スバル WRX STIが800万円!? 高騰中のガソリン車は一体いつまで買えるのよ!!

スバル WRX STIが800万円!? 高騰中のガソリン車は一体いつまで買えるのよ!!

 脱炭素に向けた動きが進むなか、絶滅が危惧されている純エンジン車。なかでも、純エンジン車のスポーツカーは法規の都合等で絶滅が現実的なものとなっている。

 このような理由もあって「絶滅する前に1度は純エンジンのスポーツカーに乗りたい!」という人が増加。中古車の相場は上昇し、新車においてはオーダーストップせざるを得ない状況になったモデルもある。

 そんな純ガソリンエンジンのスポーツカー人気は一時的なブームに過ぎないのか!? 購入検討中の人はいつ買えばよいのか? クルマ好き・走り好きにとって大いに気になるこのギモンについて、国沢光宏氏が解説する。

※本稿は2022年11月のものです
文/国沢光宏、写真/トヨタ、日産、ホンダ、スバル、スズキ、ダイハツ
初出:『ベストカー』2022年12月10日号

【画像ギャラリー】絶滅の日も近い!? “乗りたいなら絶対早いほうがいい新型国産スポーツカーたちを画像で時短チェック!!(24枚)画像ギャラリー

■ハイブリッドはまだ安心!! 問題は純エンジン車

ホンダが2022年9月に発売したシビックタイプR。2022-2023日本カーオブザイヤーでパフォーマンスカーオブザイヤーを受賞
ホンダが2022年9月に発売したシビックタイプR。2022-2023日本カーオブザイヤーでパフォーマンスカーオブザイヤーを受賞

 純エンジン車の絶滅が視野に入ってきた。新型車の登場に関して言えば2024年くらいで最後になると覚悟しておきたい。

 継続生産だったとしても2027年あたりに法規対応で終了しなくちゃならない。2024年に発売した新車は3年しか販売できないということになる。

 その後、ハイブリッドのみ販売が許され、戦争など大きな社会の変化がなければ2030年代の中頃まで新車を買えると予想。ハイブリッド車に関して言えば急ぐ必要なし。

■WRX STIの最終版が800万円!! 急騰止まらず

 さて純エンジン車である。一番急ぐ必要あるのはすでに絶滅危惧種になりつつあるマニュアルミッション車。スポーツカーや軽商用車を除けば、ここですべてのモデルを紹介できるくらいになってしまった。

 以下、並べるとカローラアクシオ/ヤリス/シビック/大半のマツダ車/スイフト/ジムニーのみ。

 今やハイエースまでAT車しかラインナップしなくなってしまった。スポーツカーや軽商用車もハイブリッドの時代になったらマニュアルミッション車はなくなる。

「クルマ好きならぜひ1台くらいマニュアルミッション車を持っておきたい」ということなんだと思う。

 ここにきて新車は入手難。すぐ買える中古車といえば相場も上がってきた。中古車検索サイトを見ると驚く! 例えばWRX STIの最終モデルを探すと、軒並み600万円オーバー!

 なかには800万円超えの売り物さえ出始めているほど。新車の価格をはるかに超えた相場で取り引きされており、勢いは収まらず。

次ページは : ■マニュアル車は2027年で終売!? ZもタイプRも急げ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します