【SUV人気でもなぜ売れ続ける??】「箱型」ミニバンがウケる意外な理由

 海外の自動車メーカーに勤務する外国人の開発者が来日すると、街中を走るミニバンが多いことに驚くという。

 以前に比べると比率は下がったが、今でもミニバンは新車市場の15%前後を占める。フィットやノートなどのコンパクトカーに次いで人気の高いカテゴリーだ。

 なかでも人気が高いのは、背の高い「箱型」のミニバン。2019年9月の販売台数ランキングを見ても、ヴォクシー(5位)やセレナ(7位)がトップ10入りしており、ヴォクシーは姉妹車のノアも合わせると1万6090台を販売。実は同1位のシエンタ(1万3558台)や3位のプリウス(1万1158台)も上回っている。

 この数字は、流行りのSUVで販売No.1車のトヨタ RAV4(6601台)をも大きく上回る数字なのだ。

 一時は、ホンダ オデッセイ、ストリームやトヨタのウィッシュなど背の低いタイプのモデルに主役を奪われた箱型ミニバンは、なぜ受け続けるのか?

文:渡辺陽一郎
写真:TOYOTA、HONDA、編集部

【画像ギャラリー】グランエースも近日発売!! 最新箱型ミニバン一覧


ミニバンブーム期の主役は「箱型」ではなかった!

2000年にデビューしたホンダ ストリーム。背の低い乗用ミニバンとして、2001年には販売ランキング3位の11万9877台を販売

 過去を振り返ると、ミニバンは1990年代中盤から本格的な普及を開始した。まずは初代エスティマ(発売は1990年)と初代バネットセレナ(1991年)が注目され、初代オデッセイ(1994年)から売れ行きが本格的に増え始めた。

 さらに初代ステップワゴン(1996年)、初代タウンエースノア/ライトエースノア(1996年)、初代イプサム(1996年)が出そろい、初代キャラバンエルグランド(1997年)もヒットした。この時代に「ミニバンブーム」という言葉も生まれている。

 ところが2000年代後半になると、ミニバンの売れ方が変化してきた。

 全高1700mm以下のトヨタ ウィッシュ、イプサム、ガイア、日産 リバティ(後継車種はラフェスタ)、プレサージュ、マツダ プレマシー、三菱 グランディスなどは、売れ行きを一様に下げ始める。

 イプサムやエクシーガのような天井の高さを抑えたワゴン風のミニバンは、背の高いセレナやノアに比べると、ミニバンに不慣れなユーザーには運転感覚が馴染みやすい。ボディが軽いために、走行安定性、動力性能、燃費も優れている。

 この特徴を生かして、ワゴン風のミニバンは、セダンのユーザーがミニバンに乗り替える1990年代中盤から2000年頃までは人気を高めた。

なぜウィッシュやオデッセイは衰退? 箱型が再び主役になった理由

箱型5ナンバーミニバンの3強、セレナ、ステップワゴン、ノア。一時は背の低いミニバンに押された時期もあったが、今ではミニバンの主役として再び安定した人気を誇る

 それが2000年代後半になると、ミニバンも普及開始から10年以上を経過しており、ブームに乗じて購入される珍しいカテゴリーではなくなった。ミニバンを初めて買うユーザーは減り、2台目の乗り替え需要が中心になる。

 この段階になると、ミニバンを漠然と選ぶことはない。

「多人数で乗車する」とか、「自転車のような大きな荷物を積む」など、ミニバンだから可能になる特定の使用目的に応じて購入される。そして、多人数で乗車したり大きな荷物を積むには広い室内が必要だ。

 ウィッシュやエクシーガのような天井の低いワゴン風のミニバンでは、3列目シートが窮屈で、多人数乗車による長距離移動には適さない。3列目を畳んでも、荷室高が不足して自転車なども運びにくい。

 その結果、ミニバンの売れ筋は、全高が1700mmを超えて後席側のドアをスライド式にしたタイプに落ち着いた。

 車内の後端まで床面を平らに仕上げたから、3列目に座っても腰が落ち込む窮屈な姿勢にならない。頭上にも充分な空間があるから、多人数で長距離を快適に移動できる。3列目を畳めば天井の高い荷室になるため、大きな荷物も積みやすい。

 このようにセレナ、ヴォクシー/ノア/エスクァイア、アルファード&ヴェルファイアなどは、「大勢乗せてたくさん積む」ミニバンのニーズを満たしたことで、今でも好調に売れている。

 逆に背の低いワゴン風のミニバンは、ジェイドやプリウスαを除くと生産を終えた。

箱型ミニバンは 「国内向けの5ナンバー車」としても貴重な存在に

写真はヴォクシーのシートアレンジ。3列目を跳ね上げれば自転車を2台立てて積める積載性を誇るほか、2列目を後端まで下げてくつろぐことも可能。優れたスペースユーティリティが人気の秘密だ

 そして、ミニバンの大半は、国内市場を対象に開発される。セダンのように海外で売るための車種とは異なり、日本のユーザーの生活を見据えて作られている。そこには我々に向けた一種のオーラというか、強い心意気が漂う。

 もちろん、日本向けの機能や工夫も多彩で、セレナやヴォクシー/ノア/エスクァイアなどは、2Lエンジンを搭載しながら標準ボディを5ナンバーサイズに収める。

 今では1.6L以上のエンジンを搭載しながら、5ナンバーサイズに入る日本車は、ミニバン以外にほとんど存在しない。トヨタのプレミオ&アリオン程度だ。

 これらのミニバンは広い室内を備えながら、狭い裏道や駐車場でも運転しやすいように配慮されている。ヴォクシーやステップワゴンは、床面をフラットに仕上げながら、低床設計を採用して乗降性も良好だ。

 シートアレンジも多彩で、セレナは2列目の中央部分を1列目の間までスライドさせると、収納設備として使える。この時には2列目の間に空間ができるから、車内の移動もしやすい。リヤゲートは上側だけを開閉できるため、縦列駐車をしている時でも、荷物を出し入れしやすい。

 ヴォクシー/ノア/エスクァイアは、3列目シートがレバー操作のみで跳ね上がるようにした。簡単に畳めて荷室を拡大しやすい。

 ステップワゴンは3列目を荷室の床下に格納にするから、2列シートの時はスッキリした広い空間に変更できる。畳んだ3列目が荷室に張り出さず、自転車を積む時もハンドルがシートに干渉しない。

 このようにミニバンは、背の高い車種を中心に、運転のしやすいサイズで広い室内を備えるから高効率で日本の使用環境に適している。

 なおかつ日本のユーザーが、日常生活の中で便利に使える機能を数多く盛り込んだから、好調に売れて当然だ。

軽やコンパクトでも「箱型」は現代大ヒット車の方程式に

日本一売れているN-BOXを筆頭とした軽スーパーハイトワゴンも、箱型のフォルムを持つ。3列ミニバンに限らず、ボクシーなフォルムは人気車種の方程式のひとつ

 そして、今の人気車種を見ると、軽自動車やコンパクトカーも、背の高いミニバンと同様の手法で開発されている。販売ランキングの上位には、N-BOX、タント、スペーシアが入り、これらの軽自動車は全高が1700mmを超えて車内も広い。後席側のドアはスライド式だ。

 軽自動車だから乗車定員は4名だが、後席を畳むと自転車も積める。外観のデザインから機能まで、ステップワゴンやセレナを小さくしたような軽自動車だ。

 今ではN-BOXやタントなどのハイトワゴンが、販売面では軽乗用車全体の50%近くを占める。

 2列シートのコンパクトカーでも、ルーミー&タンクの人気が高い。N-BOXやタントと同様、全高が1700mmを上まわってスライドドアも備わり、機能は背の高いミニバンに似ている。

 従ってミニバンの範囲を2列シート車まで拡大して「全高が1700mmを超えるスライドドア装着車」という見方をすれば、国内販売の主力になる。先に述べた通り日本のユーザーのために開発されているから、ミニバンは今後も日本車の主力であり続けるだろう。

 おそらく遠い将来、完全な自動運転が実現した時も、クルマはミニバン形状であるはずだ。

 自動運転は交通事故ゼロの達成が前提だから、衝突安全ボディやエアバッグは不要だ。空気抵抗を抑えた卵型の空間効率が優れたボディを備え、目の不自由な人や高齢者を含めて、誰でも公平な移動を楽しめる。

 つまりミニバンは、未来の輝けるカーライフに繋がるカテゴリーなのだ。

【画像ギャラリー】グランエースも近日発売!! 最新箱型ミニバン一覧

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ