【事故年間53万件!?】運転中に気が付かずにやっている危険な行為が事故の引き金に? 

 被害軽減(自動)ブレーキや、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報など、昨今の新型車のほとんどには、先進安全支援機能が搭載されている。

 なかでも自動ブレーキは、2020年には、世界40か国で搭載義務化が決定しており、日本政府は、自動ブレーキを含む先進安全支援機能搭載車をサポカーや、サポカーSと呼び、普及を推進している。

 このおかげもあり、日本国内の交通事故発生件数は減少しつつあるのだが、それでも年間53万件(2015年)と、一日になんと1500件ちかく、交通事故は発生している。

 そして、その多くが飲酒や高速走行といった明らかな危険運転によるものではなく、ちょっとした不注意が引き起こした事故なのだ。

 文:吉川 賢一、写真:日産、ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ