ハリアー、ヤリスなどトヨタ新車&各メーカー戦略全貌判明!!


 月に200店ものディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 まずは、ホンダのフィット、フリードに設定されると伝えられてきた新仕様「クロスター」が、さらに展開モデル拡充の可能性アリとの報が。

 一方でトヨタも来る2020年の陣容が見えてきたようだ。さらに8月の登録車の新車販売台数でシエンタが初めてトップに! その理由とは? …などなど、今回も盛りだくさんでお届け!

【画像ギャラリー】 Tjクルーザー、新型ヤリスほか、話題の車たちをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■SUV仕様「クロスター」のラインナップを拡大か?

 ホンダは10月18日にマイナーチェンジしたフリードと、10月23日発表・11月下旬発売でフルモデルチェンジする新型フィットに、SUVテイストの「クロスター」を設定します。いずれもフロントマスクや内装、ルーフレール、アルミホイールなどに専用デザインを採用してSUVテイストが演出されます。

 そしてこの2車種のクロスター戦略が成功すれば、さらに設定するモデルを拡大する可能性があります。

10月18日のマイナーチェンジでフリードにSUVルックの「クロスター」を新設定。このクロスターは、さらにほかのモデルに次々と拡大採用される見込み

 2020年から2021年にかけてはシャトル、N-BOX、ステップワゴン、オデッセイなどがビッグマイナーチェンジないしはフルモデルチェンジを控えており、これに合わせるように第3~5弾の「クロスター」が登場し、フルラインナップで展開すると思われます。

 クロスターはいずれも各シリーズ全体の20~25%程度の販売構成比を見込んでいて、このぶんの上乗せの売れゆきを目指すことになります。

■トヨタの2020年のニューモデルはヴィッツ、ハリアー、ランクルなど5車種か?

 トヨタの2020年におけるニューモデル展開がほぼ判明しました。

 2月にヴィッツ、夏頃にハリアー、8月にランドクルーザー/ランドクルーザープラドの各フルモデルチェンジや後継モデルが発売となり、そして5月には新規モデルでTjクルーザーが登場するなど、5車種のデビュー予定が有力となっています。

ハリアーが来年にもフルモデルチェンジするという情報が販売店の上層部には伝わっていることが判明。登場は2020年夏の予想。写真は現行モデル

 トヨタのSUVはダイハツからのOEM供給で11月5日にコンパクト、年末か年明け早々に新型軽自動車を発売しますが、さらに2020年夏までには軽自動車からラグジュアリークラスまでのきめ細かいフルラインナップ態勢が整い、圧倒的なシェア確保を目指すことになります。

10月16日全世界初公開された新型ヴィッツ改めヤリス

次ページは : ■トヨタ アクア、ポルテ/スペイド、シエンタにアウトドアテイストの特別仕様車を設定

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ