「ミニハイラックス」がタイで195万円で発進!! 日本導入の可能性あり!! 「ハイラックスチャンプ」が驚異のコスパで世界を変える

「ミニハイラックス」がタイで195万円で発進!! 日本導入の可能性あり!! 「ハイラックスチャンプ」が驚異のコスパで世界を変える

 トヨタとトヨタのタイの現地法人トヨタモータータイランドは、ジャパンモビリティショーで初公開したピックアップトラック、「IMV 0」を「ハイラックスチャンプ」としてタイで発表し受注を開始した。これいいじゃないの! と思った人も多いはず。さて、どんなクルマなのか、解説していこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

■「IMV 0」がハイラックスチャンプとして受注開始

タイで受注が始まったハイラックスチャンプ
タイで受注が始まったハイラックスチャンプ

 IMVシリーズは、当時アジア本部長であった現会長の豊田章男が指揮をとり、アジアの人々とともに、アジアの経済に貢献したい、との想いを込めて、現地のエンジニアとともに「現地現物」で開発、ピックアップトラック3車型、ミニバン、SUVで構成されている。ちなみに「IMV 0」とは、Innovative International Multi-purpose Vehicle 0の略称。

 今回の発表会では「IMV 0」が市販型となり、ハイラックスチャンプという車名で受注を開始、11の架装モデルを紹介している。さまざまなビジネス形態や使用用途をカバーすることに重点を置き、8グレードをご用意したという。タイトヨタのサムロン工場で生産する。

ハイラックスチャンプ、アクセサリー装着車
ハイラックスチャンプ、アクセサリー装着車

 公表されたロングホイールベース/デッキありのボディサイズは、全長5300×全幅1785×全高1735mm、ホイールベース3085mm。

 日本で販売されているハイラックスは全長5340×全幅1855×全高1800mm、ホイールベース3085mmだから全幅が大きく異なるものの、大きくは変わらない。最小回転半径はハイラックスの6.4mに対して5.4mなので小回りが効きそうだ。

 ハイラックスチャンプは、ショートホイールベースとロングホイールベース、エンジンは3タイプ(2Lガソリンエンジン、2.7Lガソリンエンジン、2.4Lディーゼルエンジン)用意され、フラットなデッキは未装備タイプも選択可能。

リアデッキ部。原点に回帰したような作りだ
リアデッキ部。原点に回帰したような作りだ

 フラットデッキには各所にボルト穴を設け、ボルトとナットで架装部と簡単に締結することができるという。さらに、架装を希望のユーザーには、好みに合わせたカスタマイズを楽しんでもらうため、100以上の架装業者の情報を提供するという。

TJM製のキャノピーとルーフテントが装着された車中泊仕様のハイラックスチャンプ
TJM製のキャノピーとルーフテントが装着された車中泊仕様のハイラックスチャンプ

 ジャパンモビリティショーで公開された「IMV 0」をチェックしたが、インパネはほぼ樹脂で味も素っ気もない余分なものをそぎ落とした空間。シートに乗り込んでみると軽トラックのような着座位置。そしてMTの長いロッドシフトがシブい。

余分なものをそぎ落とした質素なコクピットは逆に新鮮だ
余分なものをそぎ落とした質素なコクピットは逆に新鮮だ

 道具としての積むためのピックアップトラックの使用はもちろん、キャンプや移動販売車にも重宝しそうだ。特に写真のTJM製バンパーガードやヘッドライトカバー、フォグランプ、キャノピー一体型ルーフテントを装着した車中泊仕様は超クール!

改造すれば移動販売車としても使える
改造すれば移動販売車としても使える

次ページは : ■ハイラックスチャンプの日本発売はあるか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!