乗り出し600万は高いな……でも諦めるな!! 新型アルファード/ヴェルファイアに300万円台!? の隠し玉あるゾ

乗り出し600万は高いな……でも諦めるな!! 新型アルファード/ヴェルファイアに300万円台!? の隠し玉あるゾ

 史上最強のデキとなった新型アルファード/ヴェルファイアだが、最低でも乗り出し600万円コースと高いのは事実。先代モデルのような300万円台の、頑張れば買えそう!! と思えるグレードが現状ないが、じつは隠し玉が!! まだ諦めるのは早いゾ。

文・写真:ベストカーWeb編集部

■400万円台もあるかも!? 新型アルヴェルの追加グレードに期待!!

ヴェルファイアは唯一2.4リッターターボを設定するなど、走りの良さをアピール。足回りも専用設計に!!
ヴェルファイアは唯一2.4リッターターボを設定するなど、走りの良さをアピール。足回りも専用設計に!!

 新型アルファードは540万円、新型ヴェルファイアは655万円スタートと正直高い。もちろん価格に見合った進化&質感なので納得のプライスでもあるのだが、いざ買うとなれば奥さんを口説くのも大変なハズだ。

 じつは来年2024年にお手頃なモデルが追加されるほぼ確実ということが判明。

 昨今のトヨタは2023年デビューのシエンタなど、まず上級グレードから生産をして、落ち着いたタイミングでベースグレードなどのお手頃価格の受注をスタートさせていた。

 納期を少しでも早くすべく、さまざまな施策を行ってきている。今回の新型アルファード/ヴェルファイアも同じ作戦で展開するのだった。

 ちなみにシエンタは当初から全グレードを発表するなど少し展開方法が異なるが、追ってお手頃価格のモデルが登場する予定だという。

■赤も追加か!? 先代アルヴェル並みのカラバリに

先代アルファードにはド派手な赤もラインアップされており、じつは隠れた人気カラーでもあった。となれば新型にも設定を期待したいところ
先代アルファードにはド派手な赤もラインアップされており、じつは隠れた人気カラーでもあった。となれば新型にも設定を期待したいところ

 ボディカラーがアルファードはホワイトとブラック、そしてゴールド。ヴェルファイアは白と黒となっているが、こちらも追って先代モデルに設定されていたようなカラーバリエーションも追加されるからご安心を。

■やっぱあったか!! 8人乗りも追加確定か!?

現状2列目シートはすべてキャプテンシート。追ってベンチシートタイプが設定される予定!!
現状2列目シートはすべてキャプテンシート。追ってベンチシートタイプが設定される予定!!

 先代モデルまで設定されていた8人乗りモデルも現状設定がなく、7人乗りのみとなっている。

 この2台は超豪華な2列目シートがキモであるが、レンタカーや8人家族のユーザーなど需要もゼロというワケではない。グレード拡張をする際に、8人乗りモデルも追加されるという。

 おそらく1年2ヶ月後に追加されると予想している、というかほぼ確定といっていい!! 内外装の質感や走行性能など大幅にレベルアップし、ガチで欲しいけど価格の高さから諦めた方はもう少しの辛抱を!!

【画像ギャラリー】ヤバいゾ2列目!! 新型アルヴェルの内装を隅々写真で(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

秋から2024年の注目車がこぞって登場!! ベストカー10月26日号

 10月26日号のベストカーは、みんなの好きなコンパクトSUVに関してBCスクープ班が現在掴んでいる…

カタログ