【RAV4バカ売れ&C-HR急失速!!】一度は消滅 「SUVの火付け役」が復活した訳


 SUVの販売戦線に異変が起きている。

 2019年4月に日本市場では2年近いブランクを経て復活したトヨタ RAV4が、5月から9月まで5ヵ月連続でSUVの販売トップを獲得。

 2017、2018年と2年連続でSUV販売No.1だったトヨタ C-HRやホンダのヴェゼルを破り、車格的に「1クラス上」のRAV4が首位を獲得し続けているのだ。

 そもそもRAV4は、2016年に一度、日本での販売を終了したモデル。それにも関わらず、なぜRAV4はこれだけバカ売れしているのか?

 販売台数のデータや身内の“前王者”C-HRと対比ながら解説したい。

文:永田恵一
写真:編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】バカ売れ! 新型RAV4の内外装を詳しく見る


2017&2018年のSUV販売はC-HRが「二冠」

2016年12月のデビュー以降、2年連続でSUV年間販売No.1に輝いたC-HR。しかし、最近ではホンダ ヴェゼルに逆転を許す月も増えた

 まず、2018年までSUVジャンルで人気No.1だった2016年12月登場のトヨタ C-HRが、本格的なデリバリーを開始した2017年から2019年9月までのSUV販売台数上位の傾向を振り返りたい。

【2017年】
1位:トヨタ C-HR/11万7299台
2位:ホンダ ヴェゼル/6万4332台
3位:トヨタ ハリアー/5万9732台
4位:日産 エクストレイル/4万9873台
5位:マツダ CX-5/4万1622台

 2017年は登場したばかりのC-HR、コンパクトSUVながらミドルSUV並みの広さを持つヴェゼル、同年にビッグマイナーチェンジされたハリアーとエクストレイル、フルモデルチェンジされたCX-5という顔ぶれが順当にSUVの人気トップ5入りした。

【2018年】
1位:トヨタ C-HR/7万6756台
2位:ホンダ ヴェゼル/5万9629台
3位:日産 エクストレイル/5万304台
4位:トヨタ ハリアー/4万4952台
5位:マツダ CX-5/3万8290台

 2018年は2017年とほぼ変わらない傾向だったが、2017年12月に登場し2018年から本格的なデリバリーが始まったマツダCX-8が3万701台を販売し6位に入っており、3列シートのSUVというジャンルに注目が集まった。

バカ売れRAV4は5ヵ月連続首位!! 年間No.1はあるか!?

5ヵ月連続でSUV販売No.1を獲得しているRAV4

 いっぽう、2019年1-6月までを見ると、トップ争いでは登場から3年目に入ったC-HRの減速により、安定した販売をキープしたヴェゼルが結果的に1位に返り咲いたことと、4月からの3カ月でスタートダッシュを決めたRAV4がすでに6位に入る躍進を見せたことが目立つ。

2019年1-6月の各月SUV販売トップ5(「日本販売協会連合会」公表データより作成)

 1月から9月までを見ると、ヴェゼル優勢となっているC-HRとの戦い、RAV4が4月登場ながら年間ではSUV販売で1位は難しいとしても、2位のチャンスは充分にあるだろう。

【2019年1-9月】
1位:ホンダ ヴェゼル/4万7502台
2位:トヨタ C-HR/4万4449台
3位:トヨタ RAV4/3万9299台
4位:日産 エクストレイル/3万1340台
5位:トヨタ ハリアー/3万1157台

 また、ハリアーが約300万円からという安くない価格に加え、登場も2013年11月と時間が経っているにも関わらず、非常に安定した販売をキープし5位に入っている点に驚く。

次ページは : なぜRAV4は売れるのか?