ノートNISMO S大好評、トヨタ新HV戦略ほか新型情報続々入電!!


 毎日新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回もさまざまな新情報を取材してきてくれました。

 日産ノートe-POWER NISMO Sの売れ行き、エクストレイルの改良情報、トヨタのハイブリッド戦略などなど、新型車情報を仕入れてクルマ選びの参考にしてください。

文:遠藤徹


■9月25日に発売したノートe-POWER NISMO Sが大好評

 日産が9月25日、ノートに「e-POWER NISMO S」を設定、発売しました。パワーユニットは従来の1.2L+モーターのe-POWERシステムと同じですが、「S」専用チューニングが施され、パワー、トルクともにノーマルのノートe-POWER NISMOの約25%アップ、136ps/32.6kgmを発生します。

 価格は標準ノートe-POWER NISMOより18万3600円高い267万1920円(レカロシート付きは294万1920円)で、専用ボディ補強、サスチューン、強化スタビなど、性能を考えるとかなりのバーゲンプライスといえます。

 各販売店にはすでに多くの受注が入っており、首都圏のディーラーを中心に、この仕様を積極的に販売していく方針を固めています。

ノートe-POWER NISMO S。セレナe-POWERと同じパワーを持つユニットを搭載。足回りもきっちり専用セッティングされ、内容を考えるとかなりお買い得な仕様

■11月5日にエクストレイルを一部改良

 日産は11月5日にエクストレイルを一部改良します。

 今回の改良は安全装備を中心に仕様向上を図るだけで小幅の手直しに留まります。従来モデルは9月7日に生産を打ち切り、在庫一掃セールに入っていますので、30万円前後の大幅値引きで買える状況にあります。

写真は現行型エクストレイル。2013年12月から発売されており、スケジュールどおりなら来年12月にはフルモデルチェンジを予定している。焦点はe-POWERが搭載されるかどうか。この点、情報が入り次第お伝えします

次ページは : ■トヨタ次世代ハイブリッドは2Lに排気量拡大か?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ