新型スバルBRZ 7月末から予約開始!! 2.4Lに排気量アップした新型の気になる価格は?

間もなく予約開始!! 2.4Lに排気量アップして気になる新型スバルBRZの価格は……!?

 トヨタとスバルの共同開発で生まれたFRスポーツクーペ「トヨタ86/スバルBRZ」の第2章も、いよいよ幕開け目前だ。その先陣を切るのが、スバルBRZで、今夏の発表が予告されている。

 そこで新型スバルBRZのラインアップと装備内容に加え、ファン最大の関心事である新車価格について緊急取材を実施した。

文/大音安弘
写真/ベストカー編集部&ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】スバルが造った究極のリアドライブ・スポーツカー 「にやり」顔の『BRZ』を写真でチェック!!


■プロトタイプ試乗会ではグレードや装備内容を公表

 2021年7月半ばにトヨタGR86とスバルBRZのプロトタイプ試乗会が実施され、その模様を紹介した記事や動画を、多くの皆さんもチェック済みだろう。筆者もレポーターとして参加したが、質感や動力性能、操りやすさなど全方位で現行型を越えていることは断言できる。

 両者の大きな差として表れるのは、足回りのキャラクターだ。FRらしいコントロールを楽しませたいGR86と高いスタビリティによる安定した走りのBRZに分かれるが、いずれもコントロールする愉しさに溢れているので、FR好きには楽しみにしていて欲しい。

袖ヶ浦フォレストレースウェイを走る『GR86』と『BRZ』。ハンドリングの86と安定のBRZ、両車の足回りの違いは多岐にわたる

 その試乗会では、なんとスバルBRZのグレードと装備内容も明かされた。ただ現時点では、あくまでプロトタイプ。つまり予定に過ぎないということだが、基本的には、このままと思ってよいだろう。

■新型BRZの2つのグレード「R」と「S」その違いは

 そんな新型BRZのグレード構成は、極めてシンプル。「R」と「S」の2種類のみとなるが、振り返ると、2012年に登場した初代も、これにカスタマイズベースとなる「RA」を加えたものであった。

 まずは素の魅力を味わってもらい、年次改良などで新提案を行っていき、従来型同様に、育てるクルマにしたいという意向なのだ。

 2グレードの装備差は、極めて限定的。初代では差別化されていたエアコンも、新型はデジタル表記のオートエアコンに統一されるのは朗報だ。

 最大の違いとなるのは、タイヤ。「R」がスーパーブラックハイラスタ―仕上げの17インチアルミホイールに、215/45R17インチを装着。「S」には、マットダークグレーメタリック仕上げの18インチアルミホイールに、215/40R18ハイパフォーマンスタイヤが装着される。

新型BRZには「R」と「S」の2つのグレードが用意された。大きな違いは18インチホイールとミシュランパイロットスポーツ4のタイヤ

 プロトタイプでは、いずれもミシュランタイヤ製で、17インチが従来型同様のプライマシーHP。18インチのハイパフォーマンスタイヤには、パイロットスポーツ4が奢られていた。

 装備面での差は、思ったよりも少ないようで、違いは装飾がメイン。例えば、シート表皮だが、「R」はレッドステッチ付きのファブリックだが、「S」ではウルトラスエードと本革のコンビに。さらにレッドのステッチとアクセントストライプが加わるといった感じだ。

BRZ「S」グレードのフロントシート。本革/ウルトラスエードの生地にアクセントカラーのストライブが加飾される

 アップグレードされる装備だと、スピーカーシステムが大きい。「R」の6スピーカーに対して、「S」はアンプ付きの8スピーカーに。

 その他では、「S」には、フロントシートヒーターやステンレス製サイドシルプレート&アシストパッド、サンバイザー内のバニティミラー用の照明が追加される程度となる。つまり、新型の「R」は割と充実した内容となるようだ。

BRZ「S」グレードのインパネ周り。視認性のいい直線基調のダッシュボードやヌバック調のメーターフードで光の反射を抑えたりと、ドライビングに集中できる空間を重視

 装備差でいえば、トランスミッションによる差を忘れてはならない。まずAT車には、アイサイトが標準化。その機能としては、衝突被害軽減ブレーキ、後退時ブレーキアシスト、前後のAT誤発進抑制制御、アダクティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱警報、先行車発進お知らせ機能などが備わる。

 ステアリングアシスト系のシステムは、非搭載となるのが、BRZ用のアイサイトの特徴でもある。ただし、側後方警戒支援システムは、MTを含めて全車標準化されるのは、嬉しいところ。

 またATについては、パドルなどのマニュアル制御だけでなく、ATが最適な変速制御を行う、愉しめるATであることも強調しておきたい。

次ページは : ■専用設計「FA24」の諸元および 気になる燃費と車重