日産新型フェアレディZ世界初披露!! 400馬力&6速MT搭載

日産復活の狼煙となるか?? ついに正式発表! 日産新型フェアレディZ(北米仕様)世界初披露

 とうとうこの日がやってきた!! 2021年8月18日、北米日産は、歴史あるスポーツカー「Z」の新型を発表した。2020年9月のプロトタイプ発表から11か月、この日を待ち焦がれていたファンは多いことだろう。そして、当の日産も、今回の新型Zの活躍に、期待をしているにちがいない。

 今回のオンライン発表によって明らかとなった、「Z」の詳細をお伝えしていこう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】すべて見せます!! ついに発表となった、日産新型フェアレディZ 全41枚の画像


新型ZのV6ツインターボは400ps!! 

 米国市場向けの新型Zには、「Sport」「Performance」の2グレードと、240台の限定生産となる「Proto Spec」が用意される。

とうとうこの日がやってきた!!新型Zが北米日産で発表となった!!

 どちらにも、3.0リッターV6ツインターボのVR30DDTTエンジンが搭載される。最高出力400ps/6400rpm、最大トルク474Nm/1600-5600rpmのスペックは、日産スカイライン400Rに搭載されているエンジンと同じスペックだ。ちなみに、先代のZ34に搭載されていた3.7L V6 NAエンジンは、最大出力336ps、最大トルク365Nmなので、大幅にパワーアップしたことになる。

最高出力400ps/6400rpm、最大トルク474Nm/1600-5600rpmのスペックを誇る3.0リッターV6ツインターボのVR30DDTTエンジンを搭載

 エンジンレスポンスを上げるため、小径のターボチャージャー、ターボ速度センサーを採用。ツインターボは出力と応答時間のバランスを取り、電子可変バルブタイミング(e-VVT)、吸気バルブシステムの採用によって、最適なレスポンスと燃料効率を実現する。

 トランスミッションは、6速MTとパドルシフト付き9速ATが用意される。クラッチディスクとギヤトレインを強化し、新設計のシンクロナイザーシステムの採用や、シフトプロファイルを変更した。なお、クロスレシオの6速MT車には、EXEDY製の高性能クラッチを採用した。

 さらには、日産の後輪駆動車としては初めて、クラッチ操作でエンジン回転数を保持し、停止状態からの加速をアシストする、アドバンスドローンチアシストコントロールが備わる(9速AT車には標準搭載)。

前後のダンパーには、新設計となる大径モノチューブダンパーを採用。直進安定性を向上のため、フロントサスペンションのキャスター角を増やしたダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションも搭載

 シャシーに関しても手を加えている。前後のダンパーには、新設計となる大径モノチューブダンパーを採用。減衰特性をZ34に対し、約20%低減させたことで、突起乗り越し時のショックを低減し、モノチューブ式の強みである高応答性によって、路面追従性が向上。乗り心地の改善と、高い操縦安定性の料率を実現している。

 直進安定性を向上のため、フロントサスペンションのキャスター角を増やしたダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションも搭載する。タイヤサイズは、Sportがフロント245/45R18、リア245/45R18、PerformanceとProto Specにはフロント255/40R19、リア275/35R19が装着となる。

 なお、スポーツグレードには、18インチアルミ合金ホイールにヨコハマADVANスポーツを装着、パフォーマンスグレードには、19インチRAYS製の鍛造アルミ合金に、ブリヂストンポテンザS007を装着となる。日本ブランドのタイヤが装着されていることは嬉しい。

タイヤサイズは、Sportがフロント245/45R18、リア245/45R18、PerformanceとProto Specにはフロント255/40R19、リア275/35R19が装着

エクステリアデザインはプロトタイプを踏襲!!

 ロングフード、低重心、リアスタンスなど、初代のS30Sをはじめとする歴代Zへのオマージュを込めたシルエットに仕上げている。昨年登場したプロトタイプのスタイリングをほぼ踏襲している。

 LEDヘッドライトに入った2つの半円は、新型「Z」のアイデンティティとなっている。また、リアコンビネーションランプは、Z32型を彷彿とさせるデザインを元に、3DシグネチャーLEDテールランプを採用した。なお、「Performance」グレードには、リアのリフトを抑制するリアスポイラーを採用している。

 ボディカラーは、モノトーン3色、新色のセイランブルー、イカズチイエローを含む2トーン6色。いずれもスーパーブラックルーフとの組み合わせだ。

ボディカラーは、モノトーン3色、新色のセイランブルー、イカズチイエローを含む2トーン6色。ブラックになると、Z32フェアレディZにそっくりに見えてきた!!

 センターコンソールのインパネ最上段には、3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)は、ドライバーがレイアウトされている。レイアウトには、日産のレーシングドライバーである松田次生選手等からもアドバイスを受けたそうだ。

センターコンソールのインパネ最上段には、3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)は、ドライバーがレイアウト

 一新した12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイは、エンジン回転計の針が真上を指すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅、ドライバーにシフトアップを促すアクションが表示される。ドライバーの好みに合わせて変更できる3つの表示モードから選択できる。

ドライバーの好みに合わせて変更できる3つの表示モードから選択できる、12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイ

 シートには、シートバックにスエードを多用し、身体の左右方向へのブレを抑え、コーナリング時の身体の動き抑制と、ヘッドトスの少ない快適なドライブを実現する。これには、GT-Rの開発で培ったノウハウが活かされているようだ。

「Proto Spec」には、Zロゴ付の、専用の黄色いブレーキキャリパーや、ブロンズカラーのアルミホイール、イエローがアクセントの本革シート、イエローステッチなどを配置した

次ページは : 新型Zは、2022年春に発売開始!!

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ