三菱 トライトン同乗試乗! チーム三菱ラリーアート、復活ラリー参戦で総合優勝を果たす!!!

三菱 トライトン同乗試乗! チーム三菱ラリーアート、復活ラリー参戦で総合優勝を果たす!!!

 モータースポーツへワークスとして参戦するなどしていた三菱のスポーツブランド「ラリーアート」が復活。

 自動車評論家 鈴木直也が、アジアクロスカントリーラリー(AXCR)に挑む三菱 トライトンの試験車に同乗試乗、その様子をレポート!

※本稿は2022年11月のものです
文/鈴木直也、写真/MITSUBISHI、ベストカー編集部 ほか、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2022年12月10日号

【画像ギャラリー】ラリーアートに進めない道なし!? ド迫力のトライトンAXCR試験車をギャラリーでチェック(28枚)画像ギャラリー

■AXCRに挑む三菱トライトンをオフロードで同乗チェック

強靭なフレーム構造の車体にトルクフルなエンジンで、アップダウンの激しいオフロードコースを縦横無尽に駆け回るトライトン
強靭なフレーム構造の車体にトルクフルなエンジンで、アップダウンの激しいオフロードコースを縦横無尽に駆け回るトライトン

 自動車ジャーナリストという立場を離れ、一介のクルマ好きとして、最近いちばん嬉しかったこと。それは三菱ラリーアートの復活だ。

 ワークス参戦ではなく現地チームへの技術支援というカタチながら、11月にタイ・カンボジアで開催される“アジアクロスカントリーラリー2022”に、トライトンのラリーカーを走らせるという。

 富士ヶ嶺オフロードでの取材会、まず出迎えてくれたのはレジェンド増岡浩さん。

 お会いするたびに「ラリーアートは必ず復活させる」と語っていただけに万感胸に迫るものがあるはずだが、「小さく産んで大きく育てたいね」と、謙虚に将来を見据えている。

 まずは、増岡さんの教え子、開発ドライバーの小出さんのドライビングでラリー仕様トライトン(実験車両)の同乗走行を体験する。

 富士ヶ嶺オフロードは本来クロカン用のコースだから、ワンミスでクルマを痛めるトラップだらけだが、小出さんの攻めること攻めること。

 トライトンはラダーフレームベースのダブルキャブピックアップだから、基本的にシャシーは充分にタフだが、ダブルウィッシュボーン/リジッドリーフの足が予想以上にストロークがあって、ロードホールディングがよさげ。

「あ、ジャンプする!」といったシチュエーションでも粘り強く路面をトレースし、着地のフルバンプでもぜんぜんガツンとこない。

エンジンは4N15型2.4L直4IC付きディーゼルターボ。181psの最高出力と43.8kgmの最大トルクを発生する
エンジンは4N15型2.4L直4IC付きディーゼルターボ。181psの最高出力と43.8kgmの最大トルクを発生する

 2.4Lディーゼルは133kW/430Nmだから競技車両としてはそれほどパワフルではないが、スピードに乗せてギャップのあるストレートを爆走するようなシーンがめちゃ似合いそう。

 助手席からではあるが、タフで扱いやすそうな特性が見て取れた。

 アジアクロスカントリーラリーは、マッド路面や川渡りなどが多く、スピードもさることながらタフネスが重要な要素。

 ライバルはみな「実質ワークス」と見なして闘志を燃やすはずで、負けられないというプレッシャーもある。

 復活ラリーアートのデビュー戦は11月21~26日。吉報を待とう!

●編集部付記

 チャヤポン・ヨーター選手(タイ)が合計タイム8時間22分42秒の総合首位、リファット・サンガー選手(インドネシア)が17分14秒差の総合5位でゴール!なんと初参戦で総合優勝を果たした! おめでとう!!!

次ページは : ■あらためて実感! 三菱車の凄まじい走破性

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!