【トヨタ2020年ニューモデル戦略全貌判明!! ホンダクロスター展開!?】 今後の新型車&最新販売状況取って出し!!

 月に200店ものディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 まずは、ホンダのフィット、フリードに設定されると伝えられてきた新仕様「クロスター」が、さらに展開モデル拡充の可能性アリとの報が。

 一方でトヨタも来る2020年の陣容が見えてきたようだ。さらに8月の登録車の新車販売台数でシエンタが初めてトップに! その理由とは? …などなど、今回も盛りだくさんでお届け!

【画像ギャラリー】 Tjクルーザー、新型ヤリスほか、話題の車たちをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年9月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■SUV仕様「クロスター」のラインナップを拡大か?

 ホンダは10月18日にマイナーチェンジしたフリードと、10月23日発表・11月下旬発売でフルモデルチェンジする新型フィットに、SUVテイストの「クロスター」を設定します。いずれもフロントマスクや内装、ルーフレール、アルミホイールなどに専用デザインを採用してSUVテイストが演出されます。

 そしてこの2車種のクロスター戦略が成功すれば、さらに設定するモデルを拡大する可能性があります。

10月18日のマイナーチェンジでフリードにSUVルックの「クロスター」を新設定。このクロスターは、さらにほかのモデルに次々と拡大採用される見込み

 2020年から2021年にかけてはシャトル、N-BOX、ステップワゴン、オデッセイなどがビッグマイナーチェンジないしはフルモデルチェンジを控えており、これに合わせるように第3~5弾の「クロスター」が登場し、フルラインナップで展開すると思われます。

 クロスターはいずれも各シリーズ全体の20~25%程度の販売構成比を見込んでいて、このぶんの上乗せの売れゆきを目指すことになります。

■トヨタの2020年のニューモデルはヴィッツ、ハリアー、ランクルなど5車種か?

 トヨタの2020年におけるニューモデル展開がほぼ判明しました。

 2月にヴィッツ、夏頃にハリアー、8月にランドクルーザー/ランドクルーザープラドの各フルモデルチェンジや後継モデルが発売となり、そして5月には新規モデルでTjクルーザーが登場するなど、5車種のデビュー予定が有力となっています。

ハリアーが来年にもフルモデルチェンジするという情報が販売店の上層部には伝わっていることが判明。登場は2020年夏の予想。写真は現行モデル

 トヨタのSUVはダイハツからのOEM供給で11月5日にコンパクト、年末か年明け早々に新型軽自動車を発売しますが、さらに2020年夏までには軽自動車からラグジュアリークラスまでのきめ細かいフルラインナップ態勢が整い、圧倒的なシェア確保を目指すことになります。

10月16日全世界初公開された新型ヴィッツ改めヤリス

■トヨタ アクア、ポルテ/スペイド、シエンタにアウトドアテイストの特別仕様車を設定

 トヨタは10月4日、アクア、ポルテ/スペイド、シエンタの4車種に、アウトドアテイストの特別仕様車「グランパー」を設定して同日から発売します。

 外装に専用のボディカラー4色やアルミホイール、ブラック内装&シート表皮などを採用し、アウトドアテイストを演出するモデルになります。ただし、装備内容は少しずつ違いを持たせ、それぞれ違った個性を出すような仕立てとしています。

アクアの特別仕様車「グランパー」
シエンタの特別仕様車「グランパー」
スペイドの特別仕様車「グランパー」
ポルテの特別仕様車「グランパー」

 生産開始は10月1日からで、9月下旬から価格を決めて事前予約を開始します。

■8月にトヨタ シエンタが初めて登録車の販売首位に浮上!

 8月の販売台数でシエンタがプリウスを抜き、初めて登録車の首位に浮上しました。

好調続くシエンタ

 シエンタは2018年9月にマイナーチェンジしてから、売れゆきが向上して生産が間に合わず、3カ月程度の納車待ちとなっていました。

 このバックオーダーを増産で消化したのが、トップに浮上した要因として上げられます。

■ホンダ 10月31日オデッセイを一部改良、11月7日発売

 ホンダは10月31日、オデッセイを一部改良し、11月7日に発売します。今回の改良は法規適合が中心で、2020年イヤーモデルへの切り替えを行います。

 ガソリン車は燃費表記をWLTCモードに切り替えます。ハイブリッド車は接近通報音を法規に沿うものに変更します。さらにボディカラーの切り替えや、アブソルートEXの標準装備を見直します。

ホンダ オデッセイ(写真は現行型)

 ボディカラーは一部追加や廃止の色があり、総数は7色から6色に変更します。

 車両本体価格は消費税10%分のみのアップで、税抜き価格は据え置きです。また、今回の改良モデルは12月末まで1.9%の残価設定クレジットを実施する予定です。なお、フルモデルチェンジは来秋になる見込みです。

■スズキ ハスラーのフルモデルチェンジは今年末か?

 スズキは軽自動車のSUV「ハスラー」を今年末にも世代交代する予定でスケジュール調整をしているようです。

 2020年早々のフルモデルチェンジとの情報もありましたが、実際には年内の繰り上げとなる見込みです。現行モデルの登場が2013年12月ですから6年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

スズキ ハスラー(写真は特別仕様車の「ワンダラー」)

 次期モデルはキープコンセプトながら新開発のプラットフォームを採用。さらに大幅に進化させたマイルドハイブリッドを搭載する見込みです。

 先進安全装備も検知機能を強化した最新版を採用します。

■三菱 デリカD:5が販売好調!

 デリカD:5の販売が好調な推移を見せています。今年1~8月の登録累計は1万4451台で、前年同期に比べて58.1%もの大幅な増加となっています。

三菱 デリカD:5

 デリカD:5は今年2月15日にディーゼル車をビッグマイナーチェンジしてデザインを大幅に変更し、走行性&使い勝手も向上させました。

 これが好調な販売に大きく貢献しています。8月のディーゼル車の登録実績は1370台、前年同月比77.7%増と急増しています。

■ミディアム&アッパーミディアムクラスSUVに3列シート車が増加する方向へ

 このあとの2020~2021年頃は、ミディアム&アッパーミディアムクラスのSUVに3列シート仕様が増える見通しとなっています。6~7人乗りレイアウトに仕立てることで、使い勝手をより向上させる狙いがあります。

 これまでは同じボディサイズで2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗りを併用していた車種が主流でしたが、この先登場するモデルではボディサイズを延長し、3列目シートの居住性を改善すると同時に折りたたんだ時の荷物の積載スペースを充分に確保し、レジャービークルとしての使い勝手の向上にも配慮する仕立てになりそうです。

3列シートSUVとして2017年に登場したCX-8。このCX-8と同じように今後登場する3列シートSUVは居住空間を確保した全長を持つモデルになる模様

【画像ギャラリー】 Tjクルーザー、新型ヤリスほか、話題の車たちをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ