BYD ATTO3の乗って分かった魅力大暴露! 中華製EVはコスパ最強だった!!

BYD ATTO3の乗って分かった魅力大暴露! 中華製EVはコスパ最強だった!!

 販売開始が目前に迫った中国BYD製EV「ATTO3」。一回の充電で485kmを走るという性能と充実の装備、そしてコストパフォーマンスの高さが注目を集めている。自動車のEV化がいまだ緩やかな日本に一石を投じる存在となり得るのか?

※本稿は2023年1月のものです
文/大音安弘、写真/BYD、ベストカー編集部、撮影/大音安弘、茂呂幸正
初出:『ベストカー』2023年2月10日号

■乗用車としては高価だが完成度はお値段以上!

今回の試乗車は、2022年より販売が開始された豪州仕様。日本と同じ右ハンドル車で、一部仕様は異なるものの、基本性能は同等だ
今回の試乗車は、2022年より販売が開始された豪州仕様。日本と同じ右ハンドル車で、一部仕様は異なるものの、基本性能は同等だ

 ついに販売開始が目前に迫った中国製EV「ATTO3」は、乗用車としては高価だが、充実装備と485kmの航続距離を備えるため、高コスパなモデルといえる。しかし、最も重要なのは、その完成度だ。短時間だが、市街地から高速までの試乗が許された。

 そのビジュアルは、スポーティ&カジュアルな都市型クロスオーバーに仕立てられており、爽やかで親しみやすい雰囲気。

日本仕様による再検証は必要だが、ATTO3の総合力は高い
日本仕様による再検証は必要だが、ATTO3の総合力は高い

 その一方で、インテリアはかなり個性的。ジムをモチーフとし、デコレーション要素も多めで、日本車や欧州車にはない中国車独自の世界観を放つ。ただ操作性は、極めて常識的。ウインカーレバーも右側配置で使いやすい。

 走りは、いい意味でクセもなく普通。肉厚なタイヤの恩恵もあり、乗り心地は良好。ステアリング、アクセル、ブレーキの操作系で、特に気になることはない。アクセル開度に対する加速は、エンジン車に近い。高性能さを強調する演出はないが、その反面、誰でも扱いやすいといえる。

8つのモジュールを集約した8in1パワーシステムアッセンブリーは非常にコンパクト
8つのモジュールを集約した8in1パワーシステムアッセンブリーは非常にコンパクト

 また後席の着座姿勢は自然で、大人が快適に過ごせる空間に。走行中の静粛性は高いが、高速域での風切り音がもう少し抑えられると、より快適だ。

 国産EVよりも割安感のあるATTO3は、真の黒船EVとなりそうだ。

●BYD ATTO3 主要諸元
・全長×全幅×全高:4455×1875×1615mm
・ホイールベース:2720mm
・車両重量:1750kg
・最小回転半径:5.4m
・パワーユニット:フロント 1モーター
・最高出力:204ps
・最大トルク:31.6kgm
・バッテリー容量:58.6kWh
・一充電走行可能距離:485km
・価格:440万円

【画像ギャラリー】真の黒船EVは中国からやってきた!! SUV風エクステリアと個性的なインテリアで市場に挑むBYD ATTO3(21枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!