英国110年以上の伝統に新技術をプラス モーガン新型スリーホイーラー「スーパー3」世界初公開!

英国110年以上の伝統に新技術をプラス モーガン新型スリーホイーラー「スーパー3」世界初公開!

 1913年、イギリスで設立されたモーガンは、少量生産でスポーツカーを作り続けるメーカーだ。そのモーガンから伝統の前二輪式三輪自動車「スーパー3」がフルモデルチェンジして登場した。

 ボディデザインは歴代スリーホイーラーを大まかに踏襲しつつ、細部を見直しより最適化されてリニューアル。

 最新モードをまとった「スーパー3」を紹介する。

※本稿は2022年3月のものです
文/ベストカー編集部、写真/Morgan
初出/ベストカー2022年4月10日号

【画像ギャラリー】伝統を受け継ぎながら新技術を採用して生まれ変わったスリーホイーラー「スーパー3」(14枚)画像ギャラリー

■新型はエンジンがカウル内部に!

新型モーガン「スーパー3」。エンジンがカウル内部に移設された新型スリーホイーラー。エンジンはフォード製1.5L直3を搭載し、マツダロードスターと同タイプの5速MTを組み合わせる。フロントにはLEDドライビングランプもオプションで増設可(トップ画像参照)

 モーガンがスリーホイーラーの原型モデルである『ランナバウト』を世に送り出したのは1909年。

 設計者のヘンリー・フレデリック・スタンレー・モーガン氏がシンプルであることを求めたこのモデルは、それから幾多のモデルチェンジを重ね、現代でも三輪車という独自のキャラクターを武器に多くのファンがついているモデルである。

 そんな伝統あるスリーホイーラー「スーパー3」のフルモデルチェンジが2022年2月24日に発表された。

 昨今流行りのEV化で新登場ではなく、ガソリンエンジンを搭載し発売されるのだ。偉いぞモーガン!

■110年以上続く歴史上初のモノコック構造を採用

 しかもこの新型スリーホイーラーはただ旧型をブラッシュアップしたわけではないというのだから驚き。

 なんとこの新型では接着アルミニウムプラットフォームを採用している。実はスリーホイーラーでモノコックを採用するのは史上初のことだ。

 また、エンジン搭載位置についても大きく変化を遂げている。

 スリーホイーラーといったら馬蹄型のフロントグリル前にドンと載せられたVツインエンジンで、とてもインパクトある外観であったが、新型はこのエンジンをボディ内部に格納。

 フロント周りをスッキリとさせつつ、足回りなどは丸見えというメカメカしい雰囲気は残された。

 この搭載位置変更には、前後重量配分の最適化などが理由であったという。

 ボディサイド外側に伸びていたマフラーもボディ内部に格納されるデザインに変更されている。

 全体的なボディデザインは歴代スリーホイーラーらしさを踏襲したデザインとされている。

■新型スーパー3はさっそく受注を開始。日本導入は…??

 最後に気になる価格をお伝えしよう。……というものの、現状本国発表のみであり日本導入の告知はまだないのだが。

 本国発表によると約3万5000ポンド(日本円換算で約538万円)とされている。

 最初はイギリスをはじめヨーロッパの納車が優先され、その後日本の導入が決まるという。非常に気になる一台だ!

【画像ギャラリー】伝統を受け継ぎながら新技術を採用して生まれ変わったスリーホイーラー「スーパー3」(14枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ