販売台数ナンバー1「国民車」が新型へ!! ホンダが3代目ホンダN-BOXを発表

販売台数ナンバー1「国民車」が新型へ!! ホンダが3代目ホンダN-BOXを発表

 2022年暦年の販売台数ナンバーワンのホンダN-BOXが本日新型にモデルチェンジ。従来どおり標準モデルとカスタムのふたつのモデルがラインナップされる。従来型とどこが変わったのか速報でお届けしよう。

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学

■軽乗用車最大級の室内空間は健在

一見するとキープコンセプトだがバンパーなどが異なる
一見するとキープコンセプトだがバンパーなどが異なる

 2023年秋にホンダN-BOXが新型へモデルチェンジする。2022年は20万台以上を販売したまさに国民車ともいえる大ヒットモデルが、ついに3代目へと進化をする。

 初代からのコアユーザーとして設定されていた「30代ママ」にも主眼を置きつつ、2代目で広げてきた50代の子離れ男性、60代以上のシニア層などどんな年齢層のユーザーにも対応するのは3代目も同じ。

 3代目グランドコンセプトは【HAPPY Rhythm BOX(ハッピーリズムボックス) わたしも、家族も、日本も、ハッピーになれる「幸せな生活リズム」をつくる】。

 まさに全方位的にN-BOXの強みを生かしたモデルになっている。標準車は「ベーシックカラー」と「ファッションスタイル」の2展開。

軽自動車では最大級の車内空間
軽自動車では最大級の車内空間

 ベーシックカラーはプラチナホワイトパール、タフホワイトIII(スロープ仕様限定)、ルナシルバーメタリック、メテオロイドグレーメタリック、クリスタルブラックパール、プレミアムサンライトホワイトパール、トワイライトミストブラックパールの7色展開。

 ファッションスタイルはオータムイエローパール、プレミアムアイボリーパールII、フィヨルドミストパールの3色展開となる。

■カスタムは「オトナ仕様」で脱オラオラへ

カスタムはギラギラのオラオラ顔ではなく上質を追求
カスタムはギラギラのオラオラ顔ではなく上質を追求

 気になるカスタムは「PROUD “自分を高めるモノ”」がテーマ。もう見てのとおり、いわゆるオラオラ顔ではない。実は2代目からN-BOXのカスタムモデルはおとなしめスタイル。

 3代目になりカラーリングはふたとおりのテイストを選べる。「ベーシックカラー」が6色、「コーディネートスタイル」が3色の展開だ。

リアのクリアテールはぼんやりと光る上質タイプ。これはかっこいい
リアのクリアテールはぼんやりと光る上質タイプ。これはかっこいい

 コーディネートスタイルはモノトーンとルーフがブラックになる2トーンを選べるが、スレートグレー・パールはイチ押しモデルだ。フィットに設定されるこのカラーはもちろんN-BOX初採用。

 フロントグリル上の横一文字ライトなど上質感が溢れるデザインテイストは各社の「カスタム」に大きな影響を及ぼしそうだ。

 インテリア、エクステリアの詳細は続報でお届けしよう!!

【画像ギャラリー】ついに新型へ!! キープコンセプトも地味に違う新型N-BOXを見る(12枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します