人気の高さは下取り価格からも証明されている。

次ページは : ■リセールバリューのいいSUV/トヨタ ライズ

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ