アコードも出たのに! こんなにカッコいいのに! なんで新型カムリを日本に入れないのよ!

アコードも出たのに! こんなにカッコいいのに! なんで新型カムリを日本に入れないのよ!

「セダンの冬」が続く日本の自動車市場。ホンダがアコードを発売したものの、スバル レガシィも日産マキシマも日本導入の予定はない。何より寂しいのはトヨタ カムリの不在だ。プリウス顔でチョーかっこよくなったのに、なんで日本には入れてくんないのよ!

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

■見れば見るほど欲しくなる!

2025年型トヨタ カムリ
2025年型トヨタ カムリ

 3月末に開かれた米ニューヨーク自動車ショー。トヨタはここに2025年型新型カムリを展示した。

 2025年型カムリ自体はすでに昨年11月に発表済みで、ロサンゼルス自動車ショーにも出展されたから取り立てて目新しいニュースではないのだが、その姿を見ていると「日本じゃ売らないのかあ」と切なくなる。

 新型のトピックはなんといってもフロントマスクだ。これまでのようなヘッドランプの造形は残しつつ、その内側にプリウスやクラウンとも共通するハンマーヘッドデザインを採用した顔付きは、ガバッと開いたメッシュグリルとあいまって迫力満点なのだ。

■オーストラリア向けを日本に入れてくれ!

内装はどこかクラウンっぽくなった
内装はどこかクラウンっぽくなった

 それ以外のエクステリアの雰囲気は2024年までのモデルとそっくりなのだが、後席ウインドウの屈曲点が取れてラウンド感が増し、4ドアクーペっぽい雰囲気が増した。いっぽうインテリアは、一連のクラウンブラザースに寄せてきたなと感じる。

 パワートレーンにおける話題はフルハイブリッド化だろう。先代まであったV6モデルが廃止され、全車が2.5L4気筒ハイブリッドとなった。V6もカバーするようにハイブリッドのパワーは強化されており、FFが225ps、4WDは232馬力を発揮する。

 最近、街角で若いクルマオーナーが乗るカムリを見かけることがある。ホイールをインチアップして、ちょっと車高を落としたカムリは惚れ惚れするほどカッコいい。

 国産セダンがほぼ絶滅しつつある日本市場だが、このカッコよさは後世に残したい。確かオーストラリア向けの右ハンドルは日本の堤工場製のはずだから、そいつをそのまま、日本で売ってくれないものだろうか。

【画像ギャラリー】プリウス顔になった新型カムリをじっくり見て!(12枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号