「マツダ新型アクセラ」 2019年最大の大物新車登場! いまわかっていること全部


2019年も多くの新型車の登場が予定されている。

トヨタからは新型スープラ、RAV4、カローラ。日産からはデイズ、ジューク。ホンダは新型フィットにN-WGN、スバルからはレガシィ、ダイハツからタント等々。

そのなかでも最注目車といえるのが、マツダの新型アクセラだ。

2018年11月のロサンゼルスショーで(北米仕様ではあるが)市販型が世界初公開され、2019年1月11日~の東京オートサロン2019に日本初披露、日本仕様の発表発売は2019年夏頃を予定している。

そんな新型アクセラ(北米名マツダ3)、すでに購入を検討している方々も多いことだし、現時点でわかっていることをすべて整理してお届けします。

文:ベストカー編集部

ベストカー2019年1月10日号より


■開発当初から明確に分けられたコンセプト

現地時間2018年11月27日、ロサンゼルスオートショーで4代目となる新型「Mazda3(国内名アクセラ)」が世界初披露された。同時に多くの公式情報が明らかになったので、本稿ではそれをひとつずつ紹介してゆきたい。

あえてキャラクターラインを用いず、湾曲させたパネルのみでボディを構成するという新たな手法が採られた新型アクセラ(ハッチバック仕様)。「日本の美意識の本質を体現することを目指した」というボディデザインは、季節や時間の経過によって刻々と変化する、景色の映り込みまで考えられたものとなっているそう

「Mazda3」は北米市場向けマツダ車の50%を占めるグローバルモデル。新型も現行同様に5ドアハッチバックと4ドアセダンの2タイプを用意する。

セダンのボディサイズは全長×全幅×全高=4662×1797×1445mmで、ハッチバックは全長×全幅×全高=4459×1797×1440mm。ホイールベースはどちらも2725mmだ。

今回は着手の段階から明確にデザインコンセプトの性格が分けられた。セダンはエレガントな「凜とした伸びやかさ」、ハッチバックはよりスポーティな「色気のある塊」だという。

エクステリアパーツも現行モデルではリアドアまで共有していたが、新型の共通部品はボンネット、ヘッドライトとシグネチャーウィング、フロントガラスのみだという。

サイドにキャラクターラインを持たないシンプルなワンモーションでありながら、繊細なボディ造形による光の移ろいや揺らぎ、反射の動きで表情を変える「(深化させた)魂動デザイン」を持つ。

ハッチバックは2017年秋の東京モーターショーに出展された「魁コンセプト」を、ほぼそのまま体現している。

クラスを超えて最も美しいセダンを作るため、全長を現行型より約80㎜延長。ボンネット、トランクの高さを抑えたこともあり、優雅な印象。車格はカローラセダンと同じくらいだが、それ以上のミドルクラスサルーンとも堂々と渡り合える雰囲気を持つ

セダンは、現行よりもボンネットの高さを30mm下げたことで伸びやかなデザインが完成。これまではエッジの効いたトランクが短いクーペライクだったフォルムも、物理的な長さが伸ばされたのに加え、エッジを抑えてよりトランクを長く見せる手法により、セダンらしい伸びやかさとエレガントさを強調している。

一方のハッチバックは、リアから眺めると肩の段差がなく、台形に踏ん張るようなデザインで「塊感」が表現されている。

シンプルな美しさの表現は灯火類でも変わらない。「丸」の形と深さ表現にこだわっている。この面構成の美しさと細部までこだわったデザインが新型アクセラの真骨頂

■根底から見直されたボディ構造

新世代プラットフォームの「SKYACTIVビークル・アーキテクチャ」を初採用しているのも新型Mazda3の特徴だ。NVH(騒音、振動、ハーシュネス)を抑えたこと、そして強化される衝突安全基準をクリアさせるためにボディの剛性を高めて、クルマの快適性そのものをひと世代アップデートさせている。

従来の上下左右方向だけでなく前後をも含めた基本骨格のストレート化とともに環状構造にボディを作ることで剛性アップを図り、その過程での重量増を防ぐため、ハイテンション鋼の使用率を引き上げた。

単に剛性を上げるだけではなく、外部からのエネルギー入力をいなす目的で「減衰節」と呼ばれる接合方法を採用。

これは、通常溶接される鉄板と鉄板との接合部分に、ダンパーの役割を果たす減衰ボンドと呼ばれる樹脂を挟むことでドライバーにとって不快に感じるエネルギーをボディが吸収し、必要な情報だけを伝えるという構造だ。

サスペンションはフロントが従来と同じマクファーソンストラット式で、リアは新開発のトーションビーム方式に変更されている。

先行公開された新型Mazda3(アクセラ)の骨格構造。根本的に見直し、クラス最高峰の乗り心地と走行性能を実現すべく改良した

次ページは : ■最大のポイントはやはりパワーユニット